これが正解!40代女性が試したい「苦手な人との会話」を楽しむ方法

 

決して嫌いなわけではないんだけど、ちょっと苦手だなぁと感じる人。「何となく避けたい」と思うような人は、社会生活を長く続けていると必ず出てきます。

ですが、仕事やプライベートでも人と会う機会の多い40代女性なら、ただ苦手というだけで関係を遠ざけることは難しい場合もあります。

どうしても会話をしなければいけないときは、まず相手の意思を受け取る「聞き役」に徹することで、ストレスを軽くすることを考えましょう。

 

「苦手意識」こそ意識しない工夫を

 

「話しにくいな」「付き合いづらいな」という感覚は、コミュニケーションを自分の満足いく形で進められないことが原因の一つでもあります。

いつも自分のことばかり話す人であったり、「これいいよね」と言っても「そう?」と反対の意見で返す人であったり、自分の「こんな対応だったら嬉しいな」という気持ちがつまずくことで、苦手意識を覚えるのですね。

ですが、人が持つ考えや意思はそれぞれ違います。自分の話題ばかりで会話を進める人は相手もそれを楽しんでいると思っているし、反対の意見を返してくる人はただ率直なだけのときもあります。

苦手に感じる自分が悪いことも、そんな思いをさせる相手が悪いことも、人間関係にはありません。

たまたま自分とは合わないだけ。そんな割り切りを持つと、コミュニケーションが楽しくないのはお互いのせいじゃないと思えます。

居心地の悪さを誰のせいにもしないこと。

それが、苦手意識をあえて意識しないコツです。

 

「聞き役」に徹することで感情が抑えられる

 

ストレスを感じる相手と話していると、どうしても気持ちに波が生まれます。

緊張感を持ちながら会話するのは、自分の気持ちを素直に口にできないだけでなく、相手の言葉にも過敏に反応することにつながり、どんどん心が疲れてくるのを感じますよね。

それは、苦手な感覚を克服したいために相手と競争しようとする意識があるからです。

しんどい気持ちを納得させるには、自分が満足することが必要です。そのため、何とかして相手に「自分のして欲しい対応」を望むようになり、無意識のうちに会話をコントロールしようとします。

それではお互いにとって楽しい時間になりません。

苦手な人と話すときは、「聞き役」に徹することで、そんな競争意識を抑えることができます。

感情のやり取りから一歩引くことで、心に波が立つのを防げるのですね。

無理に言葉を発しなくても、相槌を打つ姿勢が話を聞いているサインになります。「うんうん」とただ頷くだけで良いので、相手の言いたいことをまずは全部聞いてしまいましょう。

その上で、伝える必要がある部分だけを口にします。要件は簡潔に話すこと、無駄なやり取りを増やさないことを心がけたいですね。

むやみに相手の言葉に反応しない、感情を交えた言葉は控えてみるなど、会話のリードを取らない姿勢が良い距離感につながります。

苦手な人なんだけど、話すとつい言葉で張り合ってしまうというときは、聞き役になることを意識してみてください。

 

「ありがとうございます」は会話の潤滑油

 

苦手だなと感じる人と話すとき、一番怖いのは自分のネガティブな感情が相手に伝わってしまうこと。さらに言うとそれを感じた相手との雰囲気が悪くなってしまうことです。

適度な距離感は欲しいけど、お互いの間にマイナスな空気は持ち込みたくない。特にビジネスの場面では、悪い感情を持った相手とはスムーズに仕事が進まないし、交渉なども上手くいきません。

雰囲気良く会話を終わらせるには、最後を「ありがとうございます」で締めるのも一つの方法。

感謝する言葉は、相手にとって「あなたを受け入れていますよ」というメッセージになります。ちょっとギクシャクした時間だったけど、最後にあなたから「いつもありがとうございます」と言われたら、相手は決して嫌な感情は持ちません。

「それじゃ、また」など愛想笑いを浮かべながら別れるより、「話してくれてありがとう」と感謝の気持ちを口にして終わるほうが、「良い時間だったな」という余韻を残せます。

「ありがとう」と言うとき、人は決して嫌な表情を作りません。

苦手な人だからこそ、あえて会話してくれたことに感謝する意識を持てると、相手もあなたを受け入れようと心を開いてくれます。

 

 

お互いに苦手意識を強めてしまうと、会話だけでなく顔を合わせることすら苦痛に感じられます。

簡単に距離を空けられない間柄なら、自分が無理しない会話の方法を身につけておくと、無用なストレスを避けてお付き合いを続けていけますね。

本来、会話はお互いの心を知る大切な機会です。

話しにくいからと敬遠せず、相手との時間を前向きに受け入れる姿勢を持って、良い関わり方を探していきましょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

気まずい職場恋愛はムリ!年下男子が嫌がる40代独女の「告白タイミング」

職場恋愛では、男性でも女性でも告白した後の気まずさは避けたいと思うもの。しっかり考えて告白したつもりだったのに、男性にとってはちょっと迷惑なタイミングだった、なんて悲しいですよね。特に、年上の女性に対…

隣にいるのが恥ずかしい!40代独女の「お会計のとき」これは無理と思う態度

たとえば、気の合う友人と食事に行ったとき。おしゃべりも弾んで料理も美味しかったけど、いざお会計になってレジの前でお互いが払う料金をモタモタと確認し合う。こんな「間の悪さ」は、周りの人にとってうんざりす…

この秋試したい!カラカラに乾いたアラフォー肌を救う”乳液先行”スキンケア

秋の気配も深まり、もう少しであのカラカラな空気に苦しむ冬がやってきます。季節の変わり目は肌の調子が不安定になりやすいもの。普段は混合肌の筆者ですが、早くも乾燥が気になり始めました。仕事に家庭に、何かと…

[PR]

これが彼女ならマジで勘弁!レストランで見た「絶対に一緒にいたくない」40代独女って?

男性にとって、彼女ができれば過ごしたいのが、カフェやレストランで美味しいものを楽しむ時間。でも、マナー違反や悪目立ちするような振る舞いが平気でできてしまう40代独女なら・・・!?「こんな女性とは一緒に行…

両思いと思い込んで…40代独女がやらかした「イタい恋愛アプローチ」3つ

好きな男性がいると、自分の存在をアピールしたくなる40代独女も多いでしょう。もちろん片思いを進めるためにはアプローチが大切ですが、それも程度が肝心。やりすぎたり方向を間違えたりすると、うまくいっていると…

「好き」ってなに?40代独女が陥る「恋愛感情がわからない」悩み

いつだって、恋愛は「簡単」だと思っていた。今ひとりなのは、いい人と巡りあえていないだけ。そう思っていたのに、いざ気になる人ができるとなかなか積極的になれない。……あれ? 「好き」ってこんな気持ちだったっ…

え、これもNGマナー!?40代独女が引かれた「秋デートの失敗」

秋の気配が進む10月。暑さはすっかり収まり、外でのデートが楽しくなる季節ですね。好きな男性とお出かけするのはいいけど、やはり気をつけたいのは人前でのマナー。秋は、紅葉を楽しむドライブデートに美味しいもの…

あ、これ面倒くさいやつ。男性がドン引きした40代独女の「オフィスでの無茶な駆け引き」

男性にとって、仕事は自分の関心を大きく占める大切なもの。当然、ミスはしたくないし良い結果を出したいと日々頑張っています。そんな中で、堂々と恋愛をオフィスに持ち込んで振り回してくるような40代独女は、何よ…

あ、これは信用できないサイン。「浮気しそうな40代独女」と年下男子が思う特徴3つ

恋に年齢は関係ない。でも、浮気する危険のある人を恋人にはしたくないですよね。年下男子が話す「この人、浮気しそう」と思う40代独女には、「信じるのが不安」になる一面があります。恋は信頼関係が築けないと続き…

年下男子は見た!ドン引き不可避な40代独女の「二度と一緒に飲みたくない振る舞い」3つ

仕事の打ち上げであったり、友人たちとのパーティであったり。人が集まる場では年代に関係ない交流が楽しいですよね。が、気をつけたいのはお酒が入るとき。飲みすぎて思わぬ失態をさらしてしまうと、周りにいる人た…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事