ウッ…! 私が「オバサン化」を感じたとき。【40代の肌と髪あるある】

ふとした瞬間に「オバサン化してる」「年をとったなぁ」と感じることが増える40代。「オバサン化」を実感したリアルなエピソードを聞いてみました。OTONA SALONE読者である30代後半から40代女性が感じた、肌と髪のエイジング「あるある」をご紹介します。

 

やたら主張する「アイツ」たち。

「以前はなかった気がするのに、ある朝メイクしようと鏡を見たら、目元にモヤッと広がったシミに気がついた。いわゆる肝斑です。女性ホルモンの変化でできるシミなんですって。中年の証!?」(40歳)

「とにかくちっちゃいシミが増えた。正直、顔全体がシミだらけです。20歳のころギャルが流行していて私も日サロでガングロにしてたからですよね、きっと」(39歳)

「顔のシミが濃くなった気がする。前に使っていたコンシーラーでは隠せなくなったので、“大人用の”新しいものを買いました」(41歳)

「そばかすが昔より濃くなった。前はこんなに目立たなかったのに!」(43歳)

 

写真こそわかるシワの深さ。

「20~30代の同僚女子で食事したときの写真がSNSにアップされた。一人だけものすごくほうれい線が濃いことに気がついた。35歳の後輩とはたいして変わらないと思っていたのに……」(38歳)

「自撮りをした写真を見たら、マリオネットラインがくっきりあることに気づいた。ショックだった」(47歳)

「気づいたら、首の横ジワがものすごく深くなっていた! しかもガサガサしているんです」(43歳)

消えない、シーツのあと。

「仕事帰りの電車の中、ふと窓ガラスにうつった自分を見たら、顔がものすごく下がっていた。愕然とした」(39歳)

「肌にハリがなくなったせいか、顔についた枕やシーツのあとがなかなか消えない。出勤時間になっても消えないので、マスクで隠して出社しました」(44歳)

「まぶたがたるんで下がってきたため、目が三角形になってきた。アーモンドアイだったのに。しかも母親に激似」(42歳)

 

水分もなければ油分もない。

「いつからでしょう、あぶらとり紙を使わなくなったのは」(39歳)

「一年中、乾燥肌が悩みです。化粧品カウンターで測定してもらったら、水分量も皮脂量も50代の平均より下という結果にショックを受けた。」(41歳)

「久しぶりに会った友人に『ファンデーション、粉吹いてるよ』と言われた。」(43歳)

 

深刻です、白髪問題。

「朝、自然光がふりそそぐ部屋の鏡で前髪をかきあげたら、白髪が大量発生していた。それ以来、オシャレ染から白髪染めに変えました」(44歳)

「ハーフアップにしたら白髪がいっぱい! その日は髪をおろしてでかけました」(41歳)

「眉毛に白髪を発見した。村山元首相を思い出した」(46歳)

「アンダーヘアに白髪を発見した。まだ旦那には言えてない」(43歳)

 

サヨナラ、髪の量とハリコシ。

「髪が細くペッタリするのが今の悩み。以前は髪が多いことが悩みだったのに」(40歳)

「鏡を見たら、ものすごく髪の分け目が目立つようになった。これって薄くなったってことですよね?」(45歳)

「ずっと担当してもらっている美容師さんが『今日は、なるべく髪のボリュームが出るようにカットしておきました』と。ボリュームダウンしている事実をさりげなく教えられた」(43歳)

「剛毛でハリもコシもバリバリ、いうことをきいてくれなかった私の髪。最近は前より素直になって扱いやすくなったのはよかったのだけれど、このままコシがどんどん失われていく恐れも感じています」(47歳)

 

女も四十路を超えると、肌にも髪にもいろんな変化が見えてきます。肌ならシミ、しわ、ハリ、たるみ。ならは白髪、ボリュームダウン、ハリとコシのダウン……。認めたくなかったオバサン化も認めざるを得ない現象があれやこれやと……。

40代、じわじわ寄せるエイジングの波。オバサンとは思われたくないけれど、もしかしたらオバサン化を認められる“心の余裕”を持つことも、オトナの分別なのかもしれませんね……。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

#101 ご無沙汰女が「恋を始める」には?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年を超えた40代独女。44歳にして婚活を始めてみるも、誰ともうまくいかないまま1年11カ月が経ったOTONA SALONE編集長アサミ。現在46歳。婚活パーティや婚活アプリ、元彼や友達との再会、知人からの紹介…

#100 彼氏いない歴9年「オトナの恋の始め方」って?【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活は、前途多難であり、抱腹絶倒でもある。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年11カ月に突入。そして連載もなんと100回に!偶然で再会したロンドンくんを「もしかして運命の…

私が「オバサン化」を感じたとき。コッソリ始めた対策とは

「うわ、私ってこんな風にシワが入るんだ!」衝撃でした……。われながらオバサン化しつつあることをまざまざと見せつけられたのは、ある一枚の写真。こんにちは、OTONA SALONE編集長のアサミです。その写真とは「撮り…

[PR]

編集長アサミ「髪の分け目」が目立ってきた問題を考える

「いままでと髪がなんか違う!」 私が髪のエイジングをはっきりと自覚したのは、42歳のときでした。髪がゴワつく問題、ツヤがなくなった問題、そして白髪が増えた問題。そこでシャンプーを見直して対策したわけです…

[PR]

#99 婚活1年10カ月でやっとわかった「大きな間違い」【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり、谷あり。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年10カ月。新たな出会いを期待して入った新宿のバー。カメラマンのロンドンくんと7年ぶり、偶然の再会をした。この出会い…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事