とっさに英語で正しく「ごめんなさい」と言えますか?

街中でぶつかった!謝らなくちゃ! と相手が外国人。英語で謝るのって……?
かなりあせるシチュエーションですね。
謝る場合の「ごめんなさい」って
“I’m sorry.”
「ごめんなさい」でよいのかな?

また、本当に悪かった……という気持ちを表すにはどういったらいいの? 反対に、自分が謝られたらどう対応したらよいの?

今回はぶつかったり、何か失礼なことをしてしまったときの謝り方、また、謝られた時の対応の仕方を、ご紹介します。

 

“I’m sorry.” よりも”Excuse me.”が好ましい

学校で習った、人に謝る言葉は、

“I am sorry.”
「ごめんなさい」

ですが、実はこれだとちょっと重い。人にぶつかった程度なら

“Excuse me.”
「すみません。」がふさわしいようです。

 

sorry は、自分の非を認めてしまったことになり、裁判などで不利になる可能性もあることから、
あまり使ってはいけないと言われています。ただし、自分の不注意でワインをこぼして、
洋服をよごしちゃったとか、明らかに自分に非がある場合などには素直に I’m sorry と謝りましょう。

 

ただ “Sorry!”
「ごめんね!」

と I am  が抜けるだけで、ぐっとカジュアルに気軽になりますので、ぶつかった程度なら、
こちらも使えます。

 

そしてできたら

“Are you all right?” ” Is it all right?” 
「大丈夫ですか?」と付け加えましょう。

 

本当にごめんなさい!という気持ちを表したければ

こちらが完全に悪い、反省しています!という気持ちを表すときは

 

“I’m really sorry.”  ” I am very sorry.”
「本当にすみません」

 

何について謝ってるのかを言うには” I am sorry for ~” をつかいますので、
” I am sorry for bothering you.”
「お手間をかけてすみません」というように使います。

 

またちょっとフォーマルな、ビジネスにも使える言葉としては、
“I apologize.”
「申し訳ない」という言葉もあります。

 

謝られたら「気にしないで!」

さて、反対にぶつかられたりして、英語で謝ってきたときにはどう対応したらよいか。

 

“It’s all right.”
「いいんですよ」

 

“No problem.”
「問題ないです」

 

“Never mind.”
「気にしないで」

 

いずれにしてもにこっと対応してくださいね。

 

【会話例】

あなたがぶつかったとき

You : Oh,excuse me!  Are you all right?
あなた :  わあ、すみません。 大丈夫ですか?
English speaker :   It’s all right.   Never mind.
英語を話す人 : 大丈夫ですよ。気にしないで。

ぶつかられたら
English speaker  :   Oops! Sorry!  Are you Okay?
英語を話す人 : わあ、ごめんなさい! 大丈夫?
You :      I’m Okay.   Don’t worry.
あなた : 大丈夫ですよ。 気にしないで。

スポンサーリンク