それがNG!40代独女が気をつけたい「友人に嫌われる行動」3つ

自分では気にせずやっている振る舞いが、実は友人を遠ざけているなんてことがあるとショックですよね。

それぞれ置かれる環境が変わってくる40代は、自分の立場にこだわっているとつい相手に対して失礼な発言をしたり、見栄を張ろうとしたりと、マイナスな行動を取ってしまいます。

人間関係は、いつだって中身の良い人同士でないと続きません。

どんな行動がNGなのか、ご紹介します。

 

「上から目線」で話す

 

・「仕事のことで悩んでいるときに、同じ職業の友人に相談。すると、『そのやり方、間違ってるんじゃない?』『もっと周りを見ないと』など、上から目線の発言でうんざり。張り合ってるの?」(40歳/介護福祉士)

・「既婚の友人。独身の私たちに『もっとメイクをがんばったら?』とか『急がないと!』とか、いかにも自分は関係ないみたいな感じで声をかけるのがウザい。励ましているつもりかもしれないけど、ただ失礼なだけ」(37歳/事務)

 

★ 40代になると、未婚や既婚、仕事も昇進がある人とずっと同じ役職の人など、立場がそれぞれ違います。

普通に会話しているだけなのに、いちいち「差」を見せつけるような発言は友人の間ではタブーです。

自分は安泰な位置にいると思っていると、無意識に相手を下に見る言葉が出てしまいます。それで自分は満たされるかもしれないけど、言われた側はうんざりして付き合いたくないと思いますよね。

励ます意思が本当にあるのなら、自分の立場からではなく相手の心に寄り添った言葉を選びましょう。

 

他人の意見を聞かない

 

・「年齢が上がるごとに頑固になっていく友人。融通がきかないというか、運転が苦手って知っているからこちらが車を出すと言っても聞かないし、買い物に行っても『いつもこのルートだから』と同じお店をぐるぐる。疲れる……」(38歳/サービ)

・「彼氏にまったく大事にされていない友人は、周りが何度『もうやめたら?』と言っても『好きだから……』と彼のもとへ帰っていく。だったら毎度同じような内容の愚痴とか相談とか、時間の無駄だから聞かせないで欲しい」(40歳/営業)

 

★ 他人の意見を聞かない人が嫌われてしまうのは、周りが振り回されるからです。

一緒に過ごすのに自分のペースを崩せない人はこちらが合わせる一方になるし、何を提案しても受け入れようとしない人は、言葉をかける気もなくなりますよね。

自分の意見を通したがる人は、承認欲求が強いと思われます。

また、他人の意見に賛同できないと共感力が薄いと取られ、楽しい話題があっても仲間に入れてもらえないことも。

いくつになっても、心に柔軟性のある女性は周りからも愛され、良い運や情報が入ってくるものです。

周りを拒絶することは、それだけ自分の成長を奪うと心得ましょう。

 

肩書で人を選ぶ

 

・「異業種交流会に行くのが好きな友人は、とにかく『社長』とか『代表取締役』の肩書のついた男性ばかり狙って声をかける。『こんな人と知り合いになっちゃったぁ~』って自慢したいだけなのがバレバレで、最近は誰も聞いていません」(39歳/経理)

・「やっと彼氏ができた子に、『え、その年で課長じゃないの?』と第一声で言い放った元友人。周りはドン引きだし、そんな目でしか他人を見れない品性の貧しさがイヤになって縁を切りました。だからずっとひとりなのかな? とつい思ってしまう」(42歳/デザイナー)

 

★ ステータスにこだわる人は、いつでも損をします。

見栄を張りたい、すごいと言われたい気持ちが透けて見えて、相手にされなくなるのですね。

肩書はその人の一部でしかないのに、それに執着するのはコンプレックスの裏返しです。ステータスの高い人ばかり求めるのは、自分にはそうなれる能力がないと自ら言っているようなもの。

人を選ぶ基準が外的な価値になっていると、恋愛や婚活でも肩書目当てで近づいたことがわかるので男性に敬遠されがちです。

肩書より人間性を見る目が肥えている40代独女こそ、居心地の良い関係を周りと築いていけます。

 

 

若いころと違い、友人との付き合いもシビアになる40代。

それは、まだまだ仕事やプライベートが忙しい40代こそ、価値のない人間関係は不要に感じるからです。

本当に仲の良い人とは、お互いの立場をしっかり受け入れた上で心の通う関係が続いていきます。

中身のある人間同士でこそ、本当に価値のあるつながりでいられるのですね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

職場で年下男子が惹かれる「等身大のお付き合いができそう」と思う40代独女の特徴

年下男子にとって、40代の女性は恋心も尊敬の念も抱いてしまう存在。「交際がかなっても、ついていくのが大変かな」と思うと尻込みしてしまいますが、年上であっても同じ目線でお付き合いができそうな女性にはまっす…

ギョッ、オバサンスマホだ…僕は見たくなかった40代独女のアウトな「スマホ使い」

いまや生活の必需品ともいえるスマートフォン。持っていないという人のほうが少なくなりました。出番が増える一方で、その使い方が問題視されることもしばしば。SNSなどでは”マナー違反”が目立つ投稿を目にすること…

うーん、アウト。男性が「依存されそう」と思った40代独女の恋愛模様

ある人に好意を持っても、過去の恋愛話を聞いて「ちょっとアウトかな」と諦めてしまうことって、ないですか?良いお付き合いがイメージできないと、せっかく芽生えた好意も育ちにくいですよね。特に依存体質であるこ…

これはしんどい。男性が目撃した「職場でチョコを配る」40代独女のNGな姿

バレンタインには職場でチョコを配るという40代独女も多いのではないでしょうか。義理であれ本命であれ、職場でのやり取りは誰に見られているかわからず、慎重になりますよね。男性が嫌がるのは、女性の都合だけでチ…

ちょっとムリ!「この人と社内恋愛したらヤバい」と思われる40代独女の特徴3つ

社内恋愛は、プライベートだけでなく仕事にも影響するので慎重になるという男性は大勢います。男性にとって、仕事は一生を左右する大切なもの。マイナスになるお付き合いは避けたいと思うので、社内の女性を見る目も…

男性が「お付き合いはムリ!」と思った40代独女の”ワケあり恋愛”の様子

いいなと思う同僚や先輩がいるんだけど、気になるのはオトコ関係。好意を持っていても、ふとしたときに「ちょっとワケあり」な恋愛をしていたと知ってしまうと、恋心はひるんでしまいます。「幸せなお付き合いはでき…

年下男子が「もっと話したくなる40代独女」とそうでない女性の違い3つ

年下男子にとって、年上の女性は緊張するけど憧れも抱いてしまう存在。「もっと知りたい!」と思う40代独女もいれば、「これ以上は仲良くなりたくない」と敬遠してしまう女性、その差は「同じ目線で話せるかどうか」…

これはフォーリンラブ不可避!男性に聞いた「恋のきっかけになったバレンタインの思い出」3つ

愛する男性にチョコレートを贈るバレンタイン。男性にとっては、「誰か贈ってくれるかも」「あの人から欲しいな」など、緊張する一日でもあります。それまでは意識していなかったのに、この日がきっかけで好きになっ…

うわ、見たくない。男性が引いてしまう40代独女の「通勤バッグ」3選

仕事に行くとき、自分のお気に入りのバッグを使っている女性も多いでしょう。逆に、通勤用だから何でもいいや、と適当に選んだものを手にする女性もいるかもしれませんね。普段持ち歩いているとあまり意識しなくなり…

「この人、プライベートでもモテるんだろうな」と男が思い込む40代独女の特徴

オフィスで”良いオーラ”を放ちながら仕事をしている40代独女は、男性にとっては憧れの人。雰囲気だけでなく、人との接し方にも現れる人間性の良さは、「プライベートでもモテるんだろうな」とデートのお誘いをつい考…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事