ダメ、ゼッタイ! 40代がプチプラで買ってはいけない痛アイテム5選

スポンサーリンク

そろそろ秋のトレンドアイテムが出揃い、買い物熱も上がる頃。エフォートレスなトレンドがひと段落して、この秋冬はデコラティブなものが流行の予感です。プチプラブランドも年々進化して、素材もデザインもお値段以上に質の高いものが登場しています。しかし40代女性が着ると痛く見えてしまうトレンドアイテムがあるのも事実。今回は、そんなトレンドでも避けるべき残念プチプラアイテムをご紹介します!

 

痛見えアイテム①クラッシュベロア

いろんな方向に毛が寝ていて、光を反射するクラッシュベロアは、通常のベロア素材よりも光沢感が派手に出てしまい、大人が着るにはカジュアルでチープな印象に。特にピンクやマスタード、グリーンなどのカラーものは素材が悪目立ちしてしまうのでNG。さらに今期はレトロな花柄のベロアも出ていますが、おばあちゃん感が出てしまい老け見えは確実。上品な光沢感の落ち着いたカラーのベロアなら高見えするので、選ぶならこちらがおすすめです。

 

痛見えアイテム②冬素材ビスチェ&キャミ

レイヤードが流行る今期、ニット素材やフェザー、ベロアを使ったビスチェやキャミソールが人気の予感。しかし、いくら重ね着していて露出がないとは言っても、バストやウエストを強調する着こなしは、40代には痛く見えてしまう可能性が大。トップスをレイヤードしたい場合は、透け感のあるレースのキャミソールを同色のインナーに合わせるか、ロング丈のワンピタイプを重ねれば、下着感も少なくなり大人にもOKです。

 

痛見えアイテム③花柄アイテム

プチプラブランドバレしやすいのが、特徴のあるプリントアイテム。まだボーダーやドットであれば一見してわかるものではありませんが、とにかく印象に残りやすい花柄は目立ちます。割り切って可愛さを楽しみつつ、部屋着かワンマイルウエアにするというのであればいいのですが、外出着にするには少し痛いアイテムになってしまうかも。そもそも40代の花柄は、セレクトや着こなしが難しいもの。おしゃれに自信がある人でも失敗しがちなので、避けたほうが無難です。

 

痛見えアイテム④エコファー

エコレザーはプチプラでも一見わからないくらいに質が上がっていますが、まだまだものによっては安見え感が拭えないのがエコファー。特に、カーデのポケット部分、袖部分だけ使われていたりする部分ファーものは、チープ感が目立ちます。面積の広いアウターや、ベストなども着こなしが難しく、毛足が長い分ボリュームが出て太って見えてしまうことが多いので、40代女性の落とし穴になりそうなアイテムです。

 

痛見えアイテム⑤ローゲージニット

プチプラでも着心地がよく、シルエットもキレイなものが増えたハイゲージニットはもはや40代でも定番のアイテムですが、まだまだローゲージニットは改良の余地がありそう。着心地が悪かったり、シルエットがいまひとつだったり、糸の始末が美しくなかったりと、糸も編み方も大きい分アラが目立つのが難点。さらに洗濯して縮んでしまったりといったトラブルもあるので、ローゲージニットは高めのものを選んで毎回クリーニングに出すのがおすすめです。

 

いかがだったでしょうか。トレンドの移り変わりの早いファッション。プチプラを活用するが当たり前の今だからこそ、上手に選んで「痛く見えない」大人の着こなしを実現したいもの。安いからってプチプラブランドでトレンドアイテムをまとめ買いしても、着なければお金の無駄です。お金をかけるべきところと、かけないところのメリハリをきちんとつけて、賢くおしゃれを楽しんでください。

ファッション・読み物ライター

松本小夜香

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

松本小夜香の最新記事

FASHIONに関する最新記事