おひとりさま人生を楽しむのに不可欠なもの、不要なものを整理してみた

おひとりさま人生を過ごしていると、たまに過去のあれこれを振り返ってしまい、ちょっぴり元気がなくなる日もあるもの。「だけど人生は一度きり。楽しまなきゃ損!」。そんなふうに思えるようになったら強いですよね。笑顔でいきいきと暮らしてたら、また思いも寄らない転機が訪れるかもしれないし!?

 

ということで、”目下のおひとりさまライフ”を楽しむために不可欠なもの、不要なものについて見解を集めてみました。

 

おひとりさま人生を楽しむのに不可欠なもの

 

 これが自分の生きがい、居場所だと思える「ライフワーク」

「せっかくだからライスワーク(=食べるお金のためだけの仕事)だけじゃないことをしたい!」なんて言っていた友人もいましたが、自由になる時間もあり、冒険できる身軽な身分だからこそ、情熱や意欲をもって取り組めることがあると理想ですよね。

 

それが収入にも繋がれば最高ですが、別にお金にならなくても、そういう対象や居場所があるだけで大きな充実感につながるもの。「これは私のライフワーク」と思えることなら、仕事でも、仕事以外でもOK!

 

 家事能力、事務能力

楽しむためには、生活の基盤も重要。とはいえ、面倒なアレコレもすべて自分でやらなければならないのが、おひとりさま人生。家事全般やお金の管理、保険に税金、公的な事務手続き……等々。でもこれらを難なく自分でこなせるならば、当面、暮らしていく上での不安はなくなりますよね。

 

ネットで情報は集められる時代ですし、余裕があれば、お金を払ってサービスに任せてしまうのもひとつ。心配な方は、行政書士さんや弁護士さん、ファイナンシャルプランナーさんなど、信頼できる相談相手を見つけておくと、より安心して人生を楽しめるかも!

 

 

 「私は私でいい」という自己肯定感

年齢を重ねると、その分、後悔も増える。でも、そのせいで自分や自分の人生をどんどん嫌いになって、楽しめなくなる…なんてことは絶対に避けたいもの。色々あってもここまで頑張ってきた自分や自分らしさを肯定する気持ちは、絶対に持っておきたいところです。

 

ここまで来たら、過去や周りを気にして悲しんだり、先々を考えすぎて不安になったりするのは、人生の「時間」がもったいないかも。誰がなんと言おうと、自分自身が悪くない人生だと思えるなら、それが一番ですよね。過去や未来ではなく「今」を楽しむ力を持って、残りの人生を大事に過ごしていきたいものです!

 

おひとりさま人生を楽しむのに不要なもの

 消耗するだけの異性関係

大人になると、恋愛は”絶対”の存在ではなくなるもの。だからこそ、ポジティブで健やかな気持ちになれない、消耗するだけの異性関係は不要になってきますよね。「この人から離れたら、もう次がないかも……」なんて気持ちでダラダラ関係を続けるくらいなら、やめてしまうのも手。

 

「人間関係だって、ひとつドアを閉めなきゃ、次のドアも開かないしね〜」なんて語っていた知人もいましたが、無理に何かに執着するくらいなら、手放してしまったほうが自然体で幸せな気分でいられる。大人になると、そういう境地に至る人も少なくないのでは?

 

 モテるためだけの無個性・無難な服

恋愛全盛期の世代じゃないからこそ、女を強調して媚びたところで実りにくいのが、オトナ恋愛。自分の好きな服を着て、”らしく”オシャレをしていたほうが、結果的に気の合うパートナーを見つけられるチャンスが増えるように思います。

 

女優の蒼井優さんも「好きな人ができると、人として見られたくて、パンツを履く回数が増える」なんて言っていましたが、無難にモテるために買った服などは、もう思いきって捨てちゃっていいかも!?

 

 

 決めすぎる人生プラン、重い腰

おひとりさまでいると、先々のことを考えてはしまいますが、「50歳で何をして、60歳でこうなって、70歳は…」などと人生プランをガチガチに決めこんでしまうのは、もったいない。せっかく自由な身分なんだから、「人生や来年のプランが急に変わってもいい」「面白いことがあれば、乗っかってみよう」くらいのスタンスで入られたほうが、楽しいことには出会えるはず!

 

歌手のカヒミ・カリィさんが結婚前フランスに住んでいた頃、モロッコへ女二人旅をして、砂漠でキャンプをしたりして、すごく楽しかった……という話をされていたのをよく思い出しますが、そのくらいのフットワークの軽さを持てたら素敵ですよね。気持ちが老け込んでしまうと見た目にも表れてきますし、できる限り「自分を楽しませられる力」を持った大人でありたいものです。

 

おひとりさま人生を楽しむために不可欠なもの、不要なもの。意識的に取捨選択して、笑顔の多い毎日を過ごしていきましょう!

(外山ゆひら)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

岩井志麻子 20代それとも40代!? 女性の性欲のピークはいつなのか

五十二歳になった今、己を振り返ってみれば。やっぱり性欲が盛んだったのは二十歳~四十歳あたりだったわ。それはずばり、妊娠と出産の適齢期だったからでしょう。適齢期と…

モテ度急上昇!男性のハートをギュッとつかむ究極の一言

今年のクリスマスイブの予定は決まりましたか? 女子会で盛り上がるのもいいけれど、できれば彼と過ごしたいですよね。「その彼がいないの!」という方、たった一言口にす…

岩井志麻子 43歳で再婚した私が「40代の結婚」で大切だと思うこと

私の場合、最初の結婚は二十三歳、今も続く再婚は四十三歳のときだった。結婚というものは本当に人それぞれ、人の数だけ形はあると思うが、初婚のときはわりと何もかもが平…

岩井志麻子 40歳を過ぎると「みんなセックスレス」問題について

子どもの頃、親に必ず怒られる言い方として、「みんな持ってるもん」「みんなやってるのに」というのがあった。「あれ買って~、みんな持ってるもん」そういうと親は決まっ…

岩井志麻子「結婚しない女」と「セックスレスの男」が、増えた理由を考える

別にテレビは分厚くてもいいし、日本男児は仮性包茎でいいし、日本女性は一重瞼でいいわけよ。電化製品を売る側が薄型がカッコいいと宣伝し、美容業界がムケてなきゃ男らし…

「子供を産まないと思ったのは何歳ごろ?」第1位の答えは…?

「自分らしく、自由に、自立して生きる女性」を応援するメディア、OTONA SALONE。編集長の浅見は、とりわけ40代女性のさまざまなシーンに「それはもしかして悩まなくていい…

【40代独女】既婚友人と疎遠になって「寂しい」ときはどうする?

40代ともなれば、旧知の友人はおよそ既婚か子持ちの状況。生活や行動パターンが変わり、以前のように気軽に会えなくなった友人は数知れず……。おひとりさまであることを最も…

「なんで産んだ彼女には話が通じなくなるのか」脳の仕組みが判明!

OTONA SALONEでも好評連載「おこなしさまという生き方」を執筆中のくどうみやこさんが書籍『子どものいない人生の歩き方』が大変な反響を集めています。「産まない」40代の…

じらすと余計に気まずい?アラフォー実年齢の上手な伝え方

「妙齢の女性に年齢を聞くのは結構ハードルが高い」。そう感じている人は少なくないだろうと思うものの、実社会では意外とストレートに年齢を聞いてくる人、多いですよね(…

こんなとき、家族がいればなぁ。「おひとりさまの不便」激あるある

仕事も趣味もあるし、大抵の家事や難しい配線も自分でできるし、ひとりでもそれなりに楽しく平穏にやっていける、おひとりさま。ただ、結婚願望があまりない人でも、時々は「こんなときは、家族がいればなぁ」と思っ…

おひとりさまに「モテ期」が来るタイミングって?結婚できましたか?

ちょこちょこ出会いはあるものの、どれもうまくいかず、「もうこのままおひとりさまかな〜」と思っていたら、40代前後で急にモテ期が来た!なんて経験をする女性もいるようです。それは、どんなタイミングだったのか…

40代おひとりさまが「意外に面倒に思っている」おつきあいのことって?

「おひとりさま同士で集まると、なんか虚しい話題ばかりになっちゃうことがあるんだよね〜」と友人がポツリ。おひとりさま同士なら、さぞかし気兼ねなく話せて盛り上がるかと思いきや、意外にもそうとは限らない様子…

おひとりさまって「すごい」?周囲にはこう思われてるらしい

落ち込む日だってあるけれど、自分や今の人生を否定したところでしょうがない……。そう開き直って、元気におひとりさま人生を謳歌していると、周囲に良くも悪くも「すごいね」と言われたり、不思議がられたりすること…

40代独女が「ずっと独身でいい」瞬間と「やっぱりひとりはイヤ」な瞬間は?

おひとりさま生活が長くなってくると、「なんだかんだ、この生活が気楽でいいや〜」と思う瞬間と、「やっぱり、このままじゃダメだ!」と思う瞬間、どちらもありますよね。その時々の状況や気分によって、モードが変…

マスコミ系男性と仲良くなるには?40代女性の恋愛のコツ

大人女性だからこそ、出せる魅力がある。男性のタイプ別に恋愛指南をお届けしています。今回は気になる相手が「マスコミ系の男」の場合です。「マスコミな男」の共通傾向マスコミといえば、TV局(地上波、BS、CS)や…

「コンサルな男」の傾向と対策って?40代女性の恋愛攻略法

大人女性だからこそ、出せる魅力がある。男性のタイプ別に恋愛指南をお届けしています。前回の「クリエイター系男性」に続き、今回は気になる相手が「コンサルタント業の男性」な場合の傾向と対策です。「コンサルな…

40代からの恋愛攻略法「クリエイターな男」の傾向と対策

大人女性だからこそ、出せる魅力がある。男性のタイプ別に恋愛指南をお届けしています。前回の「経営者男性」に続き、今回は気になる相手が「クリエイター系の男」の場合です。「クリエイターな男」の共通傾向クリエ…

脈ありorなし?40代からの恋愛攻略法「経営者な男」の傾向と対策

大人の女性だからこそ、出せる魅力がある! 攻略相手の職業タイプ別に恋愛指南をお届けしていきます。初回となる今回は、いま気になっている相手が「経営者」の場合。「独立・経営志向メンズ」の共通傾向って?まず…

○○な人はいつまでも老けない?おひとりさま4箇条

ひとりでの落ち着いた生活パターンが完成している、おひとりさま。誰かに煩わされることもなく、趣味や好きなことに取り組む時間もたっぷりあるため「快適だけど、すでに余生を送っている感じもするわ〜(笑)」なん…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事