トレンドの「ハンサム眉」、アラフォー世代が失敗しがちな残念ポイント3つ

この秋冬メイクトレンドのひとつが、“ハンサム眉”です。これまでの太眉ブームは継承しつつ、今までよりも、少ししっかりめに仕上げる眉が“旬”になっていますよね。

しかし、「アラフォーフェイス×ハンサム眉」って、思いのほか、さじ加減が難しい。

「ハンサム眉をしたいけれど、失敗は絶対にイヤ!」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

ハンサム眉は、失敗すると一気に滑稽な印象になるから、慣れるまではバランスが本当に難しいですよね。

そこで今回は、今シーズンのトレンド「ハンサム眉」を意識するときに、40代が失敗しがちなポイントを3つお話します。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

 

1:濃すぎる

「ハンサム眉」は、いつもの眉メイクをやや濃いめに仕上げるのが特徴ですが「今までよりも、濃くしなくちゃ!」と、やたら濃すぎる眉になってしまうと、一気に残念な印象に。

「濃い」とは言っても、ふわっとした濃さで仕上げてこそのトレンド眉なので、リキッドやペンシルでハンサム眉をつくろうとすると、どうしても失敗しがちなのです。

眉だけを悪目立ちさせないコツは、薄めブラウンのパウダータイプのブロウアイテムを使い、自眉毛は眉マスカラでカラーリングしてふんわりと仕上げる点にあります。

「薄めの色使いだけど濃いめに仕上げる」を意識すると、40代の顔にも悪目立ちせず、自然なハンサム眉が完成します。

アラフォーフェイスに浮かないハンサム眉を仕上げるポイントは、パウダーを使う点と色選びがカナメに!

 

2:眉尻が太すぎる

今年のハンサム眉は、眉尻をキュッと先細りめに仕上げて「ハンサム」な表情をつくる眉メイクです。

ですので、今っぽい眉にするためには、眉尻は眉頭や眉の中央部分よりも、細めに描くのが鉄則に。このほうが、女性らしさを残しつつも、ハンサムな表情を演出してくれます。

ところが、これまでの太眉ブームの名残で、眉尻が眉頭と同じくらいかやや細いくらいのバランスで仕上げてしまっている方も。そして、眉尻まで一直線、または眉頭より眉尻が太い仕上がりだと、一気に野暮ったい表情にも見えがちです。

この秋からは、眉尻を今までより先細り気味にするのをお忘れなく!

 

3:アーチが強すぎる

眉尻手前までは一直線気味に描きつつ、眉尻付近で一気にアーチをかけると、旬のハンサム眉のラインになります。

しかし、ここでアーチが強すぎると、カマキリ風フェイスに見えやすく、要注意なのです。

40代の貫禄(?)があるフェイスに、アーチが強い眉で仕上げてしまうと、それだけでもキツそうな性格に見えやすく、ハンサム眉特有の濃さが相まって、なんとも言えない怖い顔立ちに……。

この秋の40代眉メイクでは、アーチは「やさしく」かつ「眉尻手前で自然」に仕上げるのが鉄則です。

 

この秋冬から、リアルトレンドになっている「ハンサム眉」は、慣れれば時短でも仕上げやすいデザインで、オンにもオフにも対応できる万能眉です。

しかし、せっかく旬を意識してメイクをしたのに、周りからは「ギョッ」とされていたら残念。眉ばかりが悪目立ちして残念な印象にならないよう、ふんわりとやさしいハンサム眉を意識してみてください。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

騙されたと思ってやってみて! 40代の地味顔があかぬける3つのメイクポイント

「私って、なんだか地味顔……」そんなふうにため息をついていらっしゃるなら、メイクで華やか顔にチェンジしてしまうのが、理想どおりのイメージを演出する最大の近道です。…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

抜け感のつもりが大失敗…! 男が「不健康そうだし老け見えだと思う」40代女性のメイク3選

メイクの仕上げかたによって、健康そうな印象にもなれば、残念ながらも不健康なイメージが強まってしまうこともあります。私たち40代は、その日の体調や天候、気温によっても肌の調子や顔色がすぐれない日も多い年代…

手をかけていても残念賞…!? 男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だけどこのニオイは…男が一瞬で「遠慮します」と我に返る40代独女って

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事