パフっていつ交換すればいい?40代の美肌を作る選び方3大ポイント

時短かつ美しいベースメイクを仕上げるには、お道具づかいもカギに!

ナチュラルに手で仕上げるベースメイクは時間をかければ美しいけれど、忙しい朝に「時短」で仕上げようと思うと、ムラが出やすくなります。

「いつものベースメイクを、もう少し時短できたら……」と思っている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、ベースメイクを30秒で終わらせるには欠かせない、パフ選びのポイントについてお話していきます。

 

ポイント1:弾力

 

ベースメイクを時短で仕上げるには、パフの弾力が隠れたカギです。

弾力がなさすぎるパフだと力が入ってしまいやすく、ベタッとしたベースに仕上がってしまうことが。

また、ふわふわしたパフも肌触りは最高なものの、短い時間でベースメイクを整えるには力加減の微妙な強弱が肌に伝わりやすいことから、時短メイクではムラになりやすく不向きです。

ちょっとくらい力加減が乱れても均一に仕上げるには、ある程度は弾力があるパフを選ぶのが正解。

指で押したあとに瞬時に戻るくらいの硬さがあるパフを選ぶと、短時間でベースを仕上げやすくなります。

 

ポイント2:形

 

四角形から三角形、丸に楕円形に立法体……など「パフ」とひと口に言っても色々な形状がありますが、時短かつテク要らずにベースを仕上げるなら、ベーシックな“平たい卵型のパフ”が便利です。

私は、パフの細くなった先端を小鼻の周りや目元などの細かい部分に、広めの部分は手早く全体に均一塗りを……と使っていて、「ベーシックな卵型こそ、短時間でベースを塗り終えるには最適の形」という結論に達しました。

頬やおでこなど広めのパーツに短時間でファンデ類を塗るには、やはり広い面がある形状がもっとも手軽なのです。

丁寧に“とっておき”のメイクをするときには、いろんな形状のパフを使い分けたほうがキレイな仕上がりになるものの、“普段のメイク”で「時短かつキレイ」のバランスが一番とりやすいのが、この形でした。

 

ポイント3:撥水加工の有無

 

やや重めテクスチャーのファンデーションだろうが時短メイクの強い味方のBBクリームだろうが、パフを使って時短でベースを仕上げるには“撥水加工”が最大のカギ!

私は、日頃のメイクではBBクリームを愛用中なのですが、パフにクリームが浸透してしまうと、顔に塗るときにムラが生じやすく意外と手間取ります。

しかし、ファンデ類がしみ込まないように工夫されている撥水加工のパフなら、ファンデ類の量も少なく済むうえに、一度に全体に塗りやすいメリットがあるのです。

使っていくうちのパフの汚れも、撥水加工がされているパフだと簡単に洗えますので、お手入れも時短に。

ここ3年以上、撥水加工のないパフは使えなくなったほど愛用中です。

 

そんな私が3年間愛用している溺愛パフは……

そんな私がここ3年ほど愛用中のパフは、美水晶の『スムースプロフェッショナルパフ』。

平たい卵型の形状が使いやすいのはもちろんのことなのですが、パフが染み込むにくいうえに、“簡単に洗えて簡単に乾く素材”でできているところがお気に入りの理由です。

画像は、右下のパフが現在使っているもので、左上のものはストック用の新品。常に、2-3個はストックを用意しておくほどの溺愛っぷりなのです(笑)。

現在愛用中のパフはすでに3ヶ月以上と長く使っているものですが、2週間に1回程度洗って使い続けていても、まったくくたびれてこないので、コスパの面でも優秀です。

納得できるパフを探し求めていた私が「コレだっ!」と唸った名品パフとして、ドレッサーに殿堂入りしています。

このパフを使うようになってから、ベースメイクでファンデ類を塗る時間がわずか30秒程度になりました。

 

時短でベースメイクを整えるには、お道具選びも重要に。

「パフを使っているけれど、なんだかヨレる」と思っていらっしゃった女性は、ぜひ時短美容を意識したポイントでお気に入りのパフを見つけてみてください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

モテる40代女性ほど送ってる!男が「お。いいね」と好感を抱くLINEの共通点3選

LINEを使ったコミュニケーションは、もはやプライベートな会話にとどまらず、ビジネスの連絡にまで広がっている昨今。気になっている異性からの「お。いいね」を得るには、LINE上手になっておくことも不可欠と言って…

繊細すぎる…? 男性がひっそり扱いに困っている「ナイーブな40代女性」のLINE3選

「この人、扱いにくい」と男性に感じさせるのは、婚活中の40代女性ほど、得策ではありません。しかし残念ながらも、ちょっとしたLINEのせいで、不用意な扱いにくさを醸し出してしまっているパターンもあるから、コミ…

高価な美容液より効く!? たるみ対策にはコレが必須【特集オトナのたるみケア】

今月のOTONA SALONE執筆陣による特集は「おとなのたるみケア」とのことで、時短美容家として活動をしている私からは、まずは“顔のたるみ”に効果を感じている方法をみなさんにお話します。「顔のたるみ」は気づかぬう…

気づけばおばさん! 40代女性の「老け見えメイク」うっかり秋にやりがちな3選

秋の気配が、日ごとに深まってきている今日この頃。メイクでも、先月までより“秋っぽさ”を意識している40代女性は、少なくないことと思います。ところが、この時期に、実はやりがちなおばさん見えするメイクの罠も!…

塗るだけでうっかりオバサン?40代は「避けたほうが賢明」な2018秋トレンドコスメ3選

2018年秋を迎え、今季のコスメも、そろそろ出揃ってきた頃合い。百貨店やドラッグストアに出向き、秋仕様のコスメにアップデートを計画中な40代女性も多いタイミングになりました。今年は、くすみカラーの当たり年に…

男はドン引き…「薄っぺらいオバサン」に認定される40代女性の痛いLINE3例

ちょっとしたやりとりによって「この人、薄っぺらい人だなぁ」と思われるのは、40代女性にとっては避けたい事態。しかしまだ相手の“人となり”がよくわからないうちには、なにげないやりとりから、相手の性分をつかも…

40代が「5歳若見え」するカギはシャンプーだった!時短美容家が試したヘアケアは

40代になってから、これまでとは手触りや見た目が変わった髪に違和感と年齢を感じつつも「どうにかならないものか……」と、対処法を模索している女性は少なくないはず。かくいう私も、くせ毛による広がりやパサつき、…

[PR]

今すぐ捨てて…! 40代女性をオバ見えさせる「2018秋のNGコスメリスト」

夏から秋にシフトしつつある今の時期は、“コスメの衣替え”にも、ぼちぼち手をつけたい頃合い。季節の変わり目には、直前の流行メイクをしているだけで古臭い顔にも見えやすいことから「ダサいオバサン!」なんて不名…

カフェデート中の40代、気づけば「この人オバサン…?」と思われがちな行動3例

まだお付き合いに至るのか、至らないで終わってしまうのかを探り合っている段階でのデートでは、相手の“人となり”を、些細な情報からジャッジしようとする男性も少なくありません。遠出に至る前の定番デートと言えば…

メシマズより厄介…? 男がゲンナリする「40代女性の手料理」にまつわるダメ事例3選

親密な関係になった男性に、手料理を振る舞うのは「男の胃袋を掴む」的な側面の恋愛テクニックとしても王道です。味覚が合うカップルは、まさに“胃袋を掴まれた”かのように、長続きしやすいとも言われます。そんな効…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事