パフっていつ交換すればいい?40代の美肌を作る選び方3大ポイント

時短かつ美しいベースメイクを仕上げるには、お道具づかいもカギに!

ナチュラルに手で仕上げるベースメイクは時間をかければ美しいけれど、忙しい朝に「時短」で仕上げようと思うと、ムラが出やすくなります。

「いつものベースメイクを、もう少し時短できたら……」と思っている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、ベースメイクを30秒で終わらせるには欠かせない、パフ選びのポイントについてお話していきます。

 

ポイント1:弾力

 

ベースメイクを時短で仕上げるには、パフの弾力が隠れたカギです。

弾力がなさすぎるパフだと力が入ってしまいやすく、ベタッとしたベースに仕上がってしまうことが。

また、ふわふわしたパフも肌触りは最高なものの、短い時間でベースメイクを整えるには力加減の微妙な強弱が肌に伝わりやすいことから、時短メイクではムラになりやすく不向きです。

ちょっとくらい力加減が乱れても均一に仕上げるには、ある程度は弾力があるパフを選ぶのが正解。

指で押したあとに瞬時に戻るくらいの硬さがあるパフを選ぶと、短時間でベースを仕上げやすくなります。

 

ポイント2:形

 

四角形から三角形、丸に楕円形に立法体……など「パフ」とひと口に言っても色々な形状がありますが、時短かつテク要らずにベースを仕上げるなら、ベーシックな“平たい卵型のパフ”が便利です。

私は、パフの細くなった先端を小鼻の周りや目元などの細かい部分に、広めの部分は手早く全体に均一塗りを……と使っていて、「ベーシックな卵型こそ、短時間でベースを塗り終えるには最適の形」という結論に達しました。

頬やおでこなど広めのパーツに短時間でファンデ類を塗るには、やはり広い面がある形状がもっとも手軽なのです。

丁寧に“とっておき”のメイクをするときには、いろんな形状のパフを使い分けたほうがキレイな仕上がりになるものの、“普段のメイク”で「時短かつキレイ」のバランスが一番とりやすいのが、この形でした。

 

ポイント3:撥水加工の有無

 

やや重めテクスチャーのファンデーションだろうが時短メイクの強い味方のBBクリームだろうが、パフを使って時短でベースを仕上げるには“撥水加工”が最大のカギ!

私は、日頃のメイクではBBクリームを愛用中なのですが、パフにクリームが浸透してしまうと、顔に塗るときにムラが生じやすく意外と手間取ります。

しかし、ファンデ類がしみ込まないように工夫されている撥水加工のパフなら、ファンデ類の量も少なく済むうえに、一度に全体に塗りやすいメリットがあるのです。

使っていくうちのパフの汚れも、撥水加工がされているパフだと簡単に洗えますので、お手入れも時短に。

ここ3年以上、撥水加工のないパフは使えなくなったほど愛用中です。

 

そんな私が3年間愛用している溺愛パフは……

そんな私がここ3年ほど愛用中のパフは、美水晶の『スムースプロフェッショナルパフ』。

平たい卵型の形状が使いやすいのはもちろんのことなのですが、パフが染み込むにくいうえに、“簡単に洗えて簡単に乾く素材”でできているところがお気に入りの理由です。

画像は、右下のパフが現在使っているもので、左上のものはストック用の新品。常に、2-3個はストックを用意しておくほどの溺愛っぷりなのです(笑)。

現在愛用中のパフはすでに3ヶ月以上と長く使っているものですが、2週間に1回程度洗って使い続けていても、まったくくたびれてこないので、コスパの面でも優秀です。

納得できるパフを探し求めていた私が「コレだっ!」と唸った名品パフとして、ドレッサーに殿堂入りしています。

このパフを使うようになってから、ベースメイクでファンデ類を塗る時間がわずか30秒程度になりました。

 

時短でベースメイクを整えるには、お道具選びも重要に。

「パフを使っているけれど、なんだかヨレる」と思っていらっしゃった女性は、ぜひ時短美容を意識したポイントでお気に入りのパフを見つけてみてください。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選

きちんとメイクをしている女性でも「なんだか、オバサンくさい」「あの人って、生活感のあるオバサンにしか見えないよね」などとざんねんな印象を周囲に与えていることも、しばしば。せっかくメイクをするならば、40…

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

BEAUTYに関する最新記事