40代から始めたい。オトナ女性に「ゴルフ」をおすすめする6つの理由

はじめまして。40代ど真ん中ライター、間庭典子です。ライフスタイル全般の記事を担当していますが、「ゴルフ」もテーマのひとつ。取材をすると快適なゴルフ場が増え、ギアも進化していることを実感し、今こそゴルフの始めどき!と感じます。第1回は、40代女性になゴルフをおすすめしたいのか、その理由をご紹介します。

 

時代も環境も後押し! GOLFが身近になってきた♪

ゴルフ関連の取材をするようになったのは高校時代にゴルフ練習場受付のアルバイトをし、大学ではゴルフサークルに所属していたなど、なんとな~くなじみがあったことから。ゴルフファッション誌『REGINA』やゴルフウエアのカタログなどの編集に携わっていますが、バブル時の「THE 接待ゴルフ」と違って、今のゴルフはもっと気軽なゴルフを楽しめる環境になんですよ~。

 

理由その1 ウエアだってカジュアルでおしゃれ!

まずはゴルフウエアの変化。そのまま街で着られるようなシックなウエアが増え、ド派手な関西のオバちゃん風ウエアなんてもう見かけません。Bビームスなどのおなじみブランドでもゴルフウエアを展開していたり。とにかくカジュアルでスタイリッシュ!

 

理由その2 クラブが驚くほど進化。当てるだけで飛ぶように!

 

さらに驚くのはクラブが飛躍的な進化を遂げたこと。ほら、昔、女子プロといえば下半身どっしりのパワー系が多かったのが、今ってモデル体型のスタイリッシュな選手ばかりだと思いません? それもパワーに頼らずとも当てれば飛ぶクラブのおかげ。学生時代から20年以上もブランクがあったへっぽこゴルファーの私でも、今なら上達のチャンスがある気がしてきました!

 

 

理由その3 友達の輪が広がり、出会いのチャンス

そしてなによりも誘われる機会が増えてきたのです。ゴルフをまた始めたと話すと「なら行こう!」ということに。基本4人一組でラウンドするので「あと一人なんだけれどどう?」などピンチヒッターとしても声がかかります。

中学時代の同窓会、大学時代のサークル仲間と、家族旅行での旅ゴルフなどラウンドの機会は増えましたね~。同世代にゴルフをやる人が増えたのも理由。40代になり、みな立派なオトナになったんですね~。

 

理由その4 エライ方々とも交流し、ビジネスチャンスにも!

OTONA SALONEのアサミ編集長もそのひとり。管理職となり仕事のつきあいもあって半ば強制的に40代から始め、いやいや続けていたそうですが、ここ1、2年で楽しくなってきたそう。

それはビジネスの場だけでの付き合いだった目上の方とも親しくなれ、思わぬ男気やおちゃめな面を垣間見られるから。なるほど。たとえ社長とでもカジュアルに会話できる「釣りバカ日誌」効果ってありますからね~。実際、ゴルフを通じてあり得ないような世界の人とも交流し、世界が広がります。今ならいつファーストレディになっても大統領とフランクに語れる準備も万端?! コミュ力も人間力もアップできそう。

 

理由その5 意外とモテるかも?的な期待も高まる!

そして実際、ゴルフをやるとモテるんです。いや、モテ気分が味わえると言っておきましょう。先述したとおり、一緒にラウンドしようとお声がかかります。

飲み会だったら男子7人に女子1人というのは気後れするけれど、ゴルフなら大丈夫。ゴルフ人口はまだまだ男子優勢ですから。男女を越えた友情が築けるし、その輪が広がり出会いも確実に増えますよ!

 

理由その6 レディにやさしいゴルフ環境

そしてゴルフってランニングやテニスと違って、実力差があってもそれぞれのペースでともに楽しめるのが特徴。レディースティがあって前から打てるので男女の差もカバーしてくれ、一緒に競いやすいんです。上級者に合わせてもらったり、遠慮したりというのがなくてラク! ともにベストを尽くし、勝負するというより一緒にゴールを目指す感じ。

女子ゴルファー獲得のためお得なプランやサービスを設定しているゴルフ場も多く、ロッカールームもお風呂もすいている。女子でよかった~と思えるはず!

 

他にもいろいろあるゴルフがオトナにいい理由。初挑戦するも、リスタートするも、今こそおすすめですよ!

スポンサーリンク

40代・おひとりさまが始めるべき「ゆる断捨離」3つの理由

40代になって、少しずつモノを捨てている。ビシっと断捨離というより、かなり断続的にゆるゆるやっているので「ゆる断捨離」とでも言いましょうか。かれこれ一年くらいゆる…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

おひとりさま。初めて「一人で海外旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3

おひとりさまで海外旅行へ行ってみたいけど、なんだか心配……というかたも少なくないでしょう。勝手に「おひとりさまを楽しむ部」を推進しているOTONA SALONE編集長のアサミ…

40代初心者ゴルファーが失敗しない 「鉄板」ゴルフウエアブランド

オトナゴルファーが増えてきた理由のひとつはウエアがスタイリッシュに進化したこと。街でもいつものカジュアルに活用できる洗練されたデザインが増えています! 今回はそ…

医師が教える!夏本番に「やせ体質」になる3つの呪文

はじめまして。埼玉県で医師をしています奥平智之です。食事や栄養は、心や身体、そして美容にも大きく影響しています。私はこの事実を、ひとりでも多くの方に知っていただ…

自分史上最高の体重になった40代、人生初のファスティングを始める【前編】

ただいま、ライター長谷川、人生初の「ファスティング」に挑戦中(まさに現在進行形)です。「ファスティング」とはなんぞや? という方はこちらの記事をご参照くださいま…

知ってた?初めてのゴルフクラブを「ハーフセット」にするメリット

いよいよレンタルクラブから卒業! ゴルフクラブを買って本格的に始めるぞ! と決心したものの、いったい何本揃えればいいの? って迷いますよね。プロは14本まで試合で…

ゴルフデビュー狙う人。超格安でここまで豪華「バンコク」がオススメです!

ビギナーからセミプロクラスの上級者まで、ゴルファーの心をわしづかみにするタイゴルフ。なかには合宿のように連日ラウンドというツワモノも。その人気の理由を探ってみま…

女子ゴルフ合宿に!遊びまくれるヒルトン小田原リゾート&スパ

東京から東海道新幹線でたった35分。ゴルフ場も点在。そんな都心から最も近いリゾート、小田原の地でのゴルフ合宿を提案します♪ それをサポートしてくれるのが「ヒルトン…

費用もお手軽?40代の歯列矯正「部分矯正」のコストと時間は?やってみたデメリットは?#1

GW10連休! フリーランスの私はこの期間は都内で静かに過ごすのが恒例。この10日間を生かして「7号食ダイエット」に再びチャレンジし毒素排出、部屋の模様替えを本格的に…

後輩とのコミュニケーションは、教えるよりも○○が大事!NY流、後輩を育てる4つの方法

NYの姉御が遠い空へと旅立ってしまった。その悲しい知らせを聞いたとき、ちょうどその彼女がコーディネイトした某有名ブランドのタイアップ記事をなんとなく眺め、「あぁ、お元気かなあ」と思い出していました。NYの…

10日で5㎏減!「集中玄米ダイエット」で気づいた40代の太らない暮らし方とは

人生2回目の7号食デトックスもなんとか終了! GWの10日間連休(自分自身はほぼ通常営業でしたがW)をつかってのチャレンジでしたが、いや~ 長かった! そしてやりました! その後、するする体重が落ちて回復食…

【実況】GW10日で玄米ダイエットチャレンジ!果たして結果は?

10日間の7号食デトックスも後半戦に突入! GW中はプチ引きこもり生活を続けているのでなんとか誘惑には負けずにいられるけれど、玄米食だけの日々にかなり飽きてきた… そして令和カウントダウンの暴飲暴食ですっか…

【実況】「玄米で毒出し!」7号食ダイエット・元号またぎの10日チャレンジ前半

40年以上ためこんだ毒素を玄米食だけで10日間すごし排出する「7号食ダイエット」。18年3月にチャレンジ、つまづきながらも成功し、なじみのバーでは「間庭重病説」まで流れるほどカラダもすっきり。しばらく快適で健…

費用もお手軽?40代の歯列矯正「部分矯正」のコストと時間は?やってみたデメリットは?#1

GW10連休! フリーランスの私はこの期間は都内で静かに過ごすのが恒例。この10日間を生かして「7号食ダイエット」に再びチャレンジし毒素排出、部屋の模様替えを本格的にする断捨離大作戦、とさまざまなリセットを…

いまオネエでもバイでも、未来の自分がどうかはわからない。「執着しない」NYの生き方

NYでかっこいい人はみんなゲイ……。それを知った日本からのゲストはみんながっくりして帰っていきます。オネエ系が多い日本と違い、アメリカのゲイは爽やかマッチョ系も多く、男っぽいゲイピープルが本当に多いんです…

恋愛に年齢なんて関係ない!いくつになっても現役感のある女性の特徴は……

ズバリ、NYでは恋愛に年齢なんて関係ない! オトコ、オンナ、どっちが上でも20歳の年の差カップルなんてザラにいるし、それに関して外野はやーやー言わずに、自然に受けとめている。そんなの個人の問題だし、精神年…

チャンスは自分で作る!「恋愛会話テクニック」で恋を一歩前進させる!

前回、目があったらにっこり笑顔、というのがニューヨークのコミュニケーション術だと話をしましたが、住んでいたころ、その恩恵を受けたことがありました。あれはEast Villageにあるギャラリーのオープニングパーテ…

「ほめる」「〇〇を上げる」人間関係が3倍よくなるニューヨーカーの習慣

とにかくほめ上手なニューヨーカー。道行くオジサンでさえ「Hi,Gorgeous!」とか「Nice smile!」とかどうでもいいことまで褒めてくれるからうれしい。ま、いい天気だね、くらいの気軽な挨拶なんだけれど、それでも女…

何歳になってもNY女性はモテる!秘密は「○○を堂々宣言している」から

もう春になってしまいましたが、1年でいちばん華やぐ季節、クリスマス前のNYを訪れました。もうティファニーにも興味はないし(卒業したのではなく、自分へのご褒美なんてものを考えるほど経済的にも精神的にも余裕…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事