これが正解!40代女性が試したい「苦手な人との会話」を楽しむ方法

 

決して嫌いなわけではないんだけど、ちょっと苦手だなぁと感じる人。「何となく避けたい」と思うような人は、社会生活を長く続けていると必ず出てきます。

ですが、仕事やプライベートでも人と会う機会の多い40代女性なら、ただ苦手というだけで関係を遠ざけることは難しい場合もあります。

どうしても会話をしなければいけないときは、まず相手の意思を受け取る「聞き役」に徹することで、ストレスを軽くすることを考えましょう。

 

「苦手意識」こそ意識しない工夫を

 

「話しにくいな」「付き合いづらいな」という感覚は、コミュニケーションを自分の満足いく形で進められないことが原因の一つでもあります。

いつも自分のことばかり話す人であったり、「これいいよね」と言っても「そう?」と反対の意見で返す人であったり、自分の「こんな対応だったら嬉しいな」という気持ちがつまずくことで、苦手意識を覚えるのですね。

ですが、人が持つ考えや意思はそれぞれ違います。自分の話題ばかりで会話を進める人は相手もそれを楽しんでいると思っているし、反対の意見を返してくる人はただ率直なだけのときもあります。

苦手に感じる自分が悪いことも、そんな思いをさせる相手が悪いことも、人間関係にはありません。

たまたま自分とは合わないだけ。そんな割り切りを持つと、コミュニケーションが楽しくないのはお互いのせいじゃないと思えます。

居心地の悪さを誰のせいにもしないこと。

それが、苦手意識をあえて意識しないコツです。

 

「聞き役」に徹することで感情が抑えられる

 

ストレスを感じる相手と話していると、どうしても気持ちに波が生まれます。

緊張感を持ちながら会話するのは、自分の気持ちを素直に口にできないだけでなく、相手の言葉にも過敏に反応することにつながり、どんどん心が疲れてくるのを感じますよね。

それは、苦手な感覚を克服したいために相手と競争しようとする意識があるからです。

しんどい気持ちを納得させるには、自分が満足することが必要です。そのため、何とかして相手に「自分のして欲しい対応」を望むようになり、無意識のうちに会話をコントロールしようとします。

それではお互いにとって楽しい時間になりません。

苦手な人と話すときは、「聞き役」に徹することで、そんな競争意識を抑えることができます。

感情のやり取りから一歩引くことで、心に波が立つのを防げるのですね。

無理に言葉を発しなくても、相槌を打つ姿勢が話を聞いているサインになります。「うんうん」とただ頷くだけで良いので、相手の言いたいことをまずは全部聞いてしまいましょう。

その上で、伝える必要がある部分だけを口にします。要件は簡潔に話すこと、無駄なやり取りを増やさないことを心がけたいですね。

むやみに相手の言葉に反応しない、感情を交えた言葉は控えてみるなど、会話のリードを取らない姿勢が良い距離感につながります。

苦手な人なんだけど、話すとつい言葉で張り合ってしまうというときは、聞き役になることを意識してみてください。

 

「ありがとうございます」は会話の潤滑油

 

苦手だなと感じる人と話すとき、一番怖いのは自分のネガティブな感情が相手に伝わってしまうこと。さらに言うとそれを感じた相手との雰囲気が悪くなってしまうことです。

適度な距離感は欲しいけど、お互いの間にマイナスな空気は持ち込みたくない。特にビジネスの場面では、悪い感情を持った相手とはスムーズに仕事が進まないし、交渉なども上手くいきません。

雰囲気良く会話を終わらせるには、最後を「ありがとうございます」で締めるのも一つの方法。

感謝する言葉は、相手にとって「あなたを受け入れていますよ」というメッセージになります。ちょっとギクシャクした時間だったけど、最後にあなたから「いつもありがとうございます」と言われたら、相手は決して嫌な感情は持ちません。

「それじゃ、また」など愛想笑いを浮かべながら別れるより、「話してくれてありがとう」と感謝の気持ちを口にして終わるほうが、「良い時間だったな」という余韻を残せます。

「ありがとう」と言うとき、人は決して嫌な表情を作りません。

苦手な人だからこそ、あえて会話してくれたことに感謝する意識を持てると、相手もあなたを受け入れようと心を開いてくれます。

 

 

お互いに苦手意識を強めてしまうと、会話だけでなく顔を合わせることすら苦痛に感じられます。

簡単に距離を空けられない間柄なら、自分が無理しない会話の方法を身につけておくと、無用なストレスを避けてお付き合いを続けていけますね。

本来、会話はお互いの心を知る大切な機会です。

話しにくいからと敬遠せず、相手との時間を前向きに受け入れる姿勢を持って、良い関わり方を探していきましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

比べるから苦しくなる。40代で「友人が少ない」はダメなことじゃない

学生のころや若いときは気軽に話せる友人がいたけど、40代になるとすっかり連絡もご無沙汰・・・。気がつけば、休日に誘える人がいない。「友達が少ない」ことに悩む40代独…

知らぬ間に避けられてる?「めんどくさいオバサン」会話の特徴3つ

職場であったり友人であったり、会話するのも疲れるような40代独女っていませんか?避けたくなる女性の特徴は、とにかく「面倒な人」であること。他人を不快にする振る舞い…

気をつけて!職場で「足を引っ張るアラフォー」になってない?

職場でも友人関係でも、何かと「足を引っ張る」アラフォー女性っていませんか?良いところで水を差す、順調なのにケチをつける。こんな女性は、周りの幸せを素直に喜べない…

40代女性は今すぐやめて!「人が遠ざかる」イタい口ぐせ3つ

普段、何気なく口にしている言葉ですが、ネガティブな響きのものって他人から聞くとテンションが下がりませんか? 自分ではそんなつもりがなくても、自分の発言が人に与え…

一緒にいるとイタい40代になる!?「愚痴っぽい人」からさり気なく離れるコツ

顔を合わせれば誰かの噂、何かの文句……。「愚痴っぽい人」は、常に自分の気持ちを他人に満たしてもらうことを求めています。ストレスを我慢して付き合っていると、自分も疲…

うそも方便!大人が使いたい「飲み会を断るときのフレーズ」3つ

12月に入ると、会社や取引先など仕事のお付き合いで飲み会が増えるというアラフォー女性も多いでしょう。気乗りしないものもあるけど、断ると角が立ちそうで……。なんていう…

人間関係に疲れを感じたら。40代に試して欲しい上手なリセット方法3つ

仕事もプライベートも忙しい40代。毎日忙しなく過ごしていると、人との付き合いに疲れを感じるときもありますよね。かと言って職場ではどうしても顔を合わせる人、趣味の場…

「職場で感じのいい人」が密かに心がけている3つのこと

どの職場にもいる「うるさい先輩」。あなたが新人時代にもいましたよね。その人達にはどんな特徴があったでしょうか。また逆に、そう言われない先輩にはどんな特徴があるで…

モテる40代女は「同僚男性の異動」を聞いたら反射でこんなことをしている

3月は人事異動の発表があり、オフィスも慌ただしくなる時期ですね。仲間との別れは名残惜しいけど、新しい環境に向けて心の準備を整えるのが男性。"新天地"への期待と不安…

きっかけは意外なもの!?40代独女との「交際に発展した夏デート」3つ

じめじめした梅雨が明けると、外は一気に夏モード。外出が楽しくなる季節は、気になる男性とデートに行く時間を増やしたくなりますよね。イベントが多い夏は、男性も同じく好きな女性を誘う機会をうかがっています。…

男性が誘いたくないと思う40代独女の「残念な身だしなみ」

梅雨が明ければ日差しの強い夏が来ます。暑さの厳しい時期は、薄着のファッションを好んで着たり、メイクも涼し気なカラーを選んだりと、装いにも変化がありますね。外出もしやすくなる夏からの季節、男性も気になる…

モテない女っぷり、LINEでバレてる!「男がその気になれない」40代の特徴って

気になる男性にせっせとLINEを送るけど、イマイチ良い反応が返ってこない……。そんなときは、男性をポジティブに引き寄せるLINEができていないのかもしれません。言葉ひとつで相手に与える印象は変わります。気遣うつ…

忘れられない……40代・50代の男性に聞いた「別れたことを後悔する女性」

終わりを迎えた恋。そのときはそれが最善だと思って別れを決めたのに、時間が経って冷静になってみると、やっぱり後悔する気持ちのほうが強くて……。こんなことは、女性だけでなく男性にだって起こります。特に、40代…

「おひとりさま」が結婚したい相手は?オトナ女性が求める男性像

50歳、60歳を迎えても、好奇心を忘れず肉体の衰えもまだまだポジティブに乗り切れる。現代は、こんな「おひとりさま」が男女ともに多い時代です。ずっとシングルで過ごしてきた女性も、バツイチの人も、年をとったか…

豆腐が髪を育てる?「カンタン薄毛対策」私のおすすめ3つ【特集オトナの髪悩み】

私の髪は小さい頃から「薄毛&猫っ毛」で、どんなにがんばってブローしてもぺったりと髪が寝てしまうことが悩みでした。20代のときはパーマにも挑戦してみたけど、「左右の髪でパーマのかかり具合が違う」「ふんわり…

どれが正解?40代独女が気をつけたい「気になる男性とのLINEマナー」

手軽にやり取りができて、気になる人との距離が縮めやすいLINE。積極的に使いこなしている40代独女も多いと思います。一方で、「IDは交換したけど、なんて送ればいいかわからない」「ちょうどよい頻度ってあるの?」…

え、こんなときに!?男性が40代独女に出す「近づきたいアピール」

いくつになっても、恋に臆病になるのは男性も同じ。いいなと思う40代独女がいても、なかなかきっかけを掴めずに悩む男性は多いようです。「警戒されず、ダサくならない近づき方」を考えている男性が出すアピールは、…

残念ッ!「気配り下手」な40代独女が逃がす恋のチャンスって?

恋愛のきっかけはさまざまですが、気配りの上手い女性は男性の心を動かすのも早いもの。相手を思いやる気持ちが見てとれると、男性は居心地よく過ごせるなと感じます。逆に、配慮の足りなさが目立つ女性だと、どれだ…

騙されないで!40代独女を狙う「アソビ目的な男」の特徴3つ

真面目に私のことを思ってくれていると思ったら、アソビ相手としか見られてなかった!?男性の中には、アラフォー女性を自分の都合よく扱おうとするけしからん輩もいます。いい顔して近づいてきたと思ったら、目当て…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事