定番だからこそ要注意!今着ると即「ダサい」と思われるNGニットって?

秋から冬にかけての寒い時期、私たちのワードローブに欠かせないのがニット。「定番だからこそ、手持ちのアイテムを今年も着られるよね?」と思っている人は要注意! 雑誌では毎年特集が組まれるほど、ニットは素材もデザインも豊富。クローゼットにしまっておいた、そのニット、着ているだけで流行遅れ感を醸し出してしまうかも!? 今回は、そんなアラフォー女性たちが着ているとヤバいニットをご紹介します。

 

①マルチボーダーニット

いつものボーダーをカラフルボーダーに替えるだけでコーデが新鮮になると人気だったマルチボーダーニット。レトロな雰囲気で大人可愛いと話題だったこのニットは、数シーズン前のデザインだとボディラインに沿ったリブタイプがほとんど。体のラインが丸出しかつ横幅を強調するボーダーが、アラフォーの二の腕やお腹周り、背中のハミ肉を浮き立たせてしまいます。定番の白×黒ボーダーや、グレー×黒など引き締めカラーで細めのボーダーを選びましょう。

 

②オルテガ柄ニット

シンプルなコーディネートのアクセントに活躍すると話題だった、オルテガ柄ニット。インパクトのある柄が、一気にオシャレ度をUPしてくれると、カジュアル派は手に入れていた人も多かったはず。しかし、今シーズンの秋冬トレンドは久しぶりにフェミニンでクラシックなスタイルが主流なので、トライバルファッション(民族系)に属するオルテガ柄は着ているだけで「私、今シーズンの流行はスルーしています」と言っているようなもの。目に付く柄ものは避けて、無地をチョイスしたほうが断然着回しもできておすすめです。

 

③シャツつきニットベスト

レイヤードして着るから、簡単にオシャレ上級者に見えると流行ったニットベストとシャツのセット。気になる二の腕も、ウエスト周りもカバーできると、30代以上の着用率の高さは驚異的だったアイテムです。しかし、昔のトレンドはタートルネックやハイネックの、メリハリのないIラインシルエットが特徴。今10〜20代前半の女性の間では、タンクトップのような形でショート丈のニットベストを、Tシャツやニットにレイヤードするのがトレンドです。女性らしい体型を強調できると人気もありますが、どちらにしても40代女性は厳しいので、この秋冬ニットのレイヤードに手を出さないほうが無難です。

 

④チルデンニット

Vネックの首回りと袖口や裾口に太めのラインのはいったチルデンニット。小顔効果も期待できると、デニムやパンツに合わせて、トレンチコートなどを羽織ったコーデが人気でした。しかし、このニットは一歩間違うとスクールニット風なデザインなので、とにかく若作りに見えてしまう危険性が大。白シャツとの重ね着なんてもっての他です。Vネックなら顔まわりをスッキリ見せてくれる効果はあるので、ライン入りはNG。どうしても着たい人は、ゴルフウエアとして着こなすのが◎です。

 

⑤フリルつきニット

ガーリーなフリルつきニットは、何年もフェミニン派から支持されたビッグトレンド。しかし、フリルは分量と場所を選ばないと、即「痛い人」認定されてしまう若作りアイテムでもあります。特に、白やピンクなどの可愛い色をセレクトしてしまうと40代の手には負えません。後ろ姿で声を掛けたら、顔を見てビックリ! というベタな展開もないとは言い切れないので、フリルは最小限に(なくてもいいくらい)、色はネイビーやカーキなどの落ち着いたカラーでバランスを取りましょう。

 

⑥リボンつきニット

小さめのリボンがついたニットや、背中や肩にリボンがあしらわれたニットはきちんと感もありつつ男性受けも抜群のアイテムと、昔一度は着たことがある人も多いはず。でも、その感覚のまま今も着ているとしたらかなり危険です! 30代〜40代のリボンは正直痛い、と言うのが男性の平均的な意見なので、年齢を問わず可愛らしいファッションが好きな相手の前以外で着ると、突っ込むに突っ込めない微妙な空気が流れるかも……。いくら上品なデザインで、小さめのリボンだとしてもリボンはリボン。オバさんの若作りと言われたくなければ、リボンニットは卒業したほうが無難です。

 

 

いかがだったでしょうか。以上のニット以外にも、危険なのが肌見せニットや昔買ったポンチョ類。さらにボディラインが出るミニのニットワンピなどもそれぞれ痛さが増してしまうアイテムなので、着るときには細心の注意が必要です。今季はワイドシルエットのボトムが多いので、ニットはシンプル一筋か、袖に特徴のあるデザイン、色は深めの秋色を選ぶと失敗が少ないはず。ニットは見た目よりもずっと奥が深いアイテムなので、必ず試着するのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 大人の夏ファッション、40代女性こそ〇〇が大事!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。いきなり夏日が続いてファッションが追いつかない!という方も多いのでは?今回は、夏に向けてのファッションについてお話させていた…

あなたはどれを捨てますか?40代のファッション断捨離候補、1位はアノ服

最近「やったこと」「やってみたいこと」でよく挙がるのが「断捨離」です。30代に積もり積もらせた服を捨てに捨て、身軽になる人が大変多いとのこと(編集部調べ)。単価高…

真冬のZARA! 「#ザラジョ」に学ぶデニム着回し7コーデ

アラフォーのデニムスタイルって実は難しいコーデのひとつ。脚が細いからといってスリムを履くとイタくなりますし、ダメージデニムも組み合わせによっては汚く見えます。そ…

植松晃士 身近なあの服がオバサンを加速!? 40代オシャレの注意点

みなさん、こんにちは。植松晃士です。雑誌や店頭ではすでに秋冬のファッションがもりだくさんですが、まだあんまり買ってなくな~い???ということで、今回のテーマは『…

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

【40代のお金】年金ってもらえるの?貯金はいくら必要?独女のお金知識ランキング5

アラフォーになると、チラチラ頭をよぎるのが老後のこと。なんとなく年金には加入しているけれど、実際の受給額はいくらになるのか、そしてそれは楽しい老年期を過ごすのに十分な額なのか、いまいち分からないという…

【冬の着やせ】いつものコーデを2kg細く見せるには?人気記事ランキング

食事改善や運動で痩せるのが最終目標と分かってはいるけれど、必要なのは「今日スラッと見えること!」。今回は、40代の女性が着るだけで痩せて見えるファッション記事の中から、読まれているランキング上位の、みん…

【肩甲骨はがし】肩と背中に効果バツグン!「効く」ベスト5は?

整体に行けば一時的に楽になるものの、次の日にはもう痛む首・肩・背中。それなら自分でケアしたほうが毎日良い状態を維持できそう……と思っている人も多いのでは。家でじっくり行う「寝たままはがし」や、オフィスで…

【1000万】お金が「どんどん貯まる人」の特徴って?人気の記事5選

特別な収入源があるわけでも、財布の紐を固結びにするほど暮らしを切り詰めているわけでもない。それでもお金に困っていない人と、ワタシたちとの違いは何なのでしょう? ここでは、お金がどんどん溜まる人が普段か…

1000円以下でもこんなにおしゃれ!2000円までの手土産9選

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

大腸を整えるには「乳酸菌」「ビフィズス菌」どっち?40代が間違えている腸活常識クイズ

体の健康はもちろん、お肌の調子にも大きく関係してくるのが腸内環境。すでに「腸活」にチャレンジしている方も多いのではないでしょうか?でもその「腸活」、自信を持って正しいと言えますか? 『「腸活」に大事な…

[PR]

【爆モテ女のテクニック】出会いがない人、必見! モテる女性がやっていることランキング

気になる男性からは友達扱いされ、男ウケの良さそうなゆるふわ系を目指してみても成果が出ない。一体どうやったらモテるのか、自分自身の目指すべき着地点が分からなくなってしまっている人もいるのではないでしょう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事