指がホットビューラーに?驚きの「時短まつげメイク」最新ワザ3

スポンサーリンク

まつ毛に華やぎがあると、グッと顔が明るくなります。

しかしアラフォーの目元は、やりすぎても痛々しく見えるし、ナチュラルすぎても老け見えを招くから、さじ加減が本当に難しい!

さらに、オフィスやパーティ、ランチ会などTPOに合わせてメイクを変える必要もあるので、時短まつ毛メイクのバリエーションは、豊富なほどいいですよね。

「まつ毛の強弱を意識したメイクを、時短で楽しみたい!」と考えていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、私がお話しすると「あっ」と驚かれることが多い、40代が活用できる最新時短まつ毛美容テクを3つお話します。

 

1:フィンガーホットビューラー

ビューラーをすればまつ毛が上がることはわかっていても、時間がなかったり出先のメイク直しだったりで、なかなか丁寧にビューラーを扱うのは難しいシーンもあります。

そんなときは、指を使ったフィンガーホットビューラーが便利なテクに。

まつ毛が上がると、それだけで0.5〜1mmくらいまつ毛が伸びたようなインパクトが出るもの。画像のように、指の側面をまつ毛の生え際に添えて少し押すだけで、即席ビューラー効果が得られます。

しかも、指の体温でホットビューラーの効果もあるので、まつ毛のカールをキープしやすく、ビューラーを使ったあとのまつ毛と比較して、仕上がりは遜色なし。

指は、このあたりをまつ毛に添えると、フィットします。

トイレの個室でこっそりできる、まつ毛お直しの時短テクです。

 

2:マグネット式つけまつ毛

昨今は、グルーを使わないつけまつ毛も増えていますが、先日私がアメリカからお取り寄せした『One Two Lash』は、人工まつ毛にマグネットが付いていて、プラス極とマイナス極で自まつ毛を挟み込んで、瞬時にボリュームアップが叶う一品!

私が取り寄せたデザイン以外にも、目尻のみの短いタイプやもっとバサバサしたデザインのものなど、いろいろありました。

慣れるまでは少しコツがいりますが、フィットする位置さえ覚えてしまえば、まつ毛メイクが数秒で完成。

私は、ウィークディには盛り盛りのまつ毛はイヤだけれど、パーティや披露宴出席などの「ここぞ!」な日にまつ毛を盛りたい女性におすすめしています。

マスカラやマツエクに苦手意識をもっている方にとっても、ありそうでなかったこの発想が、究極の時短美容テクに!?

 

3:まつ毛すき間埋めライン

急いでメイクをしなくてはならないシーンでは、丁寧にアイラインを描いている時間もない!

こんなふうに、美しいラインを完成させるだけの余裕がない日には、まつ毛のすき間を埋めるテクニックで乗り越えられます。

すき間埋めラインは、多少ブレていても、真っ直ぐに描くラインよりは気になりにくいので、時短で目のインパクトを出したい日に、これほど便利なアイラインテクはありません。

最近では、まつ毛のすき間を埋めるための専用アイライナーも発売されていますが、ふだんのアイライナーを応用しても大丈夫。リキッドだと難しいので、ペンシルやジェル、ペンタイプのアイライナーが便利です。

また、40代が目元を悪目立ちさせずにインパクトを出すなら、チョコレート系などの濃いめブラウンが安心。

私は『アイシルエットマーカー』(ケイト)の【BR-1】を使っています。

両目のまつ毛のすき間を埋めるだけなら、わずか数十秒で、すっぴんよりもインパクトのある目元が手に入ります。

 

シーンに合わせてまつ毛を変えてインパクトに強弱をつけると、40代らしい品のある目元に仕上がります。

あまりメイクに時間をかけられないけれど、それなりに手間をかけたように見える仕上がりを狙っている40代女性のみなさま!ぜひ、こんなテクニックを応用してみてください。

(筆者注:画像はすべて筆者の私物です。)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代の「おばさんくささ」が際立つ!3大NGアイライン

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

ブツブツの吹き出物やシミ…40代が「悪目立ちしない」時短ベースメイク

アラフォーくらいからは、ブツブツとした吹き出物やシミなどお肌のネガティブな変化にため息をつくシーンもありがち。日々のスキンケアでは補いきれない変化が生じると、メイクでフォローしていくしかなくなります。…

「石原さとみ風モテメイク」のつもりが…40代が痛オバになるポイントは?

今季は『アンナチュラル』(TBS系)で、解剖医を演じている石原さとみさん。雑誌やWebの“モテメイク特集”では、必ずと言っていいほど名前が挙がる常連でもあります。「ふんわりとした表情が素敵な石原さん風の顔にな…

穏やかで誠実そうなほどヤバい「DVモラハラ男」の隠れた特徴って?

ご縁あって結婚しても、やむを得ない事情により“離婚”を選択する人も珍しくない昨今。結婚するときから離婚を視野に入れている人は極めて珍しいので、結婚前にはわからなかった致命的な“何か”によって、別々の人生を…

「お会計シーン」で見抜く!この男もしかして地雷?な3ポイント

婚活は結果ばかりを求めてしまうと、その焦りから“ハズレ”の男性も掴みやすくなります。言うまでもなく結婚は「ゴール」ではなく「スタート」なので、幸せな結婚生活を送るためには、“それ相応”の男とのご縁を結ぶの…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともにカサつきが気になる私たちの肌を、やさしく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事