岩井志麻子 もし私が「婚活したら」を真剣に考えてみた

私はもう二度目の結婚をして十年近く経ち、今のところ離婚の予定はない。

ホリプロさんに面倒見てもらって作家とタレントやってて、ブレイクはできないがまぁどうにか食いつないでいけてる。

持病もなくツラの皮も厚く、無駄に体力と持久力はある。

 

「やってみたら」を考えてみる

だから婚活、就活、終活、ってのは具体的にはやってない。だけどもしもやるとしたら、と仮定で考えてみるのはありか。

なにごとも、備えあれば患いなし。

不死身っぽいと恐れられる私だって死ぬ日は絶対やってくるし、人の気持ちや取り巻く状況に環境は変わるから、二度目の離婚もあるかもだし、ホリプロさんが人情に厚くても私の失態で仕事が皆無になる日が来るかもしれないしね。

 

もし「婚活」をしてみたら

婚活は、今の仕事と経済状態が続くとすれば、相手に収入は求めずひたすら私好みのおもしろい言動をしてくれ、これもまた私好みの見た目の男を探すだろう。

だけど仕事も金もなかったら……後妻業じゃないけど、何が何でも何をさておいても生活の安定を保障してくれる男を選ぶかといえば、それはない。

だったら自分一人で生きていける仕事の方を探す。

生活苦より、好きでもない男と無理して一緒にいる方が嫌だ。

 

もし「就活」をしてみたら

その就活は、まぁ0からのスタートではない。

もしテレビや小説の仕事を今どれも失っても、それで得た名前は物好きな人達には知られているから、その人達相手の飲み屋とか開くね。

商才は無いが無茶な冒険もしないので、ほそぼそと地味にやっていけるだろう。

 

もし「終活」をしてみたら

そして終活だが。私の持ち物といえば一番大きいのは自宅で、あとは利益のあまり見込めない著作権か。仲良しの女性弁護士には、遺言状を作っておきますかとはいわれている。

生命保険の受取人は息子だけど、マンションと著作権は娘に譲ると明記する。

あっ、二度目の今の夫がいた。十八歳も若いから、順当に行けば私の方が先に死ぬ。

けど、夫には何か残そうとは考えない。何かやったら、それ持ってさっさと再婚すると想像しただけで、何もやるもんか!じゃなく、絶対に私の方が長生きしてやると燃える。

 

〇〇活で見えてくるもの

婚活と就活の想像は、けっこう穏やかで現実的で、なんか私らしいなと微苦笑してしまったのだが。

終活がなんだか生臭い。最も私の本性があらわになっているではないの。

実際にしなくても、こういう想像の○○活ってやってみると自分が見えてくるね。

 

#ヒョウ柄コレクション03 「だーれだ?」

スポンサーリンク

「一生、独身かも!」と思ったら見直すべき2つのこと

「このまま一生、一人で生きていくのかもしれない」。そう覚悟したのは39、40歳くらいだったと思う。もともと結婚願望はあまりなかったが、20代、30代のころは漠然と「いず…

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

40代女性の何割が独女? そして5年後結婚できる確率は……!?  

女性の平均初婚年齢が年々上昇し、現在では29.4歳となっています。平均が約30歳なのですから、およそ5割のアラサー女性は独身ということ。つまり、アラサー独女はごく一般…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

岩井志麻子 20代それとも40代!? 女性の性欲のピークはいつなのか

五十二歳になった今、己を振り返ってみれば。やっぱり性欲が盛んだったのは二十歳~四十歳あたりだったわ。それはずばり、妊娠と出産の適齢期だったからでしょう。適齢期と…

岩井志麻子 「セクシーな女」と「エロい女」との違いとは?

有名無名、金持ち貧乏、イケメンブサメン、モテるモテない、いろんなものを問わず、「薄幸そうな女、可哀想な雰囲気、貧乏臭い女はエロい」という男達は多い。日本を含む、稲作アジア圏ではかなりの勢力だ。セクシー…

岩井志麻子 なんだか「老後が不安」と感じている40代へ

通院や薬が必要なほどではなかったが、十年くらい前に妙な不安感に常に覆われ、夜眠るのが怖かった時期がある。このまま目が覚めずに死ぬんじゃないか、と。別に持病もなく、心配事も細かいことをいちいち挙げればき…

岩井志麻子 なぜ「不倫した女の末路」は話題になるのか?

既婚の人と恋愛関係になり、相手を離婚させてしまった、という話はよく聞く。その相手と結婚する場合もあれば、自分もその相手と別れて別の人とくっつく結果もある。芸能人の不倫を叩く、いまの風潮いわゆる略奪婚に…

岩井志麻子 他人を「ブス」と言う人は。~女とコンプレックスの話~

コンプレックスって、わかりやすいものとわかりにくいものとがある。でもそのわかりやすさって、本人ではなく第三者から見ての憶測だったりもする。第三者には分からないもの太めをコンプレックスにしているかと思っ…

岩井志麻子 男女の別れは醜い?美しい? 私が離婚したときのこと

私がやってる唯一のスポーツは射撃で、つまり猟銃を所持している。最初に所持許可をもらうのもなかなか大変なんだけど、三年に一度の更新ってのもかなり手続きが煩雑。モノがモノだけに、所轄の警察署から関係者に聞…

岩井志麻子 実は顔の造作じゃなかった。「美人とブス」を決めるもの。

「超のつく美人よ」「腰が抜けるほど可愛い」なんてあらかじめ聞かされてから本人に会うと、確かに美女には違いないけど、おのれを棚に上げまくって「そこまでいうほどか」「このくらいなら、ちょっとした会社の受付…

岩井志麻子 「今年こそ結婚したい」と願う婚活女子たちへ。必読のバイブル書とは

あちこちで話題の我らが浅見悦子編集長の婚活体験をまとめた『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』は、すべての婚活女子のバイブルとなるべき書である。なんたって浅見編集長は一回りくらい若く見られる可愛らしい…

岩井志麻子 私の「重大ニュース2018」とは? 1年を振り返る

十二月に入り、今年を振り返ってみたのだが。良くも悪くも、ぱっとしない一年だったなぁ~、と苦笑いするしかない。今年、何か自分にとっての大きな出来事や事件があったっけ? と考えても、すぐには何も浮かばない…

岩井志麻子 42歳の中谷美紀さんも。40代からの「国際結婚」を考える

昭和の半ば過ぎまで、特に田舎であれば女の人生の選択肢は乏しいというより限定されていた。何はともあれ結婚しなければ生活できない、生きていけない女が大半だった。大昔の結婚から今の結婚までの流れ明治、大正生…

岩井志麻子 モテたいなら、モテる女より見たほうがいい「アレ」

昔からあちこちで書いたり発言したりしているが、何度でも繰り返させてもらう。モテたかったらモテる人を真似るのではなく、モテない人を真似ないようにしなさい、と。モテる人は何をしてもモテる人は、その人だから…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事