これやるとオバサン認定!40代がやりがちな痛いまつ毛3大メイク(前編)

まつ毛のせいでおばさんぽさが加速してしまっている女性、たまにいらっしゃいます。

時短で華やかな顔を演出しようとすれば、まつ毛のパーツメイクは手っ取り早い方法ではあるけれど……。かえっておばさんぽさを出しているなんて、とってももったいない!

「まつ毛のせいでおば見えなんて、絶対に避けたいわ」と肝に銘じている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代をすこぶるおばさんぽく見せてしまうまつ毛メイクの3大NGをお話していきます。

 

1:つけまつ毛

マスカラを塗る手間もなくマツエクサロンに行く必要もないので、“つけまつ毛”は時短で目元を華やかにする救世主的な存在。

しかし、バサバサの人工毛をまぶたにくっつけているだけで、“痛々しさ”や“やりすぎ感”が出やすく、本人の満足とはウラハラに一気におば見えが加速!です。

エイジングが出始めている肌にバサバサまつ毛を加えてしまうと、悪目立ちしかせず、滑稽な印象を与えやすいのです。

40代がつけまつ毛に頼るなら、ぜひ自然なデザインを選んで。

日常生活でつけまつ毛を使う40代はそこまで多くはないものの、結婚式などの華やかメイクでは、写真映えを狙って盛り盛りのデザインをセレクトしがちなのでご注意を。

次ページ▶▶まつげのせいで老けて見えるなんて…。こんなまつ毛も要チェック

 

続きを読む

【編集部からアンケート】 よりよいページづくりのために、
「あなたのこと」をお聞かせください!

▶ご協力くださる方はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク