岩井志麻子 もし私が「婚活したら」を真剣に考えてみた

私はもう二度目の結婚をして十年近く経ち、今のところ離婚の予定はない。

ホリプロさんに面倒見てもらって作家とタレントやってて、ブレイクはできないがまぁどうにか食いつないでいけてる。

持病もなくツラの皮も厚く、無駄に体力と持久力はある。

 

「やってみたら」を考えてみる

だから婚活、就活、終活、ってのは具体的にはやってない。だけどもしもやるとしたら、と仮定で考えてみるのはありか。

なにごとも、備えあれば患いなし。

不死身っぽいと恐れられる私だって死ぬ日は絶対やってくるし、人の気持ちや取り巻く状況に環境は変わるから、二度目の離婚もあるかもだし、ホリプロさんが人情に厚くても私の失態で仕事が皆無になる日が来るかもしれないしね。

 

もし「婚活」をしてみたら

婚活は、今の仕事と経済状態が続くとすれば、相手に収入は求めずひたすら私好みのおもしろい言動をしてくれ、これもまた私好みの見た目の男を探すだろう。

だけど仕事も金もなかったら……後妻業じゃないけど、何が何でも何をさておいても生活の安定を保障してくれる男を選ぶかといえば、それはない。

だったら自分一人で生きていける仕事の方を探す。

生活苦より、好きでもない男と無理して一緒にいる方が嫌だ。

 

もし「就活」をしてみたら

その就活は、まぁ0からのスタートではない。

もしテレビや小説の仕事を今どれも失っても、それで得た名前は物好きな人達には知られているから、その人達相手の飲み屋とか開くね。

商才は無いが無茶な冒険もしないので、ほそぼそと地味にやっていけるだろう。

 

もし「終活」をしてみたら

そして終活だが。私の持ち物といえば一番大きいのは自宅で、あとは利益のあまり見込めない著作権か。仲良しの女性弁護士には、遺言状を作っておきますかとはいわれている。

生命保険の受取人は息子だけど、マンションと著作権は娘に譲ると明記する。

あっ、二度目の今の夫がいた。十八歳も若いから、順当に行けば私の方が先に死ぬ。

けど、夫には何か残そうとは考えない。何かやったら、それ持ってさっさと再婚すると想像しただけで、何もやるもんか!じゃなく、絶対に私の方が長生きしてやると燃える。

 

〇〇活で見えてくるもの

婚活と就活の想像は、けっこう穏やかで現実的で、なんか私らしいなと微苦笑してしまったのだが。

終活がなんだか生臭い。最も私の本性があらわになっているではないの。

実際にしなくても、こういう想像の○○活ってやってみると自分が見えてくるね。

 

#ヒョウ柄コレクション03 「だーれだ?」

スポンサーリンク

「一生、独身かも!」と思ったら見直すべき2つのこと

「このまま一生、一人で生きていくのかもしれない」。そう覚悟したのは39、40歳くらいだったと思う。もともと結婚願望はあまりなかったが、20代、30代のころは漠然と「いず…

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

40代女性の何割が独女? そして5年後結婚できる確率は……!?  

女性の平均初婚年齢が年々上昇し、現在では29.4歳となっています。平均が約30歳なのですから、およそ5割のアラサー女性は独身ということ。つまり、アラサー独女はごく一般…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

岩井志麻子 不倫に向く女と、不倫に向かない女

不倫には最初から相手が既婚者だとわかっていて始めた場合と、相手が独身だと信じ込んでいて、不倫の自覚がないままに始まった場合がある。すべてがそうじゃないけど、前者はプレイ感、大人感が漂うのに対し、後者は…

岩井志麻子 なぜ婚活しても「好きな人ができない」のか?

「好き」の定義も感覚も表現も、人によって違う。たとえば体重120キロ超えの知人は、「デブは三ケタから。80キロくらいでデブを名乗るんじゃない」と怒っている。言葉の「感覚」は変わるものそういう私はがりがり…

岩井志麻子 「一流の男」とお付き合いするには

どんな子であろうが、うちの子が世界一可愛い。これは正しい。だけど、彼は私にとっては一流の男、っていうと微妙な顔をされがち。どんな男でも私には世界一可愛い、ってのは有りだけど。一流の男と会いたい、そして…

岩井志麻子 女40代から「捨てたほうがいい」もの「磨いたほうがいい」もの

バーやクラブのママをしている友達が、何人かいるのだけれど。彼女らは、「隣に座るだけで客が満足するほどの若さと美貌」「芸人並みのトークスキル、座持ちがする巧みな話術」「客のボトルをバンバン空けさせる酒の…

岩井志麻子 40代、50代の独身女性にみられる4つの特徴【独女あるある】

先日、定例の濃い女子会を開いた。漫画家の西原理恵子ちゃん、新潮社の名物編集者ゆかりちゃん、そして銀座の高級クラブのママ。みんな、同い年。つまりアラフィフね。特徴1 いろんな意味でキッツイ?今現在のこの…

岩井志麻子 なぜ、男は浮気するのか? 

そもそも、浮気の定義も人それぞれであるよ。彼氏や夫が同級生、同僚といった女性と二人きりで食べたり飲んだりしたのを浮気にカウントする人もいれば、それはまぁ気分はよくないけど体の関係じゃないから許す、とい…

岩井志麻子 「元カレが忘れられない」女性たちの心理とは

ホリプロにお世話になる前はフリーで、押しかけの素人マネージャーを雇っていた私。とにかくサザエさんのような、おっちょこちょいのドジオバサン。だからホリプロのプロのマネージャーがついてくれたとき、あまりに…

岩井志麻子 グレイヘア?オバサン?「白髪ケア+α」で女は4つに分類される

いわゆる美魔女と呼ばれる女性達よりも圧倒され畏怖してしまうのが、シルバーヘアあるいはグレイヘアと呼ばれる、白髪をそのままにしている女性達だ。そう、なぜか呼び名は白髪ではなくシルバーかグレイなのね。美魔…

岩井志麻子「オバサン」と言われる女「お姉さん」と言われる女の違いとは?

新元号・令和が明日から始まるというのに、平成どころか昭和の話をしてしまうけど。私が子どもの頃は、オバサンと呼ばれたくない、と悩む熟年女性、主張する妙齢女性はあんまり身の周りにいなかった気がする。30代か…

岩井志麻子 「セクシーな女」と「エロい女」との違いとは?

有名無名、金持ち貧乏、イケメンブサメン、モテるモテない、いろんなものを問わず、「薄幸そうな女、可哀想な雰囲気、貧乏臭い女はエロい」という男達は多い。日本を含む、稲作アジア圏ではかなりの勢力だ。セクシー…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事