コントロールカラーの塗り方で変わる!時短くすみカバー術

アラフォーに突入してから「なんだか、顔のくすみが気になるわ」と、人知れず嘆いてはいませんか?

若い頃と同じようにベースメイクをしても、その頃と同じように透明感のある仕上がりにならないのは、“くすみ”のせいかもしれません。

「くすみをカバーしつつ、時短でメイクを仕上げるにはどうすれば?」と、疑問に感じている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、時短でできるくすみカバー術のお話です。コツさえつかめば、時短メイクでも“くすみ”はちゃんと隠せます!

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

なにはともあれ“くすみ”隠しには「コントロールカラー」

顔色を明るくして透明感のある肌に仕上げるには、なにはともあれコントロールカラーの出番です。

若い頃には、無色の下地の上からファンデーションを重ねていた女性も、年齢を重ねてお肌の輝きが失われたと感じたら、コントロールカラーを手にとってみて。

ピンク系やブルー系、グリーン系の3色が定番ですが、アラフォー肌特有の“微妙なくすみ”には、単色よりも組み合わせワザが効きます。

 

垢抜けない肌は血色感と透明感を足せばいい

ファンデーションを塗っても、どこか垢抜けない顔色になっている場合、“血色感”と“透明感”が不足している40代女性も多めです。

そこで、コントロールカラーは、ピンクとグリーンを混ぜて、血色と透明感を同時に足していきましょう。

対照的な色をあえて混ぜると、自然なカバー力が生まれます。

混ぜる比率は、ご自身の顔色を見ながら血色感が足りなければピンクを多めに、透明感が足りなければグリーンを多めに。

「黄くすみをとるには、ブルーのコントロールカラー」は、よく耳にする言葉かと思いますが、血行が悪くなりがちな40代肌にブルーを加えてしまうと、顔色が悪く見えたり“やつれ顔”に映ったりしやすいので、グリーンが無難です。

また、コントロールカラーはツヤ感のあるものよりも、ツヤのないマットなものをセレクトして。上からファンデーションを塗るので、コントロールカラーにもツヤがあると、40代の肌ではテカリに見えやすいのです。

 

1:全体的な“くすみ”には目の下から頬骨の切れ目までのゾーンに塗る

全体的なくすみが気になっていたとしても、顔全体にコントロールカラーを塗ってしまうと、やや不自然な仕上がりになりやすく、白浮きの原因にもなりかねません。

そこで、目の下あたりの頬から頬の骨のキワまでに、やや太めにコントロールカラーを塗っていきます。

この部分は顔の中でも光が当たりやすいパーツなので、光の加減でツヤ感が増し、お肌全体がトーンアップして見えます。

(画像ではピンクとグリーンのコントロールカラーを塗っていますが、紙に塗ったところブラウンに見えています)

 

2:目まわりのくすみには目の下と目尻に塗る

目のまわりのくすみが気になるときには、目の下から目尻の横までにコントロールカラーを入れて。

気になるくすみだけをフォローし、光を反射して目立ちにくくしてくれるので、ナチュラルにカバーできます。

細めに塗るほうが自然なので、ブラシを使ったほうがラクに塗れます。

また、上まぶたにコントロールカラーを塗ると、“くすみ”はカバーできてもそのあとのアイシャドウがヨレやすくなるので、時短でベースメイクをするなら、目の下と目尻にだけ入れるだけでも十分です。

 

顔全部にコントロールカラーを入れてしまうと、ファンデーションを加えたあとには首とのコントラストも目立ち、厚塗り感が加速。

おばさん見えの原因にもなりかねません。

アラフォーになったら、“時短メイク”でも、ちょっとした手間は省けません。気になる“くすみ”はぜひ、コントロールカラーの部分塗りで、ナチュラルにカバーしてみてください。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

繊細すぎる…? 男性がひっそり扱いに困っている「ナイーブな40代女性」のLINE3選

「この人、扱いにくい」と男性に感じさせるのは、婚活中の40代女性ほど、得策ではありません。しかし残念ながらも、ちょっとしたLINEのせいで、不用意な扱いにくさを醸し出してしまっているパターンもあるから、コミ…

高価な美容液より効く!? たるみ対策にはコレが必須【特集オトナのたるみケア】

今月のOTONA SALONE執筆陣による特集は「おとなのたるみケア」とのことで、時短美容家として活動をしている私からは、まずは“顔のたるみ”に効果を感じている方法をみなさんにお話します。「顔のたるみ」は気づかぬう…

気づけばおばさん! 40代女性の「老け見えメイク」うっかり秋にやりがちな3選

秋の気配が、日ごとに深まってきている今日この頃。メイクでも、先月までより“秋っぽさ”を意識している40代女性は、少なくないことと思います。ところが、この時期に、実はやりがちなおばさん見えするメイクの罠も!…

塗るだけでうっかりオバサン?40代は「避けたほうが賢明」な2018秋トレンドコスメ3選

2018年秋を迎え、今季のコスメも、そろそろ出揃ってきた頃合い。百貨店やドラッグストアに出向き、秋仕様のコスメにアップデートを計画中な40代女性も多いタイミングになりました。今年は、くすみカラーの当たり年に…

男はドン引き…「薄っぺらいオバサン」に認定される40代女性の痛いLINE3例

ちょっとしたやりとりによって「この人、薄っぺらい人だなぁ」と思われるのは、40代女性にとっては避けたい事態。しかしまだ相手の“人となり”がよくわからないうちには、なにげないやりとりから、相手の性分をつかも…

40代が「5歳若見え」するカギはシャンプーだった!時短美容家が試したヘアケアは

40代になってから、これまでとは手触りや見た目が変わった髪に違和感と年齢を感じつつも「どうにかならないものか……」と、対処法を模索している女性は少なくないはず。かくいう私も、くせ毛による広がりやパサつき、…

[PR]

今すぐ捨てて…! 40代女性をオバ見えさせる「2018秋のNGコスメリスト」

夏から秋にシフトしつつある今の時期は、“コスメの衣替え”にも、ぼちぼち手をつけたい頃合い。季節の変わり目には、直前の流行メイクをしているだけで古臭い顔にも見えやすいことから「ダサいオバサン!」なんて不名…

カフェデート中の40代、気づけば「この人オバサン…?」と思われがちな行動3例

まだお付き合いに至るのか、至らないで終わってしまうのかを探り合っている段階でのデートでは、相手の“人となり”を、些細な情報からジャッジしようとする男性も少なくありません。遠出に至る前の定番デートと言えば…

メシマズより厄介…? 男がゲンナリする「40代女性の手料理」にまつわるダメ事例3選

親密な関係になった男性に、手料理を振る舞うのは「男の胃袋を掴む」的な側面の恋愛テクニックとしても王道です。味覚が合うカップルは、まさに“胃袋を掴まれた”かのように、長続きしやすいとも言われます。そんな効…

男性から「寂しいオバサンだな」と思われる…?ペットと暮らす40代女性のNG行動

近年は、ひとり暮らしで、犬や猫などのペットと暮らしている40代女性も決して少なくありません。犬や猫は、話し相手や遊び相手になってくれる存在でもあり、家族の一員として生活を豊かにしてくれるのは確か。しかし…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事