ウッ…! 私が「オバサン化」を感じたとき。【40代の肌と髪あるある】

ふとした瞬間に「オバサン化してる」「年をとったなぁ」と感じることが増える40代。「オバサン化」を実感したリアルなエピソードを聞いてみました。OTONA SALONE読者である30代後半から40代女性が感じた、肌と髪のエイジング「あるある」をご紹介します。

 

やたら主張する「アイツ」たち。

「以前はなかった気がするのに、ある朝メイクしようと鏡を見たら、目元にモヤッと広がったシミに気がついた。いわゆる肝斑です。女性ホルモンの変化でできるシミなんですって。中年の証!?」(40歳)

「とにかくちっちゃいシミが増えた。正直、顔全体がシミだらけです。20歳のころギャルが流行していて私も日サロでガングロにしてたからですよね、きっと」(39歳)

「顔のシミが濃くなった気がする。前に使っていたコンシーラーでは隠せなくなったので、“大人用の”新しいものを買いました」(41歳)

「そばかすが昔より濃くなった。前はこんなに目立たなかったのに!」(43歳)

 

写真こそわかるシワの深さ。

「20~30代の同僚女子で食事したときの写真がSNSにアップされた。一人だけものすごくほうれい線が濃いことに気がついた。35歳の後輩とはたいして変わらないと思っていたのに……」(38歳)

「自撮りをした写真を見たら、マリオネットラインがくっきりあることに気づいた。ショックだった」(47歳)

「気づいたら、首の横ジワがものすごく深くなっていた! しかもガサガサしているんです」(43歳)

消えない、シーツのあと。

「仕事帰りの電車の中、ふと窓ガラスにうつった自分を見たら、顔がものすごく下がっていた。愕然とした」(39歳)

「肌にハリがなくなったせいか、顔についた枕やシーツのあとがなかなか消えない。出勤時間になっても消えないので、マスクで隠して出社しました」(44歳)

「まぶたがたるんで下がってきたため、目が三角形になってきた。アーモンドアイだったのに。しかも母親に激似」(42歳)

 

水分もなければ油分もない。

「いつからでしょう、あぶらとり紙を使わなくなったのは」(39歳)

「一年中、乾燥肌が悩みです。化粧品カウンターで測定してもらったら、水分量も皮脂量も50代の平均より下という結果にショックを受けた。」(41歳)

「久しぶりに会った友人に『ファンデーション、粉吹いてるよ』と言われた。」(43歳)

 

深刻です、白髪問題。

「朝、自然光がふりそそぐ部屋の鏡で前髪をかきあげたら、白髪が大量発生していた。それ以来、オシャレ染から白髪染めに変えました」(44歳)

「ハーフアップにしたら白髪がいっぱい! その日は髪をおろしてでかけました」(41歳)

「眉毛に白髪を発見した。村山元首相を思い出した」(46歳)

「アンダーヘアに白髪を発見した。まだ旦那には言えてない」(43歳)

 

サヨナラ、髪の量とハリコシ。

「髪が細くペッタリするのが今の悩み。以前は髪が多いことが悩みだったのに」(40歳)

「鏡を見たら、ものすごく髪の分け目が目立つようになった。これって薄くなったってことですよね?」(45歳)

「ずっと担当してもらっている美容師さんが『今日は、なるべく髪のボリュームが出るようにカットしておきました』と。ボリュームダウンしている事実をさりげなく教えられた」(43歳)

「剛毛でハリもコシもバリバリ、いうことをきいてくれなかった私の髪。最近は前より素直になって扱いやすくなったのはよかったのだけれど、このままコシがどんどん失われていく恐れも感じています」(47歳)

 

女も四十路を超えると、肌にも髪にもいろんな変化が見えてきます。肌ならシミ、しわ、ハリ、たるみ。ならは白髪、ボリュームダウン、ハリとコシのダウン……。認めたくなかったオバサン化も認めざるを得ない現象があれやこれやと……。

40代、じわじわ寄せるエイジングの波。オバサンとは思われたくないけれど、もしかしたらオバサン化を認められる“心の余裕”を持つことも、オトナの分別なのかもしれませんね……。

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク