40代女性がハマった春ドラマ。2位「あなそれ」1位は……?

7月になりました。録画まとめ見派の皆さんも、毎日テレビつけっぱなし派の皆さんも、夏期ドラマのチェックは完了してますよね。ちょうど「春期はあのドラマがよかった」「これを見ておけばよかった」 と前期の棚卸しをする時期でもあります。皆さんが春期、いちばんハマったドラマはどれでしたか? 今回もOTONA SALONEの会員制コミュニティサイト「OTONA倶楽部」で聞いてみました!

 

第1位は、なんと藤原竜也主演の「リバース」が圧倒

OTONA倶楽部で調査した結果はこちら!

OTONA倶楽部2017年6月調べ(n=25)

 

2017年4-6月期、ゴールデンタイム帯の春の民放ドラマ平均視聴率でトップだったのは「緊急取調室」でしたが、OTONA倶楽部の調査では湊かなえ原作・藤原竜也主演「リバース」が他のドラマを引き離してダントツのトップとなりました。やはり主演俳優さんがポイントだったのでしょうか。

 

原作も読んでいたけど、原作と違うとこもあり、藤原竜也がまたハマリ役で、毎週楽しみでしょうがなかった。久々のめり込んだドラマだった。
(たかちんさん)

 

湊かなえ原作のドラマはいつもはまってしまいます!
(まいねこさん)

 

ドラマの内容が面白いのはもちろんのこと、役者さん一人一人の安定感のある演技力がとても素晴らしかったです。最終回の様々な演出もお見事!と、思いました(^.^)
(Eriさん)

 

第2位は、世間がザワついた「あなたのことはそれほど」

主演・波留さんのSNSでのコメントや、東出昌大さんの怪演ぶりも話題になった、いくえみ綾さんの漫画が原作の「あなたのことはそれほど」が2位に。既婚者の女性が昔から好きだった同級生と再会し、不倫関係に陥るストーリー。

 

「あなたのことはそれほど」はもともと原作コミックのファンです!  ドラマも良かったですね~~!(MEさん)

 

一番好きじゃない人と結婚した主人公と自分を重ねて見てました(苦笑) 。「一番好きだった人って誰だろう?」って改めて考えた時、「いないことに気がついた!!」。
これから、「一番好き♡」と思える人と、出会いたいわぁ、、、46歳だけど!(MEさん)

 

うーん、タイムリーかも⁉️(アールグレイさん)

 

同率第2位に「小さな巨人」「孤独のグルメ」

警視庁本庁と所轄の確執や、警察内部の戦いを克明に描いたエンターテインメントドラマ「小さな巨人」。長谷川博己さんと香川照之さんの迫力あるお顔芸対決(!?)も、見どころでした。

毎回、予想外の展開にドキドキしながら観てました。捜査第一課長に焦点を当てたドラマって意外となかったかも。(さみーちゃんさん)

 

おもしろかった~!(ミルメイさん)

 

「孤独のグルメSeason6」が「あなそれ」と並ぶ人気! 雑貨輸入商を営む井之頭五郎が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をするドラマ。放送が深夜の時間帯というのも働く女性・OTONA SALONE読者にはマッチしているのかもしれませんね。

 

地味なドラマですがオモシロイ。 ゴローさんいい!!(まーさん)

 

 

なにげにハマった!?「恋ヘタ」

恋愛が苦手、仕事熱心なキャリア女性が、とまどいながら恋愛と仕事に取り組んでいく様子を描いた「恋がヘタでも生きています」。木曜の23時59分~という時間にも関わらずオトナ女性からの支持が!

主人公の設定が、「仕事大好き!」だったのでつい観てしまいました。(kemumakiさん)

 

話が分かりやすくて、見やすいドラマでした。それぞれの個性ある演技が良かったです。(キャスミンさん)

そして、OTONA SALONE編集長もなにげにハマっていたようで……。

仕事から帰ってきてテレビつけたらやってて、最初は流し見してたんですけど途中から私もハマりました。仕事に頑張る主人公を応援したくなるドラマでしたね! 田中圭さんが演じていた役のような人、いないかなぁ・・・(編集長アサミ)

 

OTONA SALONE読者のみなさんと同様、仕事はテキパキやれても恋愛は不器用という主人公に、共感する点が多かったのかもしれませんね!

 

編集部タカハラ個人的には

団塊ジュニア男の私は、今期は「人は見た目が100パーセント」と深夜枠の「架空OL日記」を見ていました。

「人は見た目が100パーセント」を見ていたのは、ブルゾンちえみがドラマに出る=素顔が出るのかなと期待していたから。「架空OL日記」はバカリズムの原作ブログの描写・表現が妄想入りすぎで面白すぎたからです・・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク