経済的に自立したキレイな人だったのにどうして!? 彼女がはまってしまった〝結婚〟からの【逃げ道あるある】とは?

2023.11.18 LOVE

経済的に自立した大人の女性にありがちな「逃げ道」

shutterstock.com

37歳のⅭ美さんは、外資系IT企業に勤めるバイリンガルの女性。女優の井川遥さんに雰囲気が似ています。

C美さんは35歳の頃から約2年間、既婚者である会社の上司と不倫の関係にありました。上司とお付き合いはしているものの、「結婚する」という将来は想定していません。むしろ、「結婚」から逃れるために既婚者とつきあっていたようなものだったのです。

井川遥さんに雰囲気が似ているくらいですから、Ⅽ美さんは、男性にモテる女性です。本人も「結婚しようと思えば相手はいるだろう」と思っていました。

30歳を過ぎたあたりから、結婚のことが頭をよぎることはありましたが、仕事はおもしろいし、責任も重くなってきます。

「いずれは結婚をして子どもを産みたい」という気持ちはあるものの、結婚には責任が伴いますし、子どもが産まれたら自由な時間は激減してしまいます。そんな理由をつけて、C美さんは結婚へ向かうことから避けていました。

とはいえ、彼氏がいない毎日はさみしい。そんなC美さんが選んだのが、不倫という関係でした。

相手が既婚者なら、当然結婚の話は出ません。独身のⅭ美さんの時間を奪っているという罪悪感があるのか、既婚者の彼は、一緒にいるときはⅭ美さんに優しく接してくれます。C美さんの話も聞いてくれるし、「このレストランに行ってみたい」と言えば彼はいつも席を予約してくれて、彼女に支払いをさせることはありません。

経済的に自立した大人の女性には、じつはC美さんのようなケースはよくありがち。将来のことを深く考えることなく、気楽に恋愛を楽しめる(ように思える)不倫は、結婚という重荷を背負いたくない女性にとって「ちょうどいい逃げ道」なのです。

 

 

「ブスになったんじゃない?」という言葉にショック

shutterstock.com

そんなC美さんが、「このままではいけない」と思ったのは、意外なことがきっかけでした。
あるとき、ひとり暮らしをしていた部屋に久しぶりに母親が遊びに来たときのこと。

「C美ちゃん、どうしたの? あんなにきれいだったのに、なんだかブスになったんじゃない?」と言ったのだそうです。

母親の遠慮のない言葉。

その言葉にショックを受けたものの、C美さんにも思い当たるところはありました。不倫相手との関係に身をゆだねていた2年間で、C美さんは5キロも体重が増えていたのです。どこかに罪悪感もあったし、先がないことは分かっていたので、情緒不安定になりやすい自分に気づいていました。体重が増えただけでなく、そんな心の状態が顔に出ていたのかもしれません。

「このままラクなほうへ流されていていいのだろうか」と自問したC美さんは、不倫相手ときっぱり別れる決意をします。

そして、「やっぱり結婚したい!」と私のところを訪れました。

 

つづき▶結婚するために行うといい「セルフケア方法」とは? 一見無関係なようで実は効果的なケア法を解説_こちらから読む

 

 

【編集部より】
あなたの恋、不倫、離婚のお話を教えていただけませんか? OK!という方はこちらから

 

『アラフォー・アラフィフ専門婚活カウンセラーが教える
結局、理想を下げない女が選ばれる』
(伊藤友美 著 / フォレスト出版)

 

AMAZONはこちら

▶ 電子書籍はこちらから

楽天ブックスはこちら

1 2

【編集部からアンケート】 よりよいページづくりのために、
「あなたのこと」をお聞かせください!

▶ご協力くださる方はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク