岩井志麻子 20代それとも40代!? 女性の性欲のピークはいつなのか

五十二歳になった今、己を振り返ってみれば。やっぱり性欲が盛んだったのは二十歳~四十歳あたりだったわ。

それはずばり、妊娠と出産の適齢期だったからでしょう。適齢期という言葉に拒否感、もやもや感、反発心を抱く人達がいるのはわかるし、結婚に関していえば本心から「本人がその気になったとき」だと思う。

 

頭ではなく体が考えた

現に私は初回の結婚は二十三歳、二度目は四十三歳だった。今のところ三度目の予定はないが、八十歳で来るかもよ。そのときはドヤ顔で、今が適齢期じゃといい張る。とはいえ、妊娠と出産にはどうしようもなく自然の摂理としての適齢期がある。となれば旺盛な時期が二十歳~四十歳前後なのは、人間も動物なんだから体が欲しているのね。

今の私は、生理が上がったか上がらないか微妙なところにいる。夫が若いので性生活はあるし、性欲も完全に消えてはいないけど。まぁ、なければないでいいかもという感じ。
こんなふうになったのはやっぱり、四十代も半ばになってからだ。もう妊娠はないだろうなと、頭ではなく体が考えた。周りの同世代の友達も、大体そんな感じ。

 

40代の「性事情」とは

とはいえ個体差はあるわけで、四十を超えるとやってる人とやってない人がくっきり分かれる。やってる派はしかし体がうずくというより、自分はまだ女よ、という自己確認や
承認欲求から来てる、つまり頭で性欲を恋愛として処理しているみたいだわ。

といって、やらない派が色恋沙汰そのものから遠ざかっているわけでもない。夫婦セックスレスだけど円満で別のステージに上がっていたり、彼氏ができたけどエッチはまだよ、
なんて高校生みたいなこといってイチャイチャを楽しんでいる四十路もいる。

 

四十路からこそ楽しめること

前にも書いたけど、生理があがると女でなくなると焦って、ホルモン剤で無理に出血だけ起こしてと病院に行く人がいるそうだ。それで精神が安定するならいいけど、私は完全
に上がってもそんな処方は要らないし、女でなくなったなんて萎縮も自虐もない。

動物的な性欲に悶々と苦しんだ若い季節、もう女として終わりかと苛ついてとにかくセックスの回数と相手だけはキープしなきゃとがっついた四十半ば、それらの時期を過ぎて
欲望がマイルドになった今は、映画や小説に心底ときめいて楽しんで噛みしめられる。

AVではなく上質の恋愛映画、官能小説の傑作に興奮できるのは四十路からよ。

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

岩井志麻子の最新記事

LIFESTYLEに関する最新記事