クラブママ伝授!「脱・オバ見え髪」4つのお手軽テク

いくつになっても若く、美しく見られたい――女性なら当然の気持ちでしょう。近年、美しい40代女性があふれる一方で、「ひと手間かければ、より輝けるのに」と思える残念な女性が存在することも事実。人の印象を左右するひとつが「ヘアスタイル」です。ホステスは、出勤前に必ず美容室でセットし、美しさを際立たせます。クラブママ歴10年の筆者が、美しい若見せヘアを分析してみました。

 

1・頭部ぺちゃんこに喝!ふっくらシルエットで脱オバ。

 

メイクもファッションも完璧なのに、髪のボリュームがなくて、老けて見える人――たまに見かけます。クラブのホステスが「トップに高さを出し、後頭部をふっくら盛る」ことで、「知性、高貴さ、特別感」をメッセージングするのは、以前お伝えしました。(元CA/クラブママ直伝、華やかな後頭部盛りヘア・アレンジの作り方)嬉しいことに、この「ふっくらシルエット」、接客業ではクレームも言われにくくなると評判です。

マジックカーラーを使ったひと手間で、驚くほど好印象になる盛り髪。ぜひ日々のスタイリングに取り入れてほしい「イロハのイ」です。

 

2・髪の分け目が目立つと、一気にオバ化。

加齢とともに細く、弱々しくなっていく毛髪。早い人は20代から薄毛に悩み始め、40代になると、育毛サプリや部分ウィッグでケアする率がグンとアップします。
オバ化にいっそう拍車をかけるのが「髪の分け目をきっちり」させること。ご本人はきちんと感を出しているのかもしれませんが、頭皮が目立ち、より老けた印象になってしまいます。薄毛女性の若見せには「分け目を曖昧に」が鉄則です。

 

3・傷んだ髪はカット!ミディアム・ショートで若見せモテ髪に。

艶やかなロングヘアは女性の憧れ。高級クラブでも、ホステスの約8割が華やかなロングヘアです。優雅さゴージャスさを損なわぬよう、「ショートヘア禁止」と謳う店も存在します。でも、オフィスは夜のクラブではありません。加齢に伴うパサつき、うねり、痛みがひどいようなら、思いきってカットしましょう。ミディアムやショートヘアは、はつらつとした印象や小顔効果もあり、お手入れも簡単。まとめ髪やヘアアクセサリーで変化をつければ、オフィスでもデートでも若見せモテ髪を作れるのです。

 

4・意外な盲点。「痩せたこめかみ」は、前髪・サイド髪で隠せ!

加齢とともに、こめかみ部分が痩せてくるのは、意外に知られていません。しかし、「こめかみの落ちくぼみ」が、かなり老けた印象を与えてしまうのです。美容皮膚科の医師に訊くと、「痩せたこめかみに、ヒアルロン酸を注入する」施術もあるほど。真正面から鏡を見て「痩せた」「老けた」と感じたら、こめかみを隠すヘアアレンジも取り入れてみましょう。

 

いかがでしたか?自分が思う以上に、髪がもたらす効果は絶大です。ちょっとした気遣いで、美しい秋を迎えられますよ。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク