発表!時短美容家の2017年ベストコスメ5選【メイクアップ編】

2017年も、あとわずか。みなさんは、今年、どんなコスメを溺愛してきましたか?

今年も、スキンケア分野からメイクアップ分野まで、さまざまなコスメが発売されましたが「お気に入りに出会えた!」という方もいらっしゃれば「今年もまた、納得できるコスメに出会えませんでした……」と思っている方もいらっしゃいますよね。

今回は、時短美容家の私、並木まきが完全なる“独断と偏見”にもとづく、時短美容視点での2017ベストコスメ【メイクアップアイテム編】を5つ発表しちゃいます。

【アラフォーからの時短美容】の視点で、本当に役立ったコスメだけを厳選しました!

 

1:【ファンデーション部門】『オンリーミネラル ミネラルエアー』(ヤーマン)

専用のマシンを使い、微粒子のエアーファンデーションを顔に“吹き付ける”タイプのファンデーション。

シューっとスプレーするだけで、いくつものテクニックを駆使したかのような“ツヤ肌”が瞬時に完成し、くすみや毛穴も瞬時にカバー。

ファンデーションを“塗らない”ので、肌への摩擦も軽減でき、こちらのファンデーションを使い始めてから、お肌の調子がアガりました。

ただスプレーするだけで、しっかりメイクできるのは、本当に時短美容!

色みは「ライトオークル」と「オークル」を、2:1の比で混ぜて使っています。

 

2:【アイシャドウ部門】『トワニー ララブーケ アイカラーフレッシュ』WN-01(カネボウ化粧品)

デイリーメイクはブラウン系アイシャドウの私ですが「今日は、ちょっとイメージを変えたい」という日に大活躍だったのが『トワニー ララブーケ アイカラーフレッシュ』のWN-01。

さりげないパール感と、まぶたに加わるツヤ感が絶妙で、まぶたのくすみが気になる日に使うと、大人らしいインパクトが加わる色みなのです。

いつものブラウン系アイメイクを終えたあとに、目尻だけにこのアイシャドウを加えると、目元にナチュラルな深みが。ブラウンの邪魔をせず、ほどよいインパクトを加えてくれるバランスも、私がベスコスに選んだ理由です。

オイルリッチな感触で、パサつきは一切なく、ひと塗りで自然な陰影を叶えてくれるところは、まさに大人の時短美容にぴったり。

 

3:【アイブロウ部門】『ブロー:パレット』(シュウウエムラ)

濃淡2色のアイブローパウダーがセットされている『ブローパレット』は、今年に入ってから文字どおり毎日お世話になった、私のベスコス。

ロングセラーアイテムではありますが、今年の太眉メイクでかなり重宝しました。

付属のチップ類は短いので外出時のお直し専用に使い、朝のメイクでは長めの筆と組みあわせて使っています。

描くだけで立体感のある仕上がりになるパウダーは、超貴重な存在で、時短美容で大活躍でした。

 

4:【リップ部門】『マキアージュ ウオータリールージュ』RD333

ティントタイプのルージュで、マキアージュのロングセラー商品のひとつ。実は私、このシリーズが大好きで全部で6色を使っているのですが、このRD333は、口紅の下地として使うのに重宝しまくったカラーなのです。

単色で使うこともありますが、下地として塗っておくと、上に重ねるルージュの発色がアップするだけでなく、ティント効果で口紅が落ちてもあまり目立たないところが便利。

メイク直しする時間がとりにくい日でも、このルージュを塗っておくと安心感があってお守りコスメでもありました……!

 

5:【白髪対策部門】『クイックカモフラージュ ヘアカラーファンデ』(フェヴリナ)

アラフォーから急激に気になり始めた白髪は『クイックカモフラージュ ヘアカラーファンデ』のおかげで、ツヤ感のあるカバーが可能に。

白髪隠しのアイテムって、塗ると髪がゴワついたり不自然に見えたりすることもありますが、このヘアファンデは、ひと塗りで違和感なくカバーできるところが超優秀!

“ちょい見え白髪”もキレイに隠れるので、もはや手放せないコスメのひとつとなり、レフィルは今年すでに3つめを使用中です。

付属のブラシの斜めカットも絶妙で、色を塗りたい箇所にピンポイントで塗りやすい仕様だから、メイクの最後に時短で白髪隠しを済ませて、そのまま外出できています。

 

改めて思い返してみると、こんなふうに私のベストコスメは、2017年に発売になったものもあれば、去年から引き続き大重宝もの、発売は少し前だったけれど今年のメイクにヘビロテしているコスメもありました。

みなさまは、今年1年、どんなコスメを溺愛してきましたか?

(※掲載している画像は筆者の私物です。)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

ベースメイクは本当に年齢が出る!若見えする肌づくりの「3大べからず」って?

ベースの仕上がりは、メイクの中でも年齢が出やすい部分。工程を削ぎ落とした時短メイクを心がけていたとしても、若見えを狙う肌づくりには欠かせないポイントがあります。…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

オイルじゃ足りない40代「オバ見え髪」を救済!ヘアアイテム3選【特集オトナの髪悩み】

先日、OTONA SALONEの特集記事「白髪・くせ毛・広がる・パサつく「困り髪」、美容家の克服法は【特集オトナの髪悩み】」で、時短美容家として活動する私のヘアケアにまつわるアレコレを公開したところ、「40代になっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事