編みおろしとコレで「痛い若作りヘア」回避!40代の鉄板ヘアアレンジ

年末に向けて仕事は忙しくなるけれど、なぜかウキウキした気分が街にあふれていますよね。

若いころのようにイベント盛りだくさん!とはいかなくても、ちょっとしたパーティや食事会に招かれることが増えるシーズンです。

華やかなファッションに着替えたら、当然、ヘア&メイクもそれにあわせて華やかに!

といっても、気合を入れすぎると痛いオバサンになってしまいますからさじ加減が大切。

そこで、いつものひとつ結びの延長線上で取り入れられる華やかヘアをご紹介します。

 

大人の可愛さが引き立つ「編みおろし」ヘア

 

プリンセス風アレンジとして若い世代に人気のアレンジですが、派手すぎず品よく見えるのでアラフォーにもおすすめのスタイルです。

髪をひとつにまとめて三つ編みにするだけでも素敵に見えますが、さらにひと手間加えればワンランク上の仕上がりに。

サイドをねじることで、適度なボリュームが生まれるのでアラフォーの悩みである「ぺたんこ」もカバーできます。髪をアップにしないので、適度に首が隠せるのもいいところ。

顔まわりにおくれ毛を残せば小顔効果もあり。横から見られても美しいフォルム。担当/河野沙耶佳さん(MINX harajuku)

つくり方は…

1.ハチまわりをV字に取り分けて結ぶ

アイロンで根元から巻き、ワックスをもみ込んでおく。サイドの髪を残して、ハチまわりをV字に取り分け、ひとつに結ぶ。

 

2.サイドをねじり編みにする

前髪を残し、サイドの髪を2束に分けてクロスさせていく。髪を足しながらクロスさせるのがポイント。

3.クロスした毛束を後ろで留める

毛先までクロスしたら、1で結んだところにピンで留める。逆サイドも同様に毛束をクロスしてからピンで留める。

 

4.えり足の髪を三つ編みにする

えり足の髪を三つ編みにする。毛先を長めに残してゴムで結び、編み目を崩すように引き出したら完成。

 

仕上がりはこんな感じです

トップの髪を少しずつ引き出して立体感をつけるとおしゃれ。

毛束を引き出してふんわりさせるワザは、一歩間違うとボサボサヘアになりがちです。それを避けるためにも事前にしっかりとワックスをもみ込むことを忘れないで。髪がパサついていると疲れたオバサンに見えますが、ツヤとまとまりがあればおしゃれヘアに。これ、重要です。

 

「サイドくるりんぱ」で色っぽさを演出

 

定番となった「くるりんぱヘア」もサイドに寄せれば顔まわりが華やかに見えて、パーティヘアにぴったり。

めんどうでも最初に髪を巻いておくことをおすすめします。アイロンを使わなくてもカーラーでゆるいウエーブをつければ一気に華やぎますよ。特に顔まわりのおくれ毛(前髪含む)は顔の印象を左右するので、女性らしいやわらかな動きをつけておきましょう

いつものカジュアルヘアも巻きひとつでよそゆきヘアに昇格!

ひとつ結びもサイドに寄せることで華やかかつ色っぽく見える。担当/真木遊さん(Garland)

つくり方は簡単。サイドに寄せてひとつに結んだらくるりんぱをするだけ。

シンプルなヘアなので、イヤリングやヘアアクセをつけて盛ることを忘れないで。アクセサリーは素材やモチーフに統一感を持たせるとおしゃれに見えますよ。

 

見栄えするヘアは本を参考に練習を

 

ヘアアレンジは慣れが必要。いざというときにパパッとできるように日頃から練習をしておきましょう。

アレンジ初心者でもサロン帰りのようなアレンジができる「およばれヘアアレンジのABC」をぜひ参考にしてください。

プロセスはできるだけ詳細に、そして写真も大きく掲載しています。

ヘア&メイクアップアーティストの渡辺真由美さんが教えてくれるシーン別ヘアアレンジや、有名サロンの最旬アレンジなどバリエーションも豊富です。

 

およばれヘアアレンジのABC』主婦の友社・刊 980円+税

Amazon(印刷版)はこちら

今すぐ読めるAmazonキンドル版はこちら

楽天ブックスはこちら

hontoはこちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

「めんどくさがり40代」でもOK!簡単ヘアアレンジ3つのコツ

アラフォーになると結婚式や二次会に呼ばれる機会は少なくなってきますが、パーティなどおよばれシーンでのヘアスタイルはいくつになっても悩みのタネ。セルフアレンジでも…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

頭皮がたるむと5歳老け見え?多忙な40代でもできる「カンタン頭皮ケア」3つの新意識

アラサー女子たちの悩みは目元のシワが多いようですが、アラフォーになると気になるのはほうれい線。年々深くなってきたなと感じるにっくき線は頬のたるみが原因です。ハリを出す美容液やクリームを使ったり、マッサ…

同窓会で「疲れたオバさん」にならない40代のほどよい盛り髪って?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんにな…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右するのは前髪(顔まわりも含む)だし、もちろ…

暑いけど寒い!「冷房疲れ」のだるさを予防するあたためワザ5つ

例年、昼間しかクーラーを使っていなかった私もさすがにこの暑さには勝てず、ほぼ1日中クーラーを使っています。電気代を見るのが怖いのですが、一番怖いのは体の冷え。冷房による体のだるさを感じている人も多いの…

話題のパウダースタイリング剤。果たして「40代のオバ髪」を救えるのか!?

40代の髪悩みといえば白髪と薄毛(ボリューム不足)。私も白髪には悩まされ、定期的にサロンで染めてもらっていますが、次々と生えてくる白髪に追いつかなくなっている今日この頃…。毛量が多く、まだボリューム不足…

若づくりは痛い! 40代「オトナのポニーテール」の正解とは?

40代になって凝ったアレンジをすると「ムリしちゃって」「若づくりじゃない?」と思われそうで、無難なひとつ結びに落ち着いてしまいがち。素敵に見えるアレンジはないかとテレビや雑誌で日々、40代の芸能人やモデル…

ゴム1本なのに「オバサンぽくない」3分まとめ髪。40代が生活感を出さないおくれ毛のコツ

「今日は30度か、ちょっと涼しいな」と感覚がおかしくなっている今日この頃。暑い暑いと言っていても気温が下がるわけではないので、いかに暑さをしのぐかを考えるようになりました。日傘をさしたり、涼しい素材の服…

40代が使ってると最悪に痛い!ヘアアクセと髪のお道具

一歩外に出るとふき出す汗。駅に着くころには背中はびっしょりですよね。ボディだけでなく、もちろん頭皮も大量に汗をかいています。放っておくとニオイの元になるだけでなく、抜け毛などのトラブルも招きますから、…

頭皮の日焼けはオバ髪のもと!でも、頭皮の保湿ケアってどうすれば?

年々、夏の暑さが増しているなと感じていましたが今年は「暑い」という言葉では足りないくらいですね。できれば外出したくないのですが、そうはいかないのが現実。ギラギラと照りつける太陽の下を歩くには徹底した紫…

40代でも痛くないロングヘア!「Sカール」でつくるオトナ髪って

特別なお手入れをしなくてもツヤツヤで、ハリ・コシがあった頃はヘアスタイルの選択肢が多くありましたが、髪の老化が進む40代になると一気に狭まる気がしませんか?髪質の変化や「40代にもなってロングは痛い」とい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事