40代女性が結婚相手と出会う場所、学生時代?仕事?紹介?趣味?徹底検証!

OTONA SALONEの人気連載「40代編集長の婚活記」。 第55話では、結婚相手との出会いの場について編集長アサミが考察しています。この「アサミ調べ」本当に合っているのか?ということで、OTONA SALONEの会員制コミュニティサイト「OTONA SALONE倶楽部」で聞いてみました。

 

学生時代・仕事・紹介・趣味。

今回は第55話で候補にあがった4つの選択肢に加えて以下の6つで聞いてみました。

  • 「学生時代」に出会った
  • 「会社や仕事」で出会った
  • 「紹介」で出会った
  • 「趣味」で出会った
  • 「上記以外の場所」で出会った
  • ☆募集中☆

結果はこちら。

40代女性が結婚相手と出会う場所調査

OTONA SALONE倶楽部2017年9月調べ(n=31)

 

出会いの場所としては「どれもアリ」といったところでしょうか。拮抗する結果となりましたが、編集長のこの考察、

二の足を踏んでいた「知人からの紹介」は、40代女性が結婚相手と出会う確率が高い場所なのではないか。

この仮説は概ね正しいのかもしれません。

OTONA SALONE倶楽部に寄せられたご意見を、編集長アサミの味わいコメントとあわせてまとめてどうぞ!

 

「紹介で出会った」編

今の彼は、今ちょっぴり話題の「寺コン」で出会いました。いわゆる婚活の場です。
お寺、結構おすすめですw
前の彼は、趣味の場での出会いでした。
なので、会社、職場や紹介で出会えてたのって、30代前半くらいまでだったかなぁ。。。(遠い目)

(万里子さん)

 

join us というアプリで出会いました。

(rmdctさん)

 

上司宅のホームパーティーで出会いました。
絶対年上じゃなきゃダメ!と思っていたのにお酒の力か話が弾み付き合うことに。
上司には足を向けて寝られません!

(サラマユさん)

 

旦那←大学生、あたし←OL の時に、旦那の友達&あたしの友達が幹事の合コン(それも、クリスマスイブ!)で出会いました。

(MIKAさん)

 

今回、合コン、アプリ、街コン、知り合いのホームパーティーなどは、知人や業者を介した広義の「紹介」としました。そう考えると、「紹介」ひとつとってもいろいろな方法がありますね!

 

「会社や仕事で出会った」編

二年後輩で入社してきました。

(ぼぼちゃさん)

 

会社に来ていた営業マンさんでした。
あー 懐かしい。
たまに来るとなんて素敵な方だとドキドキしていました。

(まーさん)

 

素敵ですね!
たまに来るとドキドキ。。。
そういう会社員生活をしてみたかったです。

(編集長アサミ)

 

「学生時代に出会った」編

出会ったのは学生時代。
卒業してから友達と海へ行ったのをきっかけに付き合いました。
今となっては懐かしい思い出です(^^)

(つよみさん)

 

サークルの先輩、後輩。

(ユキアさん)

 

大学の同級生です!

(ミルメイさん)

 

留学先で出会った

(細井ひろ子さん)

 

大学の同じサークル!

(、紫音さん)

 

個人的に憧れのパターンです♥
私は高校生の頃、大学生で運命の人と出会うのかもと思ってました(笑)

(編集長アサミ)

 

同級生でした(^_^;)
通学の電車で同じ車両に乗ってる人だ・・・なんて思ってたのが始まりです。

(うささん)

 

少女マンガみたい!!!

(編集長アサミ)

 

「趣味で出会った」編

パソコン通信時代にチャットでであいましたー。
一年間会おうといわなかったので、信頼のおける人だなーと思いました。

(うなネコさん)

 

居酒屋の店主(夫)と客(私)

(ひろこさん)

 

スポーツジムで♪

(ニク夫さん)

 

うらやましい!
ジムに10年近く通いましたが何もありませんでした!

(編集長アサミ)

 

同じスポーツで知り合いました。
卓球です。

(チョコさん)

 

なるほど、趣味ではスポーツが強いですね!

 

「その他の場所で出会った」編

最初の出会いは友達カップルがスキーに行くのを声をかけてもらって私も誘ってもらい、主人もそのメンバーの中にいたのが最初の出会いでした。
それからはみんなであそびに行ったり、友だちとしての付き合いがあり、その後、お付き合いに繋がりました。

(ふるまんさん)

 

元夫ですが、20年ほど前ネットのオフ会で知り合いました。
当時はネットはまだオタクなイメージが強くて、「出会い系」と勘違いされてネットやってる人以外には理解されにくく、説明に悩みました。

(にこさん)

 

編集長さんと一緒で、実は5年以上もう相手がいないのですが、最後の彼氏はちょっとめずらしく「同じマンション」の住人でした。
引越しの挨拶がきっかけで仲良くなって、つきあったところまではよかったのですが、その後はずるずると半同棲状態になってしまい、このまま続けていく動機もなくなりお別れ。
ケースはいろいろあるのでしょうが、どうも結婚を意識する年代での同棲はよろしくないなあと痛感した経験でした。
思えば、この人は前の彼女とも同棲だったようなので、覚悟が持てないタイプでもあったんでしょう(それでも、結婚したいと思う相手だったらちゃんと行動に出たのかなあ)。
その後、特に出会いもなければ覚悟もないままおひとりさまを続けて40代に突入。
編集長さんの婚活レポに毎週エールを送っています。
結婚するかどうかはともあれ、ちょっとときめく恋愛や、一緒にいて落ち着く相手に出会えたら、忙しい日々も楽しく過ごせそうですもの。

(スズネコさん)

 

結婚相手との出会いの場について、編集長アサミが考察した記事もあわせてぜひご覧ください。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

40代女性の何割が独女? そして5年後結婚できる確率は……!?  

女性の平均初婚年齢が年々上昇し、現在では29.4歳となっています。平均が約30歳なのですから、およそ5割のアラサー女性は独身ということ。つまり、アラサー独女はごく一般…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

なんだかツライ…。40代女性が悩む「カラダの不調」ランキング

どうも気圧の安定しない梅雨どきです。編集部女性陣にヒアリングしたところ、40代同士で食事をすると「最近腰が痛くて…」「目がかすんで見えない」「姿勢が悪いまま」とい…

40代女性、毎月の貯金額からみえた貯め方の王道は○○だった!

40代女性の平均年収は394万円、それに対して平均貯蓄額は959万円・中央値は600万円程度(平成26年総務省「全国消費実態調査」)。 仕事やライフスタイルによって貯蓄できる…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

40代独身女性と結婚した、40代の男性心理と本音を総ざらい

40歳の初婚女性と再婚して1年。現在44歳のバツイチ男性編集部員が当時の婚活を振り返る連載コラムの中から、「今年こそ婚活」と考えているアラフォー女性へのエールと男性心理をまとめました。男性がアラフォー独女…

40代女性にとって「LINEで会社休みます」はあり?なし?

利用率が既に9割に達する勢いのLINE(MMD研究所・2017年1月発表)。 そんな中でこの数年言われるようになったのが、職場への欠勤連絡をLINEで済ませるという行為。 皆さんはどう思われますか?ということで、OTONA SA…

経験者はたった2割?40代のマツエク実際やってみたらどうだった?

OTONA SALONEでも人気の時短美容家の並木まきさんは、マツエクを「メイク時間の短縮になって、まさに時短美容の救世主」と評価しています。手軽に時短美容ができる!と人気のマツエクですが、40代が取り込むときには…

40代女性にパクチー調査をしたら驚きの結果に!栽培する本格派も!

この数年、相次いでパクチー専門店ができたり、パクチーチップスチップス・パクチー醤油といった食品が発売されたりと、空前のパクチーブームが到来しています。その独特の風味が好き!という人もいれば、正直ダメ………

40代女性、毎月の貯金額からみえた貯め方の王道は○○だった!

40代女性の平均年収は394万円、それに対して平均貯蓄額は959万円・中央値は600万円程度(平成26年総務省「全国消費実態調査」)。 仕事やライフスタイルによって貯蓄できる状況は違いますが、毎月の積み重ねが老後の…

40代女性は保険にいくら使ってる?本当に役立ってる?その結果は!

保険といえば最近では働く女性向けの収入保障保険や貯蓄型の保険が注目を集めています。その一方で、保障内容について加入当初は聞いたけれど、今になってみるとどんな内容だったか憶えていない、といったケースも多…

すぐタクシーに乗る男と乗らない男、結婚するならどっち?

突然ですが、皆さんはどんなタイプの男性が好きですか?荷物の多い時や夜の移動に重宝する「タクシー」。収入や生活パターン・年齢や体力にも関係するのでしょうが、「すぐにタクシーに乗ろうとするタイプ」と「絶対…

40代女性はコンビニスイーツなら洋菓子派。では専門店で買うなら?

働くオトナ女性には自分へのプチご褒美が不可欠。仕事帰りにコンビニに立ち寄ったところ、充実したケーキ、プリンや和菓子につい手が伸びるといったケースもあるのではないでしょうか。そこで実態を調査すべく、好き…

40代女性の朝食はごはん派?パン派?その理由は年代特有の

働くオトナ女性の朝はバタバタ。朝食はついつい手抜き、場合によってはごはん抜き…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで実態を調査すべく、朝食の定番はごはん vs パンどっち?ということで、OTONA S…

40代オトナ女性はインスタ映えを気にする?気にしない?結果は…!

食欲の秋が到来です。Instagramの活躍の機会が増えている方も多いのではないでしょうか。料理をつくるとき、お店を選ぶとき、食事を食べるとき、インスタ映えを…「気にする vs 気にしない」どっち?ということで、OT…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事