岩井志麻子 もし私が「婚活したら」を真剣に考えてみた

私はもう二度目の結婚をして十年近く経ち、今のところ離婚の予定はない。

ホリプロさんに面倒見てもらって作家とタレントやってて、ブレイクはできないがまぁどうにか食いつないでいけてる。

持病もなくツラの皮も厚く、無駄に体力と持久力はある。

 

「やってみたら」を考えてみる

だから婚活、就活、終活、ってのは具体的にはやってない。だけどもしもやるとしたら、と仮定で考えてみるのはありか。

なにごとも、備えあれば患いなし。

不死身っぽいと恐れられる私だって死ぬ日は絶対やってくるし、人の気持ちや取り巻く状況に環境は変わるから、二度目の離婚もあるかもだし、ホリプロさんが人情に厚くても私の失態で仕事が皆無になる日が来るかもしれないしね。

 

もし「婚活」をしてみたら

婚活は、今の仕事と経済状態が続くとすれば、相手に収入は求めずひたすら私好みのおもしろい言動をしてくれ、これもまた私好みの見た目の男を探すだろう。

だけど仕事も金もなかったら……後妻業じゃないけど、何が何でも何をさておいても生活の安定を保障してくれる男を選ぶかといえば、それはない。

だったら自分一人で生きていける仕事の方を探す。

生活苦より、好きでもない男と無理して一緒にいる方が嫌だ。

 

もし「就活」をしてみたら

その就活は、まぁ0からのスタートではない。

もしテレビや小説の仕事を今どれも失っても、それで得た名前は物好きな人達には知られているから、その人達相手の飲み屋とか開くね。

商才は無いが無茶な冒険もしないので、ほそぼそと地味にやっていけるだろう。

 

もし「終活」をしてみたら

そして終活だが。私の持ち物といえば一番大きいのは自宅で、あとは利益のあまり見込めない著作権か。仲良しの女性弁護士には、遺言状を作っておきますかとはいわれている。

生命保険の受取人は息子だけど、マンションと著作権は娘に譲ると明記する。

あっ、二度目の今の夫がいた。十八歳も若いから、順当に行けば私の方が先に死ぬ。

けど、夫には何か残そうとは考えない。何かやったら、それ持ってさっさと再婚すると想像しただけで、何もやるもんか!じゃなく、絶対に私の方が長生きしてやると燃える。

 

〇〇活で見えてくるもの

婚活と就活の想像は、けっこう穏やかで現実的で、なんか私らしいなと微苦笑してしまったのだが。

終活がなんだか生臭い。最も私の本性があらわになっているではないの。

実際にしなくても、こういう想像の○○活ってやってみると自分が見えてくるね。

 

#ヒョウ柄コレクション03 「だーれだ?」

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「一生、独身かも!」と思ったら見直すべき2つのこと

「このまま一生、一人で生きていくのかもしれない」。そう覚悟したのは39、40歳くらいだったと思う。もともと結婚願望はあまりなかったが、20代、30代のころは漠然と「いず…

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

40代女性の何割が独女? そして5年後結婚できる確率は……!?  

女性の平均初婚年齢が年々上昇し、現在では29.4歳となっています。平均が約30歳なのですから、およそ5割のアラサー女性は独身ということ。つまり、アラサー独女はごく一般…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

「出会いがない」は言い訳。独身者が結婚しない、本当の理由

30代以上の男女が独身でいる理由の第1位は「適当な相手にめぐり会わないから」。国立社会保障・人口問題研究所が発表した第14回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調…

モテ度急上昇!男性のハートをギュッとつかむ究極の一言

今年のクリスマスイブの予定は決まりましたか? 女子会で盛り上がるのもいいけれど、できれば彼と過ごしたいですよね。「その彼がいないの!」という方、たった一言口にす…

岩井志麻子「ヤレない美人とヤレるブス」のモテ問題を考える

だいたい、モテるモテないというのは、男と女で大きく概念も現場も違うものなのだ。女のモテる基準、男のモテる基準女はなんたって、チヤホヤが命。合コンに出ていわゆるお持ち帰りがなくても、あちこちから誘いかか…

岩井志麻子「美人」でも「キレイ」でもない、40女の生きる道

「いい女」といわれたい。そりゃまぁ、たいていの女はそう願うとは思うけれど。特に最近、その気持ちが強くなってきたと感じたら。ずばり、あなたは四十路になったのです。そしてあなたはもはや、美人」「きれい」と…

岩井志麻子 40歳を過ぎると「みんなセックスレス」問題について

子どもの頃、親に必ず怒られる言い方として、「みんな持ってるもん」「みんなやってるのに」というのがあった。「あれ買って~、みんな持ってるもん」そういうと親は決まって、「本当にクラス全員、いや、日本中の子…

岩井志麻子 女が「更年期」を迎えて変わってきたこと

私は丈夫で呑気だが、毎晩飲んでるし高カロリーな食べ物好きだし、常にしょうもないことにウジウジもイライラもしている。そんな私だから、という前置きと、そんな私でも、という前置きで話すのは更年期についてだ。…

岩井志麻子「結婚しない女」と「セックスレスの男」が、増えた理由を考える

別にテレビは分厚くてもいいし、日本男児は仮性包茎でいいし、日本女性は一重瞼でいいわけよ。電化製品を売る側が薄型がカッコいいと宣伝し、美容業界がムケてなきゃ男らしくないと印象操作し、マスコミが美女はみな…

岩井志麻子 40代からの、本当に「痛い女」について考える

私は心が黒い女だが、「あの女って痛い」と思ったことはない。世間では、若作りする女や熟年になって恋する女、自己評価が高過ぎる女、等々を痛いと称するらしいが、私にとってそういう女達は、若作りしている女、熟…

岩井志麻子が勝手に予想。不倫報道の次に来る「女の色恋」2018

いや~、去年は不倫報道ってのがすごかったね。誰もが知る大物から、誰それってな小物まで。人妻のパンツかぶった写真は流出するわ、「一線は超えてない」「体をほぐしてもらっていただけ」といった、後々まで語り継…

岩井志麻子が選ぶ 2017年を「ザワつかせた」3人の女

今の韓国人夫によると、韓国では年齢と速度は比例する、みたいないい方があるそう。十代の一日や一年は時速十キロで進み、三十代のそれは時速三十キロ、と年齢につれて加速度を増していく。雰囲気としては若いほど速…

岩井志麻子 40過ぎの「エロくてモテる女」について考えた

今はご年配の方達、すでに亡い昔の人達が若い頃は、今から見れば老けているといういい方もできるけど、しっかりした落ち着いた雰囲気があった。一般人より若く見えるのが常の芸能人ですら、過去の映像に「このときま…

岩井志麻子 40代、美人じゃないのに「色気がある」秘密とは

色気。それは本当にありふれた言葉やありきたりな感覚として消費され身の周りに転がっているものであるにもかかわらず、深い謎と魅惑に満ちたものである。色気がある。色っぽい。セクシー。これらはヘタすりゃセクハ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事