お尻の冷えは怖い⁉︎ お尻を温めて美尻を作る7つのコツ

 

昨年は「美尻」を目指す女性が多く、美尻づくりのためのお尻専門のパーソナルジムが注目されました。たしかにお尻って普段自分ではあまり触らないし見ることもありません。また、触ると冷たいことも…。この冷えこそが要注意です。体を触って冷えている個所は脂肪も冷えています。冷えた脂肪を放っておくと、そのうちお尻の形も変わってしまいます。そこで今日は、きれいな美尻をつくるコツを紹介していきます。

 

「手足ほどは気にしない」お尻ですが…

 

こんばんは! 今日のテーマはお尻の冷えについてです。あなたのお知は冷たくなっていませんか? 手足の冷えを気にする人はいても、お尻の冷えを気にする人は少ないですよね。「冷えは万病のもと」とも言われています。お尻の冷えも気にしてください。ではお尻が冷えるとどんなことが起こるのでしょうか。

 

実はみんなお尻が冷えている!

 

人の体は冷えるところを温めようとして脂肪を増やすといわれています。なので、体が冷えているとダイエット効果が出にくいといえます。下半身がとくに冷えていると、血液の流れや老廃物もたまりやすく、むくみの要因にもなりますね。女性にとってお尻は大切な子宮などの器官を守る部分です。お尻が冷えると婦人科系の部位に不調をきたすこともありますので、自分のお尻はどうなのか確認しておきたいです。

手足の末端が冷える理由はなんとなくわかるけれど、服を着ているのにどうしてお尻は冷えるのか? お尻って触りもしなければ、ほとんど動かすことのない部分ですよね。なので、私の日々の実感として、手足よりも冷えやすく血流も悪くなりやすいです。また、デスクワークなどで座ったまま、仕事で立ちっぱなしなど、同じ姿勢でいるとお尻の血流が滞り、冷えに繋がります。

 

お尻のボコボコ、大きくなる理由は

 

冬は寒いと脂肪を蓄積して寒さから守ろうとしますが、脂肪は一度冷えたら温まりにくいという特徴があります。また、冷えた脂肪は固く、ブヨブヨとした感じ。運動不足でお尻の筋肉を動かさない人、もともと脂肪が多い人は、お尻が温まりにくく、お尻が冷えていると感じてもっと脂肪をつけようとするのです。これは悪循環ですよね。

エステでは、まず体を温めて発汗などをしてからマッサージに入ります。これは冷えたままの脂肪でマッサージをするとボディメイクの効果も出しにくいからといわれています。また、体が冷えているとエステを受けている方も痛みを感じやすいので、温めるメニューを取り入れていることが多いですね。

 

この季節心がけたい「お尻の温めかた」7つ

 

お尻は女性にとって大事な箇所であり、体型にも影響するパーツというのがわかりました。では次にお尻を冷やさないコツをご紹介していきます。

1.湯たんぽやホッカイロなどを活用
2.膝掛けで足元、腰回りを冷やさない
3.なるべく毎日お風呂に入る(温熱作用のある入浴剤などを利用)
4.お尻マッサージやストレッチをする
(お尻歩き運動やお尻をトントン叩いたり、床に押しつけてグリグリほぐすのもいいですよ)
5.正しいウォーキング(太ももや骨盤を動かすことでお尻の筋肉が動きます)
6.ふくらはぎや足裏のツボ押し、足湯など
(下半身の血流を良くすることでお尻の血流促進に繋がります)
7.温かいものを食べる&飲む(苦手でなければスパイス料理など)

30代を過ぎると体型の変化が少しずつやってきます。そして、40代を過ぎると30代のつけに加えて、筋肉の少ないボディはさらに老けていきます。体はやった分だけ応えてくれます。7つのコツでお尻を冷やさないようにしていきましょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

そのクセをやめるだけでヤセられる!生活に潜む"太りグセ”とは?

ヨガやサプリ、エステなど、頑張っているのにヤセない。その理由は、太りやすい体質のせいではなく、生活に”太りグセ”が潜んでいる可能性があります。自身のマイナス20kg体…

だいぶヤバイ!40代のお尻と太もも、今からでも効果大のエクサ4つ

パンツを履いて「ヤバイ」と感じたことありませんか? パンツのラインが肉に食い込んで痛いとか、動いているとパンツがどんどんお尻の谷間に入っちゃうとか、とにかくお尻…

勝手に予測! 2017美容&ダイエットの流行、4つのキーワード 

新年あけましておめでとうございます。本年も、OTONA SALONEはリアル役立つ情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。さて、2017年がスタートし…

2018これが来る! 美容・健康・ダイエット流行予測 by編集長アサミ

新しい一年が始まりました。あけましておめでとうございます。OTONA SALONE編集長・浅見です。本年もよろしくお願いいたします。2018年のスタート。今年はどんな年になり、…

40代で急に気になる「手のシミ・シワ」どうすれば?セラピストのケア9連発

年齢とともに増えてくる手のシワ・シミ。手のシワは年齢が最も現れる部分だと言われています。40代、50代の男性も意外と手・脚といったパーツを見ていることが多いのが現実…

ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

夏と冬、ダイエットに適しているのはどちらのシーズンでしょうか? ダイエットに取り組む人が多いのは、肌を露出する機会の多い夏。また、汗の量や夏バテによる食欲の低下…

頭ほぐしで頭皮のコリを解消!リフトアップが期待できるマッサージポイント4つ

頭がいつも重いという人、頭皮を触るとカチカチではありませんか?そんな人は「顔を引き上げる力」が落ちぎみです。頭のこりを解消すれば、顔も自然とリフトアップされるん…

いつまでも若々しい人が食べてる!毎日の「美肌食」6キーワード

化粧品だけでは若々しい美肌は維持できない、と40代なら気づき始めますよね。つまり、身体の中から肌を守るスキンケアも重要になるのです。「食べるスキンケア」を始める時…

40代がダイエットを成功させるコツは?食事・運動とこの3つ

「自分の気持ちをセーブできなくてイヤ!」「情緒不安定で仕事に支障が……」。40代の大人の女性でも身内や職場、プライベートなど、悩みが多くなると感情をコントロールする…

「食べ過ぎてもへっちゃら〜!」たくさん食べても小顔効果が出る習慣3つ

冬場はクリスマスに始まり、おせち、お雑煮、2月の恵方巻など美味しいごちそうがたくさん! 毎日の食べ過ぎ、飲み過ぎで体が重くなっていませんか? とくに顔やお腹は脂…

「花粉で肌荒れ」防止!春のスキンケア&メイクの5つのコツ

少しずつ暖かくなってきて、桜や新緑など春をイメージすると気持ちが明るくなるけれど、悩ましいのが花粉症……。症状が出始めると気分が落ち込みます。花粉に加え乾燥や強風など肌にとっては過酷な条件が重なり肌トラ…

花粉対策アイテムで老け防止!花粉を寄せつけない5つの習慣

3月に入ると身近に感じてくるのが花粉症。ふだん症状が軽い人も年々花粉の量が増えている今年は辛く感じるのでは? 今日は、まだ自分が花粉症だと認めたくない人、花粉による症状が軽い人向けに花粉対策のアイテム…

「ぽっこり腹」にコレがいい。朝夜5分、反り腰改善3つのポーズ

お腹やせを目指して腹筋を鍛えたいのに、腰が痛くてトレーニングにならない…というお悩みありませんか? 私自身、人一倍の反り腰で、腹筋を鍛えるエクササイズをしてもどうしても腰に響いてしまい長年困っています…

治らない!繰り返す「口周りのニキビ」の気になる原因と治し方は?

肌の乾燥も気になるけど、あごのざらつき、吹き出物も増えて気分が落ちる…冬の時期にニキビが増えてくり返し改善されなくて悩んでいる人は、一度スキンケアの見直しをしてみると解決するかもしれません。今日は、冬…

冬の寒さに負けない!オトナの「冷え取り対策」5選

冬の寒さも本番。冷え対策は万全でしょうか。女性の悩み「冷え」。冷えが原因で体調を崩している人も多いはず。そこで、今回は心も体もあったかくなる、冷え対策の習慣やグッズをご紹介します。冷え対策に、体の芯か…

「正月太り」すぐできてめんどくさくない対策は?私のリセット法3つ

年始はイベントが盛りだくさん。まだまだお正月気分が抜けない年はじめ。年始のほうが人と会う予定で忙しい! という人もいますよね。ですが、楽しい飲み会も多く、食べ過ぎ・飲み過ぎで消化不良を引き起こすことも…

正月太り対策に!気持ちよくて、ラクしてやせる!? 3つのダイエット法とは?

まだまだお正月気分が抜けない仕事はじめ。年末は仕事の追い込みで、年始のほうが人と会う予定で忙しい! という人もいますよね。体調管理と体重管理は大丈夫ですか? 今回は筆者が実践した、正月太り対策にハマっ…

私が1か月で-5キロやせたコツ。「短期集中ダイエット」でスリムボディ

明けましておめでとうございます! お正月はいかがお過ごしでしょうか。新年は人と会う機会が多く、行く場所にはおいしいご馳走がズラリ…。仕事を忘れてお酒もすすむ…。でも気づいたら消化が追いつかず、お腹がぽっ…

「ナイトブラ」の効果を高める「食事の選び方」と「美乳を育てる睡眠習慣」

諦めていたバストアップ…ボディケアを整える意味でも、メディアで注目の「ナイトブラ 」を試してみました。今回はナイトブラ の効果を高める食事の選び方と美乳を育てる睡眠についてご紹介していきます。ナイトブラ…

飲み会で太らない食事管理「脂肪を溜め込まない!」当日と翌日の過ごし方

年末年始は人と集まる機会が多く、ダイエット中でもつき合いで飲み会に参加することもありますよね。ここで起きるのがいわゆる「年末年始太り」。自分の意志だけでは食べ過ぎ、飲み過ぎがセーブしにくい季節ならでは…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事