#71 元カレにフラれた40代独女に出会いはあるのか【40代編集長の婚活記】

「なんで結婚しないんですか?」 そう言われ続けて早10数年。45歳・独身・恋人いない歴8年・婚活歴1年4カ月のOTONA SALONE編集長・アサミ。

いちおうちゃんと働いていて、まずまず健康、社交性もあるのになぜ結婚できないのか? これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

「男性不信」3つの事件を振り返る

40代独女が結婚できない理由のひとつ「男性不信」。その闇を突き詰める「男性不信」シリーズは、今回から第4の事件になる。その前に、過去の事件をざっとまとめてみよう。

第1は「浮気」事件。最初にお付き合いした彼・サンコウくんに浮気されたこと。

第2は「心無い言葉」事件。合コンで3人の男性に「ボツボツ、ハズレ、気持ち悪い」と陰口を言われたこと。

第3は「勝手に去っていった」事件。恋人のシンユウくんに、理由もわからないまま「距離を置きたい」と言われ、スルーされ続け、フェードアウトされたこと。

男は浮気する、見た目で判断する、そして身勝手。

男なんて……やっぱり、信用できない。もう恋愛なんてできない。と、思っていたのだけれど、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」なのか? 第3の事件から1年半くらい経過すると、また一人の男性との出会いがおとずれた。

 

仕事で偶然、隣の席になったひと

その男性は、ある仕事で知り合った。38歳のときだ。

本来、その仕事は私が行く予定ではなかったのだが、当時の上司が急遽別件で行けなくなり、代理として参加した。

偶然、隣の席になったひと。それがクリエイターさんだった。2歳年上の男性。

もともと代理で行ったこともあって、私はその仕事の様子があまりよくわかっていなかった。自分なりに空気を読みながら状況判断をしていたけれど、ときどき考え込んでしまうこともあった。

困っていたとき、さりげなく助け舟をだしてくれたのが、隣の席のクリエイターさんだった。

 

お礼を伝え、名刺交換する

その仕事が終わったところで、私は彼に改めてお礼を伝えた。

アサミ「さっきはありがとうございました。アドバイスいただいて、本当に助かりました」

クリエイター「全然! 僕ならこう思うなってことを言っただけだよ」

アサミ「私、こういうところ不慣れで。今回は代理できていたので、ちょっと緊張してたんです」

クリエイター「僕はこういう仕事、慣れてるから。よかったらまたアドバイスしますよ」

困っていた私に一瞬でアドバイスをしてくれた彼。頭の回転の早い人だなと思った。クリエイターさんとは名刺交換をしただけで、その日は終わった。

 

なんて面白い文章!

その翌日、クリエイターさんからメールが届いた。基本は先日の仕事のことについてのメールだったのだが、最後にこんなメッセージが添えられていた。

クリエイター「追伸:僕が以前、書いていたブログです。けっこう当時は面白いって評判だったんですよ。よかったら読んでみてください」

彼の仕事に関することを記述したブログで、なかなかの長編。のべ50回くらいの記事だった。読み始めたら……とっても面白くて、読む手が止まらなかった。結局、50回もの記事を一気読みしてしまった。

人物の描写、リアルな会話、オチ……。思わずクスッと笑ってしまうことや、なるほどと思わせることが書かれていた。私はクリエイターさんの文章力の面白さに、尊敬の念をいだいた。正直、出版社で編集者として働いている自分よりも、ずっとずっと魅力的な文章だと思った。

 

感謝の気持ちに、尊敬の念が加わる

この人面白い……!

私はこんなふうに面白い文章なんて書けない気がする。その素直な気持ちを、クリエイターさんにメールで返信した。まずはお礼、そして本題である仕事の件での内容を書いた。そして最後に、こう記した。

アサミ「追伸:ブログ、本当に面白かったです! 声を出して笑っちゃいました。一気読みしちゃったので、続きが読みたいくらいです

……と。

クリエイターさんに対し、先日の仕事で感謝していた気持ちに、尊敬の念が加わった。それはまだ「仕事」という範囲でのことだったけれど。

 

違う視点を知ることの大切さ

それからしばらく、クリエイターさんとメールのやりとりが続いた。

先日、一緒になった仕事のことだけでなく、出版業界の現状を踏まえて、私の仕事へのアドバイスもしてくれた。彼が教えてくれたのは私が知らないことばかりで、本当に勉強になった。

これからの出版社・編集者は、ただ本や雑誌を作ってるだけじゃいけないんだ、と強く感じた。自分とは違う仕事の世界で働いている人の視点を知ることはとても大切だと、クリエイターさんが気づかせてくれた。これは約7年前のことだが、今でも感謝している。

 

お誘いのメールが届く!

クリエイターさんと連絡を取り合うようになって2週間くらい経ったころのこと。こんなメールが届いた。

クリエイター「情報交換がてら、二人で飲みに行きませんか?」

アサミ「ありがとうございます。ぜひ! いろいろ教えていただきたいです」

知識が豊富で、自分とは違う世界をたくさん知っているであろうクリエイターさん。誘ってもらったことは単純にうれしかった。

いうなれば、別の会社に勤める仕事の先輩と飲みに行くだけのこと。だが、自分の中にほんの少しだけクリエイターさんに対して感謝+尊敬、さらにプラスαの気持ちが、芽生えはじめていた気がした……。

 

【シンユウくんと別れて1年半、気になる男性・クリエイターさんが登場して……。続きはコチラ】

#72 モテない40代独女、ついに気になる男性に誘われて……!【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#70どうして? 男はあるとき急に態度が変わる問題【40代編集長の婚活記】

 

【一気読みしたいかたはコチラ】

40代編集長の婚活記まとめ #1~#70

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

#128 彼の「本音」がわからない。ついに疑惑を確認する⁉【40代編集長の婚活記】

OTONA SALONE編集長・アサミは46歳・独身。恋人いない歴9年の恋愛ご無沙汰女子。44歳で婚活をスタートさせてからまもなく2年半になるけれど、ゴールはまだ遠い。現在、ジェントルさん(アーティスト・49歳・バツイチ…

#127 2回目デートで急接近⁉ そのとき独女が思ったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身の恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。婚活をスタートさせてからまもなく2年半になるが、いまだに恋人もできず。恋人いない歴は9年以上になる。2回目のデートとなったアーティストのジェント…

#126 どうなる?はじめての銀座・婚活デート【40代編集長の婚活記】

「今年こそ結婚する!」 新しい年を迎え、そんな決意をするかたもいらっしゃることでしょう。46歳・独身・恋人いない歴9年、婚活歴2年超えのOTONA SALONE編集長・アサミは、今年こそ結婚できるのか⁉進行中の婚活相…

2019年に「増やすこと・減らすこと」。平成最後の元旦に考える

新年あけましておめでとうございます。“40代女性の一番リアルなメディア”をかかげる「OTONA SALONE」編集長の浅見です。本年もオトナ女性の「リアル」を追求してまいります。ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。…

#125 私って何なの? 2回目デートでいだいた不安【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。人生初の婚活をスタートさせてから2年以上経つが、恋人さえできないまま月日は経過。仕事で知り合ったらしきジェントルさん(49歳・バツイチ・子持ち・ゲ…

何を着る? ホテルラウンジでデート。ドレスコードとNGコーデは?【オトナの婚活コーデ】

オトナの婚活では、デートの待ち合わせ場所がホテルのラウンジということがあります。ラグジュアリーなカフェバーで優雅にお茶デートです。「何を着てったらいいの?」と悩む女性に、婚活歴2年以上のOTONA SALONE編…

40代からは「品のある口元」が大事! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・リップメイク編】

「オトナの品格は口元にあらわれる」。そんな言葉を聞いたことがあります。確かに口元がルーズになっていると、ちょっと頼りない印象を受けますよね。40代、キャリアを積んで責任ある仕事をしているオトナ世代。口元…

#124 どうなの? デートの途中に仕事をはさむ男って【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、そう一筋縄ではいかない。46歳・独身・恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミは婚活すること2年以上。いまだに結婚のゴールは見えない(それより先に本ができた・苦笑)現在進行形なのは、49歳…

白髪とツヤ、ボリュームのお助け!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ヘアケア編】

40代になって髪のエイジングケアがとても大事なことを痛感しています。正直30代までは髪の悩みがほとんどなかったんですけど……。驚いたことに、40代になってツヤ、白髪、ボリューム、手触りなどに悩むようになりまし…

美人見えのカギは肌づくり! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事