ダメ、ゼッタイ! 40代がプチプラで買ってはいけない痛アイテム5選

スポンサーリンク

そろそろ秋のトレンドアイテムが出揃い、買い物熱も上がる頃。エフォートレスなトレンドがひと段落して、この秋冬はデコラティブなものが流行の予感です。プチプラブランドも年々進化して、素材もデザインもお値段以上に質の高いものが登場しています。しかし40代女性が着ると痛く見えてしまうトレンドアイテムがあるのも事実。今回は、そんなトレンドでも避けるべき残念プチプラアイテムをご紹介します!

 

痛見えアイテム①クラッシュベロア

いろんな方向に毛が寝ていて、光を反射するクラッシュベロアは、通常のベロア素材よりも光沢感が派手に出てしまい、大人が着るにはカジュアルでチープな印象に。特にピンクやマスタード、グリーンなどのカラーものは素材が悪目立ちしてしまうのでNG。さらに今期はレトロな花柄のベロアも出ていますが、おばあちゃん感が出てしまい老け見えは確実。上品な光沢感の落ち着いたカラーのベロアなら高見えするので、選ぶならこちらがおすすめです。

 

痛見えアイテム②冬素材ビスチェ&キャミ

レイヤードが流行る今期、ニット素材やフェザー、ベロアを使ったビスチェやキャミソールが人気の予感。しかし、いくら重ね着していて露出がないとは言っても、バストやウエストを強調する着こなしは、40代には痛く見えてしまう可能性が大。トップスをレイヤードしたい場合は、透け感のあるレースのキャミソールを同色のインナーに合わせるか、ロング丈のワンピタイプを重ねれば、下着感も少なくなり大人にもOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事