面倒な仕事のお礼メールも簡単に書ける!3つの魔法のコツ

「メール見たよ!これでOK!次行って!」 仲間うちのメッセージだと20文字くらいで済みそうな用件でも、相手が取引先なら話は別。ほんと、簡単に書けたらいいですよね。さらにメールで敬語を使うとなると、使い方が合っているかどうか不安で、ネットで調べたり、辞書を引いたりする人もいるのではないでしょうか。今日は、小学生に国語を教えている私から、簡単にシンプルなビジネスメールが書ける方法を1つ伝授します。そしてそこに女性らしさも加えてみましょう。

 

コツ1 最初、つまり「前文」から書かない

小学生がおじいちゃんに手紙を書く時のワザをお伝えします。

 

夏休みやお正月が過ぎたあたりでしょうか、おじいちゃん、おばあちゃんにお礼の手紙やハガキを出したいけれど、書き方が分からないと相談を受けることがあります。おそらく、お年玉やお小遣いのお礼を出すように、親に言われたのでしょうね。

 

で、親もどう書かせたら良いかわからず、こちらに回ってきます。最近では、お礼を電話で済ませる家庭も多いようですね。私が思うには、この「電話で済ませた」世代が、今、お礼文が書けなくなっているのではないかというわけです。

 

小学生に手紙を書くアドバイスをするわけですが、教科書通り、まず、「前文」を書き、次に「本文」を書き、最後に「末文」を書いて、「後付」を添える。大人のメールもこの流れで書きますよね。でもどうでしょうこれ、楽しくありませんよね(笑)。

 

「前文」から切り出してしまうと、「難しそう」「めんどくさい」から「いやだ」に流れてしまいます。これは大人でも同じなのです。こういう人と人とをつなぐコミュニケーションの場合、実は形から入るのは非常によろしくないのです。では、どうしたらいいのか?

 

そうです。「本文」に該当する「相手に何を伝えたいのか?」というところから入ります。相手に伝えたいことがある。型はその結果生まれたものですが、何も最初からしなくてもいいのです。このコツさえつかめば、まず気が楽になります。

 

コツ2 何を伝えたいのかをはっきりさせて、それを伝える

「おじいちゃん、おばあちゃんに何を伝えたいの?」
「お小遣い届いたからありがとうって。それで、ほしかったゲームを買ったの!」
「じゃあ、そう書けばいいのよ」
「え?そうなの?」
そうなんです。それを書けばいいのです。
「んー、でももう少しちゃんとした言葉で書きたい。」
「そういうときは『です』『ます』をつけるだけでいいんだよ」
「えー?それだけ?」
そうなんです。

  • お小遣い届いた→お小遣いが届きました。
  • ありがとう→ありがとうございました。
  • それでほしかったゲームを買ったの→それでほしかったゲームを買いました。

基本はこれでOKです。

 

 

「どんなゲームなの?」「どこがおもしろいの?」と聞くともう止まりません(笑)それに全部「です」「ます」を付ければいい、あとは「おじいちゃんへ」って書けばOK。

 

そう伝えました。きっと彼には、手紙で気持ちを伝える楽しさが伝わったと思います。そう、もともと手紙とはコミュニケーションツール。シンプルに伝わると楽しいものなのです。

 

ビジネスメールではどうする?

ビジネスメールも同じです。コミュニケーションツールなので、相手に伝わることが目的です。その後のお付き合いが円滑に行くことも大切ですね。こちらも同じ方法で、「前文」や「前書き」は後回しです。どうも日本人はきまじめで「拝啓」から考えるのでややこしくなるんですね。

 

冒頭の例で考えてみましょう。

 

「メール見たよ!これでOK!次行って!」

 

仲間内ならそれこそ、これでOKというメッセージ。これを取引先に送ります。小学生の手紙の場合と同じように、まずは「です」「ます」を付けてみましょう。

 

  • メール見たよ→メールを見ました。
  • これでOK→これでOKです。
  • 次行って→次に行ってください。

 

本来ならこれで良いのです。スピードを重視するメールで、普段から前文や後付けを省略している取引先の場合は、これでも良いと思いますが、もう少し「形良く」しましょう。

 

  • メールを見ました。→メールを拝見しました。メールを拝見いたしました。
    「拝見する」は、「見る」の敬語です。
  • これでOKです。→これで結構です。
    「OK」はラフなので日本語に直します。
    また「これ」が何を指すのかを詳しく言うこともできます。
    これで結構です→この方向性で結構です。
  • 次に行ってください。→次の行程に進めてください。次の行程に進めてくださいますよう、お願い申し上げます。
    「次に行く」とは具体的に何をすればいいのかを伝えます。これがこの文章の一番の要点ですから、しっかり伝えましょう。

元の文
メール見たよ!これでOK!次行って!

完成した文
メールを拝見いたしました。
この方向性で結構です。
次の行程に進めてくださいますよう、お願い申し上げます。

 

このコツをつかむと、一番言いたいことが行方不明になったり、ぼやけたりしないしっかりした本文ができるというわけです。

 

コツ3 クッション言葉もつけよう

 

普段から良好な関係が保たれている場合はこのままで大丈夫です。

 

もう少し、感謝等の気持ちを込めたい場合は、クッション言葉やつなぎの文を入れます。先週のクッション言葉のコラムは好評でした。このメールにもクッションになる言葉を入れてみましょう。ここで、女性らしい気配りが感じられるようになります。

メールを拝見いたしました。
お忙しい中、すぐにご連絡をいただきまして、ありがとうございます。(メールのお礼)
この方向性で結構です。
重ねてのお願いで申し訳ございませんが、(依頼のクッション言葉)
次の行程に進めてくださいますよう、お願い申し上げます。

 

そして、最後に末文にあたるものを簡単に添えます。

用件のみにて失礼いたします。

用件+クッション言葉。もうこれ以上付け足さなくても良いでしょう。このコツをつかめば、女性らしさがプラスされるというわけです。

 

必要なら挨拶を入れよう

「用件だけで良い」とされている場合以外は、冒頭に挨拶を入れましょう。それが「手紙」の「前文」にあたるものです。

  • いつもお世話になっております。
  • いつもお引き立ていただき、ありがとうございます。

などの当たり障りのないものが良いでしょう。ここで変に凝った文章を書かなくても大丈夫です。なお、手紙のルールにあるような季節の挨拶などは、ビジネスでは省略して大丈夫です。

 

後付けに当たるものは、ヘッダとフッタに分ける

手紙では、本文のあとに、相手の名前、日付け、こちらの名前と書きますが、日付けはメールでは不要です。相手の名前についてですが、受け取りミスなどを防ぐために最初に書きます。自分の名前は最後に書きます。署名ツールを使用する場合もあるでしょう。

元の文
・メール見たよ!これでOK!次行って!

完成した文

○○会社 ○○○○
○○部 ○○○○様

いつもお引き立ていただき、ありがとうございます。
メールを拝見いたしました。
お忙しい中、すぐにご連絡をいただきまして、ありがとうございます。
この方向性で結構です。
重ねてのお願いで申し訳ございませんが、次の行程に進めてくださいますよう、お願い申し上げます。
用件のみにて失礼いたします。

○○会社 ○○○○
○○部 ○○○○

 

どうでしょう?たった150文字程度ですが、用件も伝わり、つっけんどんでもない文章ができました。もちろん初めてメールを出す場合や、お詫びのメールはもう少し長くなるでしょう。しかしそれも、今回と同じ方法で書くことができます。まず、友達に書くようにシンプルに書いてみる。それを敬語に直す。クッション言葉を入れる。前文と後付けを書く。その方法でシンプルでも良いメールが書けます。

 

【こうすれば書ける!シンプルなのに女性らしいビジネスメール】

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの意味と文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「ご回答ください」は間違い?やっかいな日本語の正誤5選

先週、仕事のスケジュールの話になったとき、私の仕事量について「苛酷なスケジュールですね」とコメントをくれた方がいらっしゃいました。意味から察して正しくは「過酷」です。私の体を心配してくださっているコメ…

「ご承知おきください」は上から過ぎ!ちょうどいいメールの丁寧語って?

先日、ある会議の時間変更があり、メールで連絡を受けました。「以上の理由によりやむなく変更といたします。ご承知おきください」。確かに相手側にとってはやむを得ない事情のようなのですが、召集されている人たち…

「凡例」ってぼんれい?みんなが読み間違えている熟語10選

先日、ある料理屋で鳥刺しをいただいたのですが、塩と梅肉が添えられていました。醤油ではなく、この塩と梅でいただくという形。「まさに良い塩梅ということですね」と申し上げましたら、お店の主人が「ありがとうご…

実は「違和感を感じる」は間違っていない。でも「頭痛が痛い」がNG日本語な理由

「人事異動で秘書課になったあの人、違和感ゼロだわー。もともとそこにいたみたいな感じ。」こんな日本語が、説明なしで通じる世の中になって参りました。言葉は移り変わるものですが、そもそも誤りであることを知っ…

「折り入ってご相談」が失礼に当たるタイミングって?NG敬語の言い換えは

「折り入ってご相談がございます」「微力ながらお手伝いさせていただきます」このような言葉は、ビジネスシーンではよく見られます。しかし、本来の言葉の意味を知らないと、使うタイミングを間違えたり、使うシーン…

「ますますお幸せに!」は離婚の暗示?結婚式でNGな言葉の言い換え術

メールや文書で失礼なことを書いてしまった場合、最悪謝罪をし、訂正したものを送ればいいのですが、結婚式のような大切なイベント時に失敗は避けたいもの。最近は二人のなれそめなどを文字、キャプション付きのムー…

あなたは大丈夫?「なし崩し」の正しい意味、日本人の20%しかわかっていない

「そんななし崩し的なやり方では、計画的に進まない」「良いのか悪いのか決めずに、なし崩しに動き出せば、失敗するよ」「貯金をなし崩し的に使い、あっという間になくなってしまった」こんなふうに「なし崩し」を誤…

「あなたのメールは読みにくい」と思われてる?ひらがなに直した方が良い言葉10選

毎日、私たちは様々な手段で、他社とコミュニケーションを取っています。その中で、文字によるコミュニケーション手段として、メールやSNS、文書や手紙などがありますが、圧倒的に多いのが「メール」によるコミュニ…

「今度伺わせていただきます」はNG?丁寧なつもりの「過剰敬語」が逆に無礼なワケ

どの企業でも接客の方法については新人研修などで学習済み。しかし、実際に業務が始まると、敬語以前に覚えなくてはいけないルールが山のようにあり、自分がお客さんに対して使っている敬語について、時間をとって検…

日本人の約7割が間違えている微妙な日本語!「〇〇を飛ばす」

「あの後輩、最近ちょっとたるんでいるから、檄(げき)を飛ばしてきたわ」「部長が部全体に檄(げき)を飛ばしたので、少し活気が戻ったわ」実はこの使い方NGです!「檄を飛ばす」のは、「しっかりしなさーい」と相…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事