年収1,500万でも「貧乏」?1億のお金持ちが絶対にしないたった1つのこと(前編)

日本大学では、恋愛もせず、合コンもせず、旅行にも行かず、サークルも入らず、単位ばかり追い続け、取る単位がなくなって、公務員試験の勉強を始め、試験前の2ヶ月は誰とも合わずに一日13時間勉強して、たくさん合格して、東京国税局に入り、2年で辞めて、吉本興業で芸人になりました。

親しい先輩はぼくのことを「愚か者」と呼びます。さんきゅう倉田です。

 

どのくらいから「お金持ち」なのか?

毎週、たくさんの人と出会います。芸人とも会うし、上場している会社の社員さんや中小企業のおじさん社長、ベンチャーの年下の社長、吹けば飛ぶような会社の従業員、アルバイトの学生とも会います。

信頼してる人からの紹介なら誰とでも会うので、名刺もあっという間になくなります。出会う人の中の、3割くらいがお金持ちです。どのくらいの人を「お金持ち」と定義するかは、諸説あります(自分の中で)。

大卒の平均年収が700万円なので、30代前半で独身で年収1,000万円を超えていれば、「お金持ってるなあ」と思います。

 

40代前半で家族がいて1,000万円なら、東京では余裕のある生活を送れない。

2,000万円くらいもらっていても、気持ちに余裕がなければ、「お金持ちだな」とは思いません。役員で年収が5,000万円とか1億円なら、誰が見ても「お金持ち」かもしれません。

次のページへ▶▶年収1,500万のおじさんでも「貧乏」?1億のお金持ちが絶対にしないたった1つのこと(後編)

 

佐々木千絵さん&編集部井一が「驚きのあまり自腹でリピ中」
オーダーメイド調合なのに「現実的価格」なサプリの衝撃事実
こちらから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク