おばさんくささを一瞬で撃退!? 「エイジングをフォローする」時短アイメイク

 

時短でメイクを完成させたくても、どこかおばさんっぽい仕上がりになってしまう……と、お嘆きな女性も増える40代。

年齢に伴って、悲しいことに「メイクした顔のほうが劣化が目立つかも?」も、ゼロではありません。

「メイクは時短で済ませたいけれど、エイジングはしっかりフォローしたい」と考える40代女性の皆さま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

目元には年齢が出やすいだけに、エイジングをカバーするならアイメイクもカギ。

今回は、おばさんっぽさを一瞬で撃退する時短アイメイクのコツをご紹介していきます。

その他の時短メイクのコツは こちら

 

時短美容家のエイジングアイメイク

時短メイクを意識しつつ、エイジングカバーを狙っている私のアイメイク。

基本的に、ピンク系のカラーに頼ることが多く、アイラインはブラウンを愛用中です。

年齢とともに二重まぶたが奥二重になってきていて「重力には逆らえないなぁ」と痛感しているところでもあります。

ですので、時短アイメイクではエイジングカバーに重点を置いてメイクアップをしています。

 

1:グラデーションのアイシャドウはテッパン

 

アイメイクの出来は、顔全体の印象をも左右します。

どんなに手短にメイクを済ませるとしても、手抜き厳禁なポイントのひとつ。

単色アイシャドウでメイクを済ませてしまう落とし穴は、以前こちらの記事スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】」でご紹介した通りなだけに、できるだけ避けたいところ。

そう!40代のくすみ気味な肌に単色で濃いめシャドウを入れてしまうと、まぶたの窪みやくすみが悪目立ちしやすいので、最低でも2色は使ってのグラデーションで仕上げたほうが、コンプレックスパーツをカバーできます。

くすみを目立たせないように色を加えるには、まぶたのくすんだ部分にはピンク系のシャドウを入れてくすみを飛ばし、その上からブラウン系の色で締めるのが黄金セオリー。

画像では、わかりやすいように少し濃いめに塗っています。まぶたの内側にはピンク系を広めに入れて抜け感を意識すると、重力によって下がりやすい上まぶたの重さを視覚的にフォローできます。

 

2:細めのブラウンアイラインで目ヂカラキープ

 

パーフェクトなアイメイクは、アイシャドウ・アイライナー・まつ毛(マスカラorマツエク)の3拍子が整ってこそ初めて完成します。

けれど、その中でも特に40代アイのコンプレックスをカバーしてくれる救世主的約役割なのが、アイライン。

アイラインが入っているだけで、目元の印象が強くなるのは今更言うまでもないお話ですが、だからこそ、40代の目元を引き立てつつエイジングをカバーするには、アイラインほど重宝するアイテムはありません。

ナチュラルメイクが台頭している昨今だけに、極太ラインはおばさんっぽさを醸し出してしまうので、やや細めに描くのが黄金セオリー。

ブラックだと印象がやや強くなりすぎるので、ブラウン系のカラーを使って柔らかさを出して。

 

3:涙袋にはベージュ系よりピンク系シャドウを入れて立体感を

 

 

涙袋も、エイジングとともに“たるみ”が気になるパーツです。それだけに、メーキャップでカバーをすると一気に若見えを狙えるポイントにも。

けれど、ベージュ系のシャドウを入れてしまうとくすみが悪目立ちすることもあるので、血色をプラスしてくれるピンク系orピンクベージュ系がベターなセレクト。

微粒子レベルのラメ入りアイテムを選ぶと、光を反射してくれる効果で“たるみ”をカバーしてくれます。

ラメ感が強すぎるとギャルっぽいメイクに見え、かえっておばさんっぽく見せてしまうこともあるので、【40代の時短美容】では細かいラメ感にこだわって。

 

メイクによってすべてのエイジングをカバーすることはできなくても、ポイントを絞れば“若見え”は狙えます。

少ない手間でも“おばさんっぽさ”を撃退して、時短美容を楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

本人には言えない…! でも男が密かに「オバサンになったなぁ」と感じている40代女性の姿3選

間違っても本人には言えないけれど、ちょっとした彼女や妻の姿を見て「あー。オバサンになったよなぁー」としみじみ(?)感じる男性も少ないない模様です。では、あえて口にはせずとも、哀愁を感じつつも自分やパー…

なんか違うんじゃないか…男が疑問を抱く40代女性の「おめかし」ファッション小物3選

忘年会シーズン真っ只中を迎え、日々の身支度では「ちょっとだけ、おめかし」を意識していらっしゃる40代女性も少なくないのではないでしょうか。しかし、せっかくの“おしゃれ”でも、男性目線だと「ええっ!?」と、驚…

男が「さすがにオバサンにしか見えない…」と思った40代女性の習慣3つ

40代ともなると、身体のあちらこちらに“プチ不調”を抱え続ける女性だって、珍しくありません。寝込むほどではないけれど、若いころと比べると、疲れやすい自分を感じていたり、無理がきかない身体を痛感させられたり…

さすがにナイでしょ…男が心底引いた! 40代女性の「ルームウェア」3選

40代カップルでも、深い仲になれば、互いの自宅でまったりと過ごす“お家デート”も定番プランです。外で会っているときとは異なる“癒し”を感じられるので、ふたりの距離もぐっと近づくような気持ちになりますよね。し…

30秒でこの実力…! 時短美容家並木まきが選ぶ「40代の時短美容」ベストコスメ2018

2018年も残すところ、あとわずか。みなさまの今年の美容事情は、充実したものとなりましたでしょうか。毎年、この時期になると各所で“ベストコスメ”が発表されていますが、今年もOTONA SALONEにて、時短美容家である…

無印の名品も! 時短美容家並木まきが選ぶ「プチプラ」2018ベストコスメ

2018年も年間を通じて、優秀なプチプラコスメが、次から次へと登場した1年となりました。コスメの値段を見ただけで「安かろう、悪かろう」なんて思う人は、すっかり減った今日この頃。プチプラアイテムは、私たち40…

意外と男は冷静…デートで「一発アウト」を下す40代女性のオバサン発言3例

ゆるっと婚活を意識している男性たちとのお酒の席で、たびたび聞こえてくるのが「いい女性だと思ったのに、こんなことを言っていて、ガッカリしちゃったよ」的なボヤキ話。女性がなにげなく発した言葉でも、男性たち…

なんでそんな格好で…男が「ありえない」と感じた40代女性の自然体すぎるデート服3選

「デート」だからと言って、いかにもモテを狙ったファッションに身を包むのは「なんだか滑稽」と感じるのだって、私たち40代女性のホンネ。むしろ、交際が長くなれば、気負わずに自然体な自分を受け入れてくれる男性…

エアポートおじさんと同じくらいマズい…? 男がドン引きしているSNSの「○○オバサン」3選

少し前に「エアポートおじさん」なる、SNSに“空港にいる自分”を主張するおじさんが話題になりました。同じような趣旨で男性目線の「こんなオバサンも、痛くない?」があるようです。もはやSNSは友人のみならず、仕事…

仕方ないじゃ済まされない…? 男目線で「一発でナシ」になる40代女性のNG身だしなみ3選

男性目線と女性目線での「あれはナシでしょ」と感じる身だしなみは、少々異なる実態にもあります。同性であれば、女性のちょっとしたNGを見て「ナシだろうけど、わかるわかる。仕方ないときもあるよね」と共感できる…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事