40代女性は絶対に着ちゃいけない?!7つの最旬ニットアイテムの落とし穴

2017.10.31 FASHION

秋冬になると着用率がグッと高まるニットアイテム。トップスからボトム、ワンピースや羽織り物まで、今シーズンも幅広くトレンドアイテムがラインナップされています。しかし、定番ニットも選び方次第では40代女性のウィークポイントを浮き彫りにしてしまう可能性も!? 前回の”定番だからこそ要注意!今着ると即「ダサい」と思われるNGニットって?”記事では去年までの NGデザインニットをご紹介しましたが、今回はボディラインを悪目立ちさせてしまう、最旬の残念ニットをご紹介します!

 

着るだけで3キロ太って見える

ローゲージチュニックニット

ゆったりと着られて暖かいローゲージニットは冬大活躍するアイテム。体型を拾わないので、一見大人の女性に優しい印象です。しかし、お尻まで隠れるチュニック丈を選んでしまうと、丸く膨らんでかぼちゃのようなシルエットに。ロング丈のフレアスカートと合わせてしまうと、脚は短く、自前のボディラインよりも2周りほど大きいシルエットになってしまうので、着るだけで見た目体重がアップしてしまう恐れも。着痩せしたいなら、ほどよいゆとり感で定番丈のハイゲージニットを選んで、すっきりと着こなす方が◎。

 

ぽっこりお腹と下がり尻が目立つ

ニットタイトスカート

暖かさときちんと感を兼ね備えたニットタイトスカート。着心地もよくオンにもオフにも活躍すると年代を問わずに人気のあるアイテムです。しかし、ボディラインを際立たせてしまうニット素材は、緊張感を失ったウエスト周りや、重力に負けたお尻のシルエットが丸見えになってしまう結果に。同じタイトスカートなら、ニット素材ではなく適度に張りのある素材のものを選ぶことで、体型補正も叶います。

 

タレ尻とむっちり太ももが強調される

ニットパンツ

脚のラインを拾わず、暖かさと着痩せを両立した優秀アイテムに見えるワイドシルエットのニットパンツ。確かにゆとりのある膝上からふくらはぎ部分のカバー力はありますが、肝心のウエスト周りやお尻、太ももの張りが強調されて、着るだけで体型ブスを晒してしまう可能性も。さらに、サイズ感がぴったりだと股部分のシルエットも気になってしまい、恥ずかしい思いをすることも。引き締まった体の持ち主や、極端な痩せ型なら似合いますが、一般のアラフォーはニット素材のボトムは避けた方が無難です。

 

そげ胸強調で貧相ボディーに見える

深V開きニットトップス

デコルテをきれいに見せてくれる、定番のV開きニット。しかし、あまり開きが深すぎると年齢とともに削げた胸が目立ち、貧相に老け見えしてしまいます。Vネックニットを着るときは、インナーを重ね着したり、ふっくらとしたバストを作る下着でボディラインを整えて。胸まわりに自信がない人は、ボートネックなどに切り替える方が上品な印象になるのでおすすめです。

 

二の腕とウエストのたるみが丸見え

ロングリブニットトップス

今シーズンはロング袖が人気のリブトップス。コンパクトなシルエットになるので、ワイドやロング丈のボトムと合わせて着るのがトレンドです。しかし、二の腕やタレ胸、ウエストまわりのゆるみが目立つリブニットは40代には着こなしが難しいのも事実。どうしても着たいなら、ワンサイズあげてゆったりと着ることで、太って見える横ジワを解消することができます。

 

首が太く短く見える大顏強調トップス

タートルネックニット

ネック部分を折り返すタイプのタートルニットは、防寒もバッチリで寒い時期に持っていると重宝するアイテム。ベロアのキャミワンピやカーディガンとのレイヤードも楽しめます。しかし、折り返して厚みが出ることで、息苦しさを感じたり、首が太く短く見えてしまうことも。さらに顔のみが露出するため、ビッグフェイスが強調されてしまう残念ニットです。重ね着や防寒を期待するなら、タートルネックではなく、ほどよい高さのハイネックニットを選んで。首部分が完全に隠れないことで、抜け感が出て難易度が下がります。

 

チープ&大人ぶりっこで女を下げる

プチプラファー袖ニット

エコファーブームの今季、ニットの袖にファーがついたアイテムも豊富に揃っています。しかし、フィット感のある薄手ニットに、ボリュームのあるファー袖がついたプチプラニットは、安っぽく見えてオバさん見えに拍車をかけます。さらに、カジュアルな幅広のファーではなく、袖部分だけのプチファー使いは、ガーリーな印象で若作りに見えてしまう可能性も。ファー袖ニットを着るなら、袖にボリュームがあるものを選ぶと高見えします。

 

いかがだったでしょうか。大人になるにつれ、体型に悩みが増えるお年頃の女性達にとって、今までは似合っていたニットアイテムが今年急に似合わなくなる、ということも。そうならないためにも、買う前にきちんと試着をして、後ろ姿までチェックするのが失敗しないコツです。それでも気になる時は、補正力のある下着で体型を整えて着れば、素敵な大人のニットコーデが楽しめるのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク