キャッ寝坊…「眉と○○」で一瞬で身支度を終えるメイク【40代の時短美容】

 

寝坊した朝こそ、時短美容の出番! そんなふうに感じている読者のみなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

疲れが溜まっている日、起きたらまさかの出勤タイム!? ……なんてご経験はありませんか?

前夜にちゃんとアラームをセットしたはずなのに、時計を見たら信じられないような時刻。これはもう、最速で身支度を整えて出勤するしかないっ!という過酷な状況。

そんな朝、一瞬で「美」支度を終えられる必殺ワザがあったとしたら……?

その他の時短メイクのコツはこちら

“寝坊美容”は時短美容とは違うけれど……!?

 

本来、「時短美容」は削れる手間や工程を見直し、最小の手間で最大の美を創り出すためのメソッドを提唱しているものです。

けれども、寝坊した朝には悠長なことは言っていられない。

起きられなかった自分のミスを取り戻すべく、一刻も早く家を出なくてはならないのだから……。

そんな過酷な朝には、とにかく最小限の時間で“見栄えできるパーツ”をいかに整えるかがカギになります。

つまり、少ない手間で“それなりの顔”に変身し、玄関のドアを開けるしかないというかなり追い詰められている場面だからこそ、“時間と見栄え”が勝負です。

大丈夫。「時短美容」を応用して削ぐに削ぎまくった工程まで落とし込めば、注力すべきはたった2つのポイントに絞れます。

 

一瞬で美支度を整えるカギは「洗顔」と「眉」

どんなに時間がない朝でも、まずなによりも先に済ませるべきは洗顔。

丁寧に洗っている時間すらないシーンでは、“拭き取り式”の洗顔一択です。これなら、クローゼットの前で今日のコーデを選びつつも、朝の洗顔を一瞬で完了させられます。

40代の肌は、皮脂や角質によって“くすみ”も招きやすいだけに、拭き取り洗顔で寝坊顔をシャキッと明るく。

朝洗顔専用の拭き取りジェルや、ミルククレンジングをコットンにたっぷり含ませ、丁寧かつ素早く顔を拭き上げて。余計な皮脂や汚れをオフします。

ここまででも、一般的な洗顔よりもかなりの時間を短縮できたはず。

次に、スキンケアからメークへと移行していくことになりますが、優雅には時間をかけられないので、日焼け止めかBBクリームを引っ張り出してきて、肌を紫外線から守るよう死守。

ここではちょっと時間を要してしまいますが、ベースを仕上げたらあとは1ステップを残すのみなので、仕方ない!

ちなみに、時計を見て時間にちょっと余裕があるならば、“くすみ”をカバーするためにも、#1でご紹介した“シェーディング”までは、パパッと済ませておくほうがベターです。

さて、このあとには“眉”をしっかり整えれば、一瞬で“それなりの顔”が完成。

眉の仕上がりは顔の印象を大きく左右するので、ボサボサだったり乱れていたりすると、それだけでだらしない顔に見える要因にもなります。

なので、寝坊した朝の時短メークでは、アイシャドウよりチークより何よりも“アイブロウ”がカギに。

眉だけはいつも通りに、いや“寝坊美容”では他パーツのインパクトが控えめになる分、いつも以上に丁寧に仕上げたいところ。

パウダーとペンシルでしっかりと勝負眉に描き上げたら、眉マスカラで丁寧に毛流れを整えて完了です。

ベースと眉さえしっかりしていれば、「今日は寝坊じゃないの、ナチュラルなの」という雰囲気さえ醸し出せるので、とにかく時間が足りない朝には、これらのポイントを制覇するのがカギになります。

さあ、最速で美支度を整えて勢いよく玄関を飛び出して!

 

どんなに忙しくても“ちゃんと”していたい私たちにとって、寝坊は不覚の事態。

けれども、うっかり寝過ごしてしまった朝には、最小の手間で“人前に出られる顔”を創り出すべく、時短美容ならぬ“寝坊美容”で涼しい顔して乗り越えていきましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

プチプラコスメ好き40代必見!「安物買いの銭失い」にならないための3大鉄則

最近のプチプラコスメは「安かろう悪かろう」ではなく、むしろデパコスに匹敵するほどの優秀なアイテムもたくさんあります。しかし中には「やっぱり」と言いたくなるような、“見掛け倒し”なコスメも存在するだけに、…

あのアイシャドウも…! 40代が使うと途端に「安っぽく見える」プチプラコスメ3大NG

プチプラコスメは、トレンドのメイクをコスパよく楽しめる便利な存在であるのは、間違いのないお話。最近では、大人世代が使えるリッチな使用感がウリのプチプラコスメも増えてきているので、冒険をしたい色みやそん…

40代女性のドレッサーにまだある!「もう使わないほうがいいコスメ」3選

デイリーメイクでそれなりに手をかけているつもりなのに「スッピンよりも、オバ見え!」なんて事態を招いていたら、かなりショックです。しかしメイクは、自分に染み付いているルーティンによって手が自然に動くもの…

40代はぼんやりしたほうがいい…?「マイナス5歳見え」するナチュラルメイク3鉄則

ここ数年は、隙のないパーフェクトメイクよりも、ナチュラルに仕上げた自然体のメイクがトレンド。飾りすぎず自分の魅力を引き立ててくれるメイク手法を身につけることができれば、年齢を感じさせない“みずみずしく…

5歳オバ見え!「ナチュラルメイクなのに老け見え」するアイライナーの3大ワナ

ナチュラルメイクを意識していても、アイラインの描き方ひとつで“ケバ見え”や“老け見え”を招いてしまうこともあるから、目もとのメイクは侮れません。ここだけのお話、極端なケースでは「アイラインを描かないほうが…

増殖中…! 職場に生息する「臭いオバサン」の傾向とイメージダウンを避ける鉄則って?

いよいよ本格的に気温が上がってきて、ちょっとしたシーンで“汗のニオイ”が気になるシーズンとなりました。加齢臭は男性だけのものではなく、女性も年齢に伴って不快なニオイのリスクが上がると言われるだけに「臭い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事