ウッ…! 私が「オバサン化」を感じたとき。【40代の肌と髪あるある】

ふとした瞬間に「オバサン化してる」「年をとったなぁ」と感じることが増える40代。「オバサン化」を実感したリアルなエピソードを聞いてみました。OTONA SALONE読者である30代後半から40代女性が感じた、肌と髪のエイジング「あるある」をご紹介します。

 

やたら主張する「アイツ」たち。

「以前はなかった気がするのに、ある朝メイクしようと鏡を見たら、目元にモヤッと広がったシミに気がついた。いわゆる肝斑です。女性ホルモンの変化でできるシミなんですって。中年の証!?」(40歳)

「とにかくちっちゃいシミが増えた。正直、顔全体がシミだらけです。20歳のころギャルが流行していて私も日サロでガングロにしてたからですよね、きっと」(39歳)

「顔のシミが濃くなった気がする。前に使っていたコンシーラーでは隠せなくなったので、“大人用の”新しいものを買いました」(41歳)

「そばかすが昔より濃くなった。前はこんなに目立たなかったのに!」(43歳)

 

写真こそわかるシワの深さ。

「20~30代の同僚女子で食事したときの写真がSNSにアップされた。一人だけものすごくほうれい線が濃いことに気がついた。35歳の後輩とはたいして変わらないと思っていたのに……」(38歳)

「自撮りをした写真を見たら、マリオネットラインがくっきりあることに気づいた。ショックだった」(47歳)

「気づいたら、首の横ジワがものすごく深くなっていた! しかもガサガサしているんです」(43歳)

消えない、シーツのあと。

「仕事帰りの電車の中、ふと窓ガラスにうつった自分を見たら、顔がものすごく下がっていた。愕然とした」(39歳)

「肌にハリがなくなったせいか、顔についた枕やシーツのあとがなかなか消えない。出勤時間になっても消えないので、マスクで隠して出社しました」(44歳)

「まぶたがたるんで下がってきたため、目が三角形になってきた。アーモンドアイだったのに。しかも母親に激似」(42歳)

 

水分もなければ油分もない。

「いつからでしょう、あぶらとり紙を使わなくなったのは」(39歳)

「一年中、乾燥肌が悩みです。化粧品カウンターで測定してもらったら、水分量も皮脂量も50代の平均より下という結果にショックを受けた。」(41歳)

「久しぶりに会った友人に『ファンデーション、粉吹いてるよ』と言われた。」(43歳)

 

深刻です、白髪問題。

「朝、自然光がふりそそぐ部屋の鏡で前髪をかきあげたら、白髪が大量発生していた。それ以来、オシャレ染から白髪染めに変えました」(44歳)

「ハーフアップにしたら白髪がいっぱい! その日は髪をおろしてでかけました」(41歳)

「眉毛に白髪を発見した。村山元首相を思い出した」(46歳)

「アンダーヘアに白髪を発見した。まだ旦那には言えてない」(43歳)

 

サヨナラ、髪の量とハリコシ。

「髪が細くペッタリするのが今の悩み。以前は髪が多いことが悩みだったのに」(40歳)

「鏡を見たら、ものすごく髪の分け目が目立つようになった。これって薄くなったってことですよね?」(45歳)

「ずっと担当してもらっている美容師さんが『今日は、なるべく髪のボリュームが出るようにカットしておきました』と。ボリュームダウンしている事実をさりげなく教えられた」(43歳)

「剛毛でハリもコシもバリバリ、いうことをきいてくれなかった私の髪。最近は前より素直になって扱いやすくなったのはよかったのだけれど、このままコシがどんどん失われていく恐れも感じています」(47歳)

 

女も四十路を超えると、肌にも髪にもいろんな変化が見えてきます。肌ならシミ、しわ、ハリ、たるみ。ならは白髪、ボリュームダウン、ハリとコシのダウン……。認めたくなかったオバサン化も認めざるを得ない現象があれやこれやと……。

40代、じわじわ寄せるエイジングの波。オバサンとは思われたくないけれど、もしかしたらオバサン化を認められる“心の余裕”を持つことも、オトナの分別なのかもしれませんね……。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

目尻のシワもほうれい線もほおのたるみも、元凶は◯◯◯だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケア】

年齢とともに深まるほうれい線や目尻の小ジワ、ほおのたるみ……。化粧品や美顔ローラーといったケアに取り組んでいる方も多いでしょうが、なかなか改善されないのなら、顔の…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」に合わせ…

ほうれい線、なくしたい! 少しでも薄くする方法とは?【40代からの美容道】

目尻、ほお、額……。アラフォーにもなると、そこかしこにシワができてきます。中でも最も多くのアラフォー女性が気にしているのが「ほうれい線」でしょう。ほうれい線の深さ…

植松晃士が選ぶ! 40代女性向け「ベストコスメ2017」を発表♪

みなさん、こんにちは。植松晃士です。なんだかんだとおしゃべりしているうちに、もう12月。師走です。光陰矢のごとし。年々、1年の時の速さを感じますよね。さて。美容誌…

オバさん化を遅らせる!「肌を老化させる」8つの要因とは?

アラフォー世代はどっと肌や体の老化をしみじみと感じ始めるお年頃。そもそも肌を老化させる原因とはなんでしょうか?改めて知っておけば、予防や心がけができるというもの…

30年後の顔が風呂上りの1分で激変。「顔のコリ」をほぐす簡単なテク

運気がいい人はいい表情をしている。そういう人のところにはいい情報が集まる。一生いい運を引き寄せるために、毎日やったほうがいいアンチエイジングケアとは?9月30日(…

#120 恋愛「ご無沙汰女子」の婚活が進まない、決定的な理由【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまるでけもの道のように、なかなか進まない。46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティに婚活アプリなどさまざまな婚活に挑むものの、はや2年以上が経過。現在進行形の…

#119 コレは怪しい! デート男性に浮上した「ある疑惑」【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年超えを更新中のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳でスタートさせた40代の婚活もついに2年が経過。婚活で出会った男性は数十人、婚活デートをした男性は約10人。アーティストのジェント…

#118 恋人いない歴9年の独女、久しぶりに「ときめいた」理由【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年の46歳・独身のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳で婚活をスタートさせて2年以上が経ったが、いまだにゴールは見えず。以前に名刺交換をしたことがある男性・ジェントルさん(49歳・バツイチ・別居中…

どうすればいい? 40代「肌が変わってきた問題」。肌研究の第一人者に聞いてみた

違う、明らかに違うんです……30代と。40代になってから肌が変わってきたと痛感しているOTONA SALONE編集長の浅見です。お手入れも変えなくてはと、自分なりに試してはいるけれど……。何度目のお肌の曲がり角なのかしら…

[PR]

過酷な現代を生きる女性へ。40代編集長が考える「美しさ」の条件とは

ずっと頑張ってきたのではないでしょうか、いまの40代女性たちは。何をするにしても競争率が高い世代。努力と根性で乗り越えることが美しい、とされていました。私自身も、そんな中で生きてきた一人です。でも、もう…

[PR]

#117  40代独女、バツイチ男とのデートで「初めての経験」【40代編集長の婚活記】

40代で初めての婚活をスタートさせた、恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、元カレとの再会など、さまざまな婚活にチャレンジして早や2年。ある夜、会うことにな…

見どころとイケメンをチェック! プロ野球ドラフト会議2018に行ってみた

運命を変える1日でもある「プロ野球ドラフト会議」が10月25日に開催されました。大阪桐蔭高校の根尾選手や藤原選手、金足農業高校の吉田投手など、甲子園で活躍した高校球児の1位指名が多くあったドラフトでした。い…

#116  40代独女が「久しぶりのデート」で驚いたこと【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超の恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。40代の婚活をスタートさせて2年以上経つも、いまだ恋人すらできず。どこかで知り合ったであろう謎の男性・ジェントルさんから「お会いさせてくだ…

あなたは経験ありますか? 人生で初めて「痴漢にあった」かもしれない話

あなたは痴漢にあったことがあるでしょうか? 私は46年間の人生で幸いなことにその被害経験がありませんでした……今までは。でも、本当に腹立たしく悔しいことに、人生で初めて痴漢にあったかもしれないのです。2017…

婚活にデニムはアリ?「モテるデニム」5つのルール【オトナの婚活コーデ】

モテ服なんてどうでもよくずっと好きな服を着ていた40代独女が、婚活をスタートさせて2年。婚活パーティや婚活デートを繰り返しているうちに、やっと理解してきた【オトナの婚活コーデ】。リアルに着ているコーデを…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事