白髪あり40代髪。この位置ならひっつめ髪が「粋なヘアアレンジ」に変身!

40代を迎えてから、予想外の白髪や髪のゴワつきなどに頭を抱えつつ「どんどんヘアセットにかかる時間が、増えてる……」などと、お嘆きではありませんか。

若い頃には、ドライヤーをかけるだけでも“それなり”に整ったはずなのに、年齢を重ねるとボリュームが減ったり髪ツヤがなくなったりして、“外出できる髪”になるまでに手間取る日も増えてきますよね。

「メイクと同じくらいヘアセットも時短したいけど、どうしたら?」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。

時短美容家の並木まきです。

たまにはヘアケアのお話でも……と思いまして、今回は、私が実践する“3分でできるまとめ髪”を3stepで公開していきます。

 

1:まずは、まとめやすい髪に整える

私の場合には「アラフォー」と呼ばれる年代に入ってから、髪の毛のゴワつく感覚が強くなりました。

もともとくせ毛なので、“天使の輪っか”ができるツルツルの髪質ではないものの、さらに拍車をかけるかのようにカサカサな手触りに。

いよいよ「ドライヤーだけでいざ出陣!」というわけにはいかず、けれども「時短で髪も整えたい!」のが希望なので、“まとめ髪”が重宝しています。

そこでまずは、まとめやすい髪に整えるべく、ヘアケア製品で整えます。

今、私が使っている“3種の神器”は、髪に潤いをチャージしてくれるベルーガの『ダメージリペア ヘアミルク』、フェヴリナの『クイック カモフラージュ ヘアカラーファンデ』、マトメージュの『ヘアスタイリングスティック SH』です。

ヘアミルクで髪の内側から補修を促しつつ、しっとりした肌触りに。シャンプー後も使っていますが、スタイリングの前にも使用して、まとめやすいように髪の質感を補います。

余談ですが『ダメージリペア ヘアミルク』の開発に携わった美容師さんによると、オイルでは表面にしか潤いを与えられないために、根本的なケアにはヘアミルクが適しているとのこと。

確かに、オイルよりミルクのほうが自然なしっとり感がつくれます。

 

2:シュシュなどでサイドを結び、何度かくぐらせる

シュシュやヘアゴムなど、その日によって使うまとめ髪アイテムは異なりますが、私の場合は、左右どちらかに寄せて結びます。

時短まとめ髪では、トップのボリュームを出す手間をかけないので、真後ろでまとめると“ただのひっつめ髪”に見えやすくなるのを回避。今回は、真後ろに見えて右サイドで寄せています。

耳のすぐ後ろで結んだら、そのまま髪を輪っかにしてたるみをもたせつつ、ラフにシュシュに引っかけます。

あとは、必要に応じてもう1回シュシュに巻き付ける日もあれば、そのままゆる~くまとめるだけという日も。あとは、バランスを見ながらシュシュに巻き付けた髪を適当にほぐします。

 

3:白髪を隠して前髪を整えて完成

前髪が整っているとサイドのボリューム感と相性がいいので、『ヘアスタイリングスティック SH』でしっかり固めてから、白髪が目立つパーツを『クイック カモフラージュ ヘアカラーファンデ』でカバーして完成。

今回は、写真の光の関係で白髪も見えちゃっている画像になっていますが、肉眼ではもうちょっとブラウンっぽいので目立ちません。

ここまでの所要時間、わずか2~3分という早ワザです。

ヘアサロンの帰り道のようにパーフェクトなヘアスタイルになるわけでないけれど「3分で外出希望」な日には、ヘアアイロンで髪を巻く必要もなく、重宝しているスタイルです。

 

40代の時短まとめ髪は、爽やかさと「ちゃんとしてます感」がカギに。

私は、出張や旅行先でのヘアスタイルも、最近ではずっとこんな感じにして、時短身支度を心がけています。

髪の長さにもよるけれど、まとめる位置を左右のサイドに寄せると、ただのまとめ髪が洗練された印象になるので、便利です。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

元CA・クラブママ直伝、華やかな「後頭部盛りヘア」アレンジの作り方

女性の印象を大きく左右するヘアスタイル。髪そのもののケアも大事だけれど、シルエットやボリュームも重要課題。今回は、意外に見落としがちなアノ部分に注目しました。相…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりやすい口紅もあるために、ここがちょっとした…

なんでもいいわけじゃない! 「3歳老け見え」を招く残念なチークの選び方3大ワナ

薄づきを意識してメイクをしていても、周囲から「あの人、厚化粧のオバサンって感じ!」などと思われてしまったら、すごく残念。他方、ナチュラルメイクブームが継続中だけに、デイリーメイクは「できる限り薄め」を…

男は辛辣! 20代なら可愛くとも40代だと「即座にオバ見え」な女性のNG3しぐさ

ちょっとした“しぐさ”のせいで、男性に「この女性は、かなりオバサンっぽいなぁ……」と思わせてしまうのは、婚活を意識している40代女性ほど避けたいもの。しかし時として、世間が40代女性に対して抱く感想は辛辣で、…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事