頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」
「すみませんが、どちら様でしょうか」
「すみませんが、それは出来かねます」。

「すみませんが」はとても便利な「クッション言葉」ですが、少し安っぽい印象を受けますよね。大人の女性としてはどのように言い換えたらよいでしょうか。

 

クッション言葉の役割

クッション言葉は枕詞(まくらことば)ともいい、スムースなコミュニケーションができるビジネスにはかかせない言葉です。特に何かをお願いしたりするときや、確認を取る時、お断りをする時など、どちらかと言えばマイナスイメージが伴う場合に使うと、人当たりが柔らかくなり、円滑に伝えることが出来ます。

例えば、あなたがデータの再送信をお願いされるシチュエーションで、

「もう一度送信していただけないでしょうか」

と言われるよりも

「お手数をお掛けしますが、もう一度送信していただけないでしょうか」

と言われた方が気分が良いでしょう?
この「お手数をお掛けしますが」の部分がクッション言葉です。

 

「すみません」の連発がもたらす幼稚なイメージ

この後に記載しますが、このクッション言葉には様々な種類があります。ところが全てを包括する便利な言葉があります。それが「すみませんが」です。日常の中ではあまりに多用されている言葉です。

「すみませんが、席を詰めていただけませんか?」
「すみませんが、もう少し大きい声で話してくださいませんか?」
「すみませんが、それは無理なお話です」

もう、何にでもつけられます(笑)。

とても便利な枕詞なので、ここで思考停止状態になり、30代になっても40代になっても「すみませんが」を使い続ける人が多いように思います。今日はクッション言葉のバリエーションをお伝えしますので、「よろしければ」一つ二つ覚えて、今日の会話に活かしてみましょう。きっと「女子力」いいえ「女の魅力」がアップしますよ!

 

バリエーションは【依頼】【打診】【拒否】の3つ

言い出しにくいことを伝える場合を考えると、【依頼】【打診】【拒否】と大きく3つのパターンに分けられます。

女性が使うとカッコイイ【依頼】のクッション言葉

  • 「恐れ入りますが」
  • 「お手間を取らせますが」
  • 「ご面倒とは存じますが」

「すみませんが」から言い換えた例文で、どのように印象が変わるかを見てみましょう。

  • すみませんが、明日までにお願いできますか
    →恐れ入りますが、明日までにお願いできますか
  • すみませんが、実際の資料を見せていただけませんか
    →お手間を取らせますが、実際の資料を見せていただけませんか
  • すみませんが、もう一度かけなおしていただけませんか
    →ご面倒とは存じますが、もう一度かけなおしていただけませんか

どうでしょう?ぐっと「大人の女」感がアップした気がしませんか?

 

女性が使うとカッコイイ【打診】のクッション言葉

  • 「よろしければ」
  • 「お差し支えなければ」
  • 「失礼ですが」

「すみませんが」から言い換えた例文で、どのように印象が変わるかを見てみましょう。

  • すみませんが、お話をお伺いしてもよろしいでしょうか。
    →よろしければ、お話をお伺いしてもよろしいでしょうか。
  • すみませんが、どのような状況なのかお聞かせくださいませんか。
    →お差し支えなければ、どのような状況なのかお聞かせくださいませんか。
  • すみませんが、現段階での詳しい説明はご容赦願えませんでしょうか。
    →失礼ですが、現段階での詳しい説明はご容赦願えませんでしょうか。

こちらも、ずいぶん印象が違いますよね。さて次は最大の難関【拒否】の場合です。

 

女性が使うとカッコイイ【拒否】のクッション言葉

  • 「大変心苦しいのですが」
  • 「お気持ちはありがたいのですが」
  • 「お役に立てず申し訳ございませんが」
  • 「あいにく」

 

これらは、相手に否があると思いつつも、全て「こちらが悪い」と思わせる状態にするマジックワードです。高度なクッション言葉ですね。これらも「すみませんが」から言い換えた例文で、どのように印象が変わるかを見てみましょう。

 

  • すみませんが、本日は先約があり、お伺いすることができません。
    →大変心苦しいのですが、本日は先約があり、お伺いすることができません。
  • すみませんが、このような品物は受け取れない規則になっております。
    →お気持ちはありがたいのですが、このような品物は受け取れない規則になっております。
  • すみませんが、当社ではそのようなサービスは行っておりません。
    →お役に立てず申し訳ございませんが、当社ではそのようなサービスは行っておりません。
  • すみませんが、この商品は在庫を切らしております。
    →あいにく、この商品は在庫を切らしております。

 

こちらは、拒否されているのに、嫌な気持ちにならない言い回しになっています。

 

例文では、一対一対応のような書き方をしましたが、【依頼】【打診】【拒否】、同じカテゴリだったら、どの言い回しでも使い回すことができます。そして、どのクッション言葉も、女性の魅力をアップさせる言葉です。

また、クッション言葉は、相手の心の準備をさせる効果があるので、多少言いにくいことでも上手に伝えることができます。私にはこのような言葉をスッと話せる「大人の女」の友人が数名います。ぐっと洗練された印象も持ちますし、聞いていてとても気持ちの良い言葉なので、ぜひ、使ってみましょう。

 

多用は厳禁

クッション言葉はとても便利な言葉ですが、多用すると「言い訳」っぽくなります。ここぞと言う時に分をわきまえて使うのが、大人の女性の使い方。まずは「すみません」の替わりの言葉を二、三個覚えて、緊張のない場面のここぞという時に使ってみましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる社会人のメール文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違い

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺います」「明日、オフィスに参ります」。どちらも正しいように感じますが、本当はどちらを使うべきなので…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

毎回「お世話になっております」はNG? 印象が悪い3つのメール

あなたは、仕事で、一日何通くらいのメールを書いていますか?メールで大切なのはもちろん「用件」です。結論を先に明快な形式でメールを書くことは大切ですが、そのメールの頭に付ける文、時と場合によって、きちん…

「お待たせしました」は実はNG?気をつかったつもりで失礼な日本語

「お待たせしました。レポートを提出します」調査や研究を始め、リサーチでもアンケートでも、イベントでも、確かにレポートは早くほしいもの。その提出が遅くなってしまった場合、「お待たせしました」と言われると…

いい年して「チョー暑い」とか言わないの!普段から気をつけたいNG日本語

暑中お見舞い申し上げます。連日更新される高温記録に驚いていますが、ニュースなどの街角インタビューで「超暑い」という言葉が多用されているのを耳にします。この「超」という接頭語、実は40代の教養ある女性とし…

まさか「感謝です」なんて言ってない?NG敬語の3パターン

ビジネスシーンで「まじリスペクトっす!」なんて言うのは冗談だとして、「感謝です」「ファイトです」「しばらくです」というような、敬語でも何でもない言葉を言っていませんか?中高生ならまだしも、社会に出た人…

「助かります」は実は失礼?軽率な日本語の2つのNG

最近、立場が下の方から、このような文が入ったメールが届きました。「先生のその姿勢、見習いたいな、と思いました。」私は、ちょっと違和感を覚えたのですが、私情も入るのかと思い、こっそり他の方に聞いてみたと…

まさか「行けれる」なんて言わないよね? 教養のなさが見えちゃう「れ足す言葉」って?

「れ足す言葉」という、言葉があります。「ら抜き言葉」は有名なので、ご存じの方も多いと思いますが、「れ足す言葉」とはいったいどのような言葉なのでしょうか。可能を表すのに、ついつい「れ」を入れてしまう「れ…

「やめてください」とやんわり伝えたい。どう言えば炎上しない?

「もう本当にやめてほしい」そう思っていることを敬語に直すのって大変ですよね。心情的には「止めろって言ってるでしょう!?」くらいのこともあるでしょう。今回は、そんな時の言い回しについて。みんなは「やめて…

「ご利用できます」なんて書いてない?恥ずかしい呼びかけの日本語7選

「ここは、休憩所としてご利用できます」「このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用できます」「この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用できます」そんな掲示物を、店頭や掲示板、看板などでよく目にしま…

「ご出席された」でいいの?丁寧すぎる日本語のNG

丁寧過ぎることを「馬鹿丁寧」と言いますが、時々出席する会議に、馬鹿丁寧に話をする方がいらっしゃいます。「次の議題でございます。内容に関しましてはお手元の資料にございます通りでございます。検討事項に関し…

「させていただきます」はNG!丁寧すぎて逆に無礼な敬語7選

敬語に自信のない人が、丁寧に話をしようとすると、ついつい過剰な言い方になってしまいます。言葉の初めには何でも「お」や「ご」をつけたらいい、文の最後には「れる」「られる」をつければいい、そんな感覚でいま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事