「一等地の地主」って、普段は何してるの? 富裕層の驚きの暮らしとは(前編)

公務員試験を受けて、受かった中から国税局を選んで、税務調査などをして退職し、芸人になりました。さんきゅう倉田です。

 

「どうして芸人になったの?」「まったく逆の職種ですよね」などと頻繁に言われます。なぜ、ぼくは芸人になったんでしょうか。

 

仕事は面白いほうがいいからです。

 

面白い仕事からより面白い仕事へ転職しました。今は、毎日面白いです。芸人になってから出会った人の話は、ぼくの財産です。例えば、こんなお金持ちとも出会いました。

 

合コンで「3万置いて先に帰る」女性の素性に迫る

合コンで出会った女性とその後も何度か食事を共にしました。彼女は、合コンで「先に帰る」と言って3万円を置いていくような人間です。その素性がとても気になりました。

 

ただ、仕事を聞いてもよくわかりません。

 

昔からあるチェーンのドーナツ屋の店長をしているそうですが、それでそんなに裕福になれるとは思えません(ドーナツ屋さんの方、すみません)。どうやら、経営者、かつ、店長のようです。

 

ただ、コンビニのフランチャイジーだって、経営者、かつ、店長です。みんな、手数料や24時間経営、値引きの禁止で四苦八苦していて、裕福なイメージはありません。

 

じつは彼女は、ドーナツ屋で大きく利益を上げているわけではなく、直系尊属の資産が膨大なために裕福なのでした。

次のページへ▶▶「一等地の地主」って、普段は何してるの? 富裕層の驚きの生態とは(後編)

 

 

続きを読む

【編集部からアンケート】 よりよいページづくりのために、
「あなたのこと」をお聞かせください!

▶ご協力くださる方はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク