「おごそか」ではありません。「聊か」の読み方、知っていますか?

2023.01.13 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「聊か」です。

「聊か」の読み方は?

「〜か」の送り仮名から「おごそか」と読んだ人がいるかもしれませんが、残念ながらそれは不正解。なお、「おごそか」は漢字で「厳か」と表されます。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「いささか」です。

「聊か」とは

[形動]
1 数量・程度の少ないさま。ほんの少し。わずか。
2 かりそめであるさま。ついちょっと。
3 (多く「いささかに」の形で、打消しに呼応して用いる)少しも。
[副]
1 少し。わずかばかり。
2 (あとに打消しの語を伴って)少しも。ちっとも。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。「些か」とも書きます。

「いささか」の類語、なんて読む!?

「聊か・些か」の類語には「ささやか」「わずか」「若干」などが挙げられますが、中には「聊か」同様、読めそうで読めない言葉もあります。以下の言葉はなんと読むでしょうか。

  • 末節
  • 一縷
  • 瑣末
  • 些事
  • 煩瑣
  • 寸毫
  • 僅僅
  • 瑣瑣・些些
  • 眇眇

比較的すんなり読める言葉もあれば、少し戸惑うものもあるのではないでしょうか。

私は「寸毫」の「毫」に引っかかってしまいました。「毫」の中に「毛」が含まれていることから「もう」と読んでしまったのですが、「毫」の読みは「もう」ではありません。

また「眇眇」も難問でした。「少」の漢字に引っ張られて「しょうしょう」と読んでしまったのですが、「しょうしょう」は不正解。「眇」の音読みは「秒」と「妙」と同じ読み方です。

正解は……

  • まっせつ
  • いちる
  • さまつ
  • さじ
  • はんさ
  • すんごう
  • きんきん
  • ささ
  • びょうびょう

です。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

続きを読む

       

【編集部からアンケート】更年期の「サイン」、あなたは何で気づきましたか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク