おばさんくささを一瞬で撃退!? 「エイジングをフォローする」時短アイメイク

 

時短でメイクを完成させたくても、どこかおばさんっぽい仕上がりになってしまう……と、お嘆きな女性も増える40代。

年齢に伴って、悲しいことに「メイクした顔のほうが劣化が目立つかも?」も、ゼロではありません。

「メイクは時短で済ませたいけれど、エイジングはしっかりフォローしたい」と考える40代女性の皆さま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

目元には年齢が出やすいだけに、エイジングをカバーするならアイメイクもカギ。

今回は、おばさんっぽさを一瞬で撃退する時短アイメイクのコツをご紹介していきます。

その他の時短メイクのコツは こちら

 

時短美容家のエイジングアイメイク

時短メイクを意識しつつ、エイジングカバーを狙っている私のアイメイク。

基本的に、ピンク系のカラーに頼ることが多く、アイラインはブラウンを愛用中です。

年齢とともに二重まぶたが奥二重になってきていて「重力には逆らえないなぁ」と痛感しているところでもあります。

ですので、時短アイメイクではエイジングカバーに重点を置いてメイクアップをしています。

 

1:グラデーションのアイシャドウはテッパン

 

アイメイクの出来は、顔全体の印象をも左右します。

どんなに手短にメイクを済ませるとしても、手抜き厳禁なポイントのひとつ。

単色アイシャドウでメイクを済ませてしまう落とし穴は、以前こちらの記事スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】」でご紹介した通りなだけに、できるだけ避けたいところ。

そう!40代のくすみ気味な肌に単色で濃いめシャドウを入れてしまうと、まぶたの窪みやくすみが悪目立ちしやすいので、最低でも2色は使ってのグラデーションで仕上げたほうが、コンプレックスパーツをカバーできます。

くすみを目立たせないように色を加えるには、まぶたのくすんだ部分にはピンク系のシャドウを入れてくすみを飛ばし、その上からブラウン系の色で締めるのが黄金セオリー。

画像では、わかりやすいように少し濃いめに塗っています。まぶたの内側にはピンク系を広めに入れて抜け感を意識すると、重力によって下がりやすい上まぶたの重さを視覚的にフォローできます。

 

2:細めのブラウンアイラインで目ヂカラキープ

 

パーフェクトなアイメイクは、アイシャドウ・アイライナー・まつ毛(マスカラorマツエク)の3拍子が整ってこそ初めて完成します。

けれど、その中でも特に40代アイのコンプレックスをカバーしてくれる救世主的約役割なのが、アイライン。

アイラインが入っているだけで、目元の印象が強くなるのは今更言うまでもないお話ですが、だからこそ、40代の目元を引き立てつつエイジングをカバーするには、アイラインほど重宝するアイテムはありません。

ナチュラルメイクが台頭している昨今だけに、極太ラインはおばさんっぽさを醸し出してしまうので、やや細めに描くのが黄金セオリー。

ブラックだと印象がやや強くなりすぎるので、ブラウン系のカラーを使って柔らかさを出して。

 

3:涙袋にはベージュ系よりピンク系シャドウを入れて立体感を

 

 

涙袋も、エイジングとともに“たるみ”が気になるパーツです。それだけに、メーキャップでカバーをすると一気に若見えを狙えるポイントにも。

けれど、ベージュ系のシャドウを入れてしまうとくすみが悪目立ちすることもあるので、血色をプラスしてくれるピンク系orピンクベージュ系がベターなセレクト。

微粒子レベルのラメ入りアイテムを選ぶと、光を反射してくれる効果で“たるみ”をカバーしてくれます。

ラメ感が強すぎるとギャルっぽいメイクに見え、かえっておばさんっぽく見せてしまうこともあるので、【40代の時短美容】では細かいラメ感にこだわって。

 

メイクによってすべてのエイジングをカバーすることはできなくても、ポイントを絞れば“若見え”は狙えます。

少ない手間でも“おばさんっぽさ”を撃退して、時短美容を楽しんでいきましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

プチプラコスメ好き40代必見!「安物買いの銭失い」にならないための3大鉄則

最近のプチプラコスメは「安かろう悪かろう」ではなく、むしろデパコスに匹敵するほどの優秀なアイテムもたくさんあります。しかし中には「やっぱり」と言いたくなるような、“見掛け倒し”なコスメも存在するだけに、…

あのアイシャドウも…! 40代が使うと途端に「安っぽく見える」プチプラコスメ3大NG

プチプラコスメは、トレンドのメイクをコスパよく楽しめる便利な存在であるのは、間違いのないお話。最近では、大人世代が使えるリッチな使用感がウリのプチプラコスメも増えてきているので、冒険をしたい色みやそん…

40代女性のドレッサーにまだある!「もう使わないほうがいいコスメ」3選

デイリーメイクでそれなりに手をかけているつもりなのに「スッピンよりも、オバ見え!」なんて事態を招いていたら、かなりショックです。しかしメイクは、自分に染み付いているルーティンによって手が自然に動くもの…

40代はぼんやりしたほうがいい…?「マイナス5歳見え」するナチュラルメイク3鉄則

ここ数年は、隙のないパーフェクトメイクよりも、ナチュラルに仕上げた自然体のメイクがトレンド。飾りすぎず自分の魅力を引き立ててくれるメイク手法を身につけることができれば、年齢を感じさせない“みずみずしく…

5歳オバ見え!「ナチュラルメイクなのに老け見え」するアイライナーの3大ワナ

ナチュラルメイクを意識していても、アイラインの描き方ひとつで“ケバ見え”や“老け見え”を招いてしまうこともあるから、目もとのメイクは侮れません。ここだけのお話、極端なケースでは「アイラインを描かないほうが…

増殖中…! 職場に生息する「臭いオバサン」の傾向とイメージダウンを避ける鉄則って?

いよいよ本格的に気温が上がってきて、ちょっとしたシーンで“汗のニオイ”が気になるシーズンとなりました。加齢臭は男性だけのものではなく、女性も年齢に伴って不快なニオイのリスクが上がると言われるだけに「臭い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事