「おしゃれなんてもういいや、この年で誰に見てもらえるわけでもなし」と考える女性が真に失っている大切なものとは?

2023.04.25 WORK

「子供が生まれてからは、自分の物は欲しいと思わなくなった。だから別に自分の物は買わなくていいの」あなたはこのように思っていませんか?

 

心からこう思っているなら良いのですが、もし心のどこかでモヤモヤしているなら要注意です。そのモヤモヤは「私を大切にしてほしい」という自分からのSOSかもしれません。

 

本記事では『自分を知る練習 人生から不安が消える魔法の自己分析』の著者で強み発掘コンサルタントの土谷愛が、心のモヤモヤを解消して「自分らしく生きる」方法をお伝えします。

 

自分のことはいつも後回し。納得してるはずなのにモヤモヤする…

女性たちは、いつも家族のことを優先して、自分のことを後回しにしてしまいがちです。ご飯は家族が食べ終わる頃にようやく食べ始めることも多々あるでしょう。メインディッシュのハンバーグを家族が食べつくしてしまっても「家族が満足することが一番大切。私は食べられなくてもいい」と思って、納豆ご飯で済ませるなんてことも少なくありません。

 

お風呂も一番最後。最後でない場合も、子供と一緒に入って、自分の髪や体はザザっと洗って終了。ゆっくり湯船につかる暇もなく、上がってからも自分の髪や体をしっかりと拭く余裕すらないですよね。自分のことは後回しになってしまいます。

 

他にも自分を後回しにしてしまう場面はあります。たとえば、洋服屋さんで可愛いスカートを見つけたとき。「うわー!このスカートかわいい!」と思って手に取るけど、値札を見て「いや、この金額があったら子供の洋服が3着買える。どうせスカートを履いていく場所なんてないし。私の洋服じゃなくて違うものを買おう」と諦めてしまうことはありませんか?

 

デパートのコスメ売り場で、お肌がプルプルになるクリームを試して「すごい!これなら私の肌もプルプルになるかも」と思ったとき。次の瞬間には「でもこの金額を私の化粧品に使うのはどうなんだろう。今さら綺麗にしたって誰が見るわけでもないから仕方がないし、もったいないからやめておこう」と諦めてしまったりしませんか?

 

諦める判断が悪いのではありません。家計を担う女性たちは、お金の使い道をしっかり考えながら使っているはず。「今必要ない」と判断して、買うのをやめることは素晴らしいことです。

 

ただ、1つだけ注意点があります。諦めたときに、自分の心がどう感じているかに注目してほしいのです。スッキリと諦められるなら問題なし。でももし、諦める瞬間にモヤモヤしているなら、あなたの本音は違うのかもしれません。

 

なぜ、割り切っているつもりでもひっかかるのか。その原因を分解して考えてみると

 

モヤモヤを感じる原因は2つ考えられます。

・自分で納得して選べていない
・「誰かに~してあげたい」ではなくて「自分は~くらいがちょうどいい存在だ」が行動基準になっている

 

どういうことかを解説していきますね。

 

かわいいスカートも高級化粧品も、諦める理由に自分が納得していればいいのです。たとえば

 

・同じようなデザインのスカートを持っているから要らない
・コスメだって肌に合わないかもしれないから、まずはサンプルで試してからにしよう
・本当に子供の洋服を優先して買ってあげたいと思っている

 

と、このように考えて納得しているなら、モヤモヤすることはないでしょう。

しかし

 

・いつも、汚れても大丈夫なラフな洋服ばかり着ているのに、いきなりこんなにかわいいスカートを着たら変かも
・この年齢になって綺麗にしても誰に見せるわけでもないんだから、もったいない

 

という理由だとモヤモヤしてしまいます。この場合は、このように考えてしまう原因を解明する必要があります。

 

このように考えてしまう原因。それは「自己肯定感の低さ」ではないでしょうか。

 

なぜ「自己肯定感の低さ」が「必要以上の我慢」につながってしまうのか

日本人は元々、自己肯定感が低くなりがち。学校教育では、みんなと同じことを同じレベルでできることが良しとされるような風潮があります。運動が苦手だったり勉強が苦手だったり、友達づくりが苦手だと「みんなと同じようにできない」と自分を低く評価してしまうのです。他に得意なことがあっても、何か1つでも苦手なことがあると、苦手なことばかりに目が向いて「自分はダメだ」と思ってしまいます。

 

良い成績を取る、良い学校へ進む、大きくて安定した企業へ就職する。世間一般で「良し」とされることや、親や周りの人が喜ぶような選択をしてきた人が多いのではないでしょうか。「自分は本当はどうしたいか」という本音に従って生きてきた人は、そう多くないかもしれません。これはあなたが悪いわけではなく、社会風潮がそうさせてしまった側面が大きいので、この点で自分を必要以上に責めたりしないでくださいね。

 

ただ、「自分はどうしたいか」の声を聞いて、自分の気持ちを大切にして行動することをしないまま40代に突入すると、さらに自分への評価が低くなってしまいます。

 

自分はどうしたいかを考えずにいると、どうしても「私はこういう母親でありたい」ではなく、「世間的に言う”良い母親”でなければならない」と思ってしまう。そして、家族のことを一番に考えるのが良い母親だから、「自分の洋服や化粧品にお金をかけるなんてダメだ」と思うし、自分のことも後回しにしてしまうのではないでしょうか。

 

無意識のうちに自分で自分のことを低く評価して、大切にできていないのでモヤモヤしてしまうのです。まずはこのことに気づくことが大切です。

 

▶【後編】モヤモヤに気付いた人が次に「やってみるべき」驚きの行動とは?いわれてみれば非常に納得ですが

続きを読む

   

【参加募集】更年期の「尿もれ」を語る!オンライン無料イベント開催!
詳しくはコチラから

           

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク