「枯れるように逝く」という選択肢。苦痛のない自宅での最期|ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 さいごはおうちで(30)

自分のさいごの日々。病院ではなく、自宅で過ごしたいという人も多いのではないでしょうか。

「できれば、住み慣れた場所で さいごまで自分らしく安心して 生きていきたいですよね。これは、実際にあった 私の患者さんのお話です」在宅医療専門クリニックを立ち上げて20年の“たんぽぽ先生”が実際にかかわった患者さんのお話を、ミューズワーク(ねこまき)さんのマンガで贈ります。

このマンガを1話からイッキ読み!

スポンサーリンク

>>次の話(10/20 22:30更新)

<<前の話

永井康徳 (著), ミューズワーク(ねこまき) (イラスト)  主婦の友社・刊

続きを読む

【編集部より】あなたの「しょーもないグチ」聞かせてください!

何億回言っても靴下をかごに入れられない夫のグチ、給料あがらん仕事のグチ、老化する体がしんどいグチ、家の周囲ののらねこがなつかないグチ… ご応募はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク