結婚しているorいないに関わらず、最後はおひとりさま!? 【知って得するマネーの知識vol.1】

“おひとりさま“というと、シングル女性というイメージが強いと思いますが、平均寿命が長い女性は、結婚している、していないに関わらず、最後おひとりさまの可能性大なのです。老後もひとりで生きる可能性が高い女性こそ、最後まで人生を謳歌できるようにマネープランをしっかり立てておくことが大切!ハッピーライフを送れるためのマネーの知識をアラフォーFPの高山一惠がお伝えしていきます! 

未婚、既婚を問わず、最期はおひとりさま

old and alone woman in a park in a summer day

“おひとりさま“というと、シングルをイメージする人が多いと思いますが、おひとりさまになる可能性はシングルだけではありません。現在、パートナーがいる人だって再びおひとりさまになる可能性は大いにあります。

これにはいくつかの理由があります。ひとつは離婚率の高さ。今や3人に1人が離婚する時代。いったん結婚しても残念ながらパートナーと別れる可能性は決して低くありません。

そして、一番大きな理由は「女性の方が男性よりも平均寿命が長い」ということ。日本人の平均寿命は男性80.79歳、女性が87.05歳。平均寿命でみてみても、女性は最期の7年間を1人で過ごさなければならないということです。イマドキは、年下の彼との結婚も増えてきていますが、男性の方が年上というパターンの方がまだまだ多いもの。男性が年上の場合には、さらにおひとりさま期間が長くなります。そう、未婚、既婚を問わず女性は最期おひとりさまになる可能性大!なのです。

 

おひとりさまで暮らすためのマインドと知恵を身につける

木のテーブルとボールペン

つまり、未婚、既婚を問わず、女性こそ、おひとりさまで暮らすための「マインド」と「知恵」を身につけておく必要があるというわけです。

最初からおひとりさまの場合には、少なからず、おひとさまマインドは備わっているかもしれませんが、夫に頼りきりだったのに、急に老後になっておひとりさまになってしまったという場合、すぐに自立できるものではありませんよね。ならば、今のうちからしっかりと、できるだけ将来を見越して、散り際まで自分らしく楽しく暮らせるようにしていきましょう。そのために欠かせないアイテムが「お金の知識」。今まで多くの女性のマネー相談にのってきましたが、お金の知識があるかないか、そしてその知識を活用するかしないかで、その先の人生の充実度は大きく違います。

 

何にお金を使うのか、その連続が人生をつくる

Businesswoman dreaming about vacation

お金は人生を生きる上で切っても切れないもの。ならば、お金の知識はあるにこしたことはありません。とはいえ、お金の知識とひとくちにいっても、家計、保険、投資、住宅、年金、相続など、実にさまざま。これからアラフォーのみなさんにお役立ちなお金の情報をこの連載でバリバリお伝えしていきます。

そして、お金は貯めることも大切ですが、それ以上に、何にお金を使うのかが大切です。

例えば、みなさんが1万円をもらった場合、何に使いますか?「バッグを買う」「おいしい物を食べにいく」「エステにいく」など使い方はひとそれぞれでしょう。まさに、この何にお金を使ってきたかの積み重ねがその人の人生を作っていくのです。

ですから、ただ単にお金を貯める、増やすということではなく、充実した人生を送るにはお金の使い方をぜひ意識してほしいわけです。お金の使い方についてのエッセンスも随時お伝えしていきますね。人生をおもいっきり謳歌していきましょう!

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

めんどくさがりズボラ女子でも、1年で貯金100万を達成できる3カ条

お金が貯まらない。でも細かく予算を立てたり、家計簿をつけたりするのはめんどくさいからムリ! 性格というのは変わらないもので、めんどくさがり人間がマメな人間になる…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

もらってないなら損するお金。知っておきたい「実はもらえる」3つの給付

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。毎年少しずつ社会保険料はアップし、来年の10月から消費税は10%になることが決定…と、収入が伸びない割に出費ばかりが増える印象で暗い気持ちに…

実は損している?銀行でよく見かける「お得っぽい」セットの真偽

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。銀行の預金にお金を預けていても全く増えないし、かといっていきなり投資はハードルが高いという人は多いと思いますが、そんな人にとって魅力的…

iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!

40代になると、そろそろ老後が気になるお年頃。老後に向けてお金を増やさなくてはと思いつつも、投資は元本割れのリスクもあるしイマイチ気乗りしない…という人も少なくないことでしょう。そんなあなたにオススメな…

ボーナスどこに預けるのがベスト?「安全で賢い貯め方」3つの知識

夏のボーナスが支給されるシーズンとなりましたね。ボーナスがでたら、あれもこれも買おう!と、ボーナスを待ちに待っている人も少なくないことでしょう。自分へのご褒美も良いけれど、将来に向けてお金を貯めたり、…

40代シングル女性が「買ってはいけない」マンションとは

40代になり一生独身かも…と思うと、「家でも買っておこう」とばかりに、マンション購入を考える人も少なくないと思いますが、マンションを購入する時に資産価値や生活の利便性などをきちんと考えて買わないと、家が…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

普通預金の金利は0.001%…。超低金利時代のお得な預け先とは

依然続く超低金利の銀行預金。大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%となっており、100万円を1年間預けても1年後の利息は10円(税引前)と雀の涙程度…。普通預金だけにお金を預けていても全くお金は増えません。かと…

「無駄遣いをしてないのに貯金できない」人のザル財布とは

私のところには、「特に無駄遣いをしているわけではないのに、お金が貯まらない…」という40代高収入シングル女性からの相談が少なくありません。高収入なのに「貯まらない」のはなぜなのか。40代高年収女性の消費行…

もしかしてうちも「モラハラ夫」…?気づいたときまずすべきお金の注意点

少し前、芸能人の三船美佳さんと高橋ジョージさん元夫妻の離婚で話題になった「モラハラ」。モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略で、精神的暴力、精神的虐待のことです。加害者は、態度や言葉によるいやがら…

40代独身OL、結婚したい一心でついコレに依存してしまった結末は?

簡単にお金が借りられることから年々キャッシングを利用する人が増えているようですが、ひとたび、返済が滞ってしまうと大変な事態になります。今回は、40代の独身派遣OL、R子さんの例をとりあげ、キャッシングの落…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事