40歳は「ダブル成人式」。本当の成人、W成人とは by編集長アサミ

「成人とは何歳からか?」、成人の日がくるたびに思い出すOTONA SALONE編集長の浅見です。というのは、中学3年生の国語の授業で、まさにこのタイトルで作文を書いたため。当時は15歳。いまは3倍の45歳……。成人式はもちろん、ダブル成人式の40歳もとうの昔に終えているいま、改めて「成人とは?」について考えてみた。

 

15歳で考えていた「成人」について

なぜ中学3年生のときにこのようなタイトルで作文を書いたのか。私は埼玉県出身なのだが、当時、県立高校の国語の試験内容のひとつに「作文」というのがあった。そのため、受験対策として国語の授業で時折、作文のテーマを与えられ、制限時間内に書くということがあったのだ。

このテーマを授業で書くことになったのは、まさに1月(あ、30年前か……)。そのとき15歳の私が書いた「成人とは何歳からか?」という作文は、このようなものだった。

 

「成人とは何歳からか?」

20歳を超えたからといって、誰もが成人とは限らない。何歳からかと問われると、17歳からかもしれないし、30歳を過ぎても成人ではないかもしれない。

社会的自立・経済的自立・精神的自立、この3つができて初めて「成人」だと私は思う。

 

社会的自立は、基本的な生活習慣を身につけていて、人間的にも職業的にも、一社会人として誰にも頼らずにいられること。

経済的自立は、文字通り、金銭面において自分一人の収入で生活できること。

精神的自立は、他人に流されず自分で考えて決断を下すことができたり、困難な状況下において誰かに依存せず乗り越えられたりすること。

この3つができて初めて、本当の意味で「成人」なのだと思う。

 

この3つの自立ができていれば年齢が何歳であろうと、たとえば17歳であっても成人と言えるし、逆にどれかが欠けていたら20歳を過ぎていても成人とはいえない。

いま私は15歳で普通に考えたら5年後に成人式を迎えるのだが、私は20歳で成人できていないと思う。それは、たぶんまだ学生でいるからだ。もし大学に入ったとしたら、大学2年生くらい。社会的自立や経済的自立はできていない。そして精神的自立もできているかどうかはわからない。

 

私が「成人」と言えるようになるには、早くても社会人になってからの22歳以降。もしかしたら30歳くらいなのかもしれない。でも、隣の席の友人は、16、17歳で成人といえる自立を確立しているかもしれない。

「成人とは何歳からか?」 その答えは人それぞれだ。成人の条件は「社会的自立・経済的自立・精神的自立」ができていれば、である。

 

学生は、成人or成人ではない?

15歳のころからなんとまぁ、可愛げのない、めんどくさい人間だったんだろう(苦笑)。しかし「成人とは何歳からか?」に対する考えは、いまも当時と変わっていない。経済的に親に依存している学生のうちは、やっぱり成人ではない(自分で学費や生活費を賄っていたら別だが)。もちろん、それに反論するご意見もあるとは思うが。

それなら私は20歳のとき成人式に出席したり振袖を着なかったのかというと……振袖を着て地元の市民会館に行った(苦笑)。前年の夏休みに「成人じゃないから成人式に行かないし振袖も着ない」と宣言したのだが、祖母に「死ぬ前に着物姿を見せてほしい」と涙ながらに懇願され、おばあちゃんっ子だった私はそれに根負けし……(苦笑)。

 

自分の中で「成人できた」と思った年齢

とはいえ、自分の中ではずっと「20歳は超えたけれど、本当の意味で成人ではない」という気持ちがあった。社会人になった22歳、社会的自立・経済的自立はいちおうできたけれども、まだ精神的自立ができていない気がしていた。

自分自身で「成人できたかな」とやっと思えるようになったのは、30歳だったと思う。それまでも、わりと他人に頼らないほうだったとは思うが、自分の中でブレない強いメンタルを確立できたのはこの頃だった。確か30歳のとき、着物一式を「成人した証」として自分で買った。

 

ダブル成人の条件・定義とは?

40歳のことを最近、「ダブル成人式」というらしい。理由は20歳の倍の年齢だから。

では、「成人とは?」について15歳の私が、社会的自立・経済的自立・精神的自立を条件としてあげたように、「ダブル成人とは?」に対する条件はなんなのだろうか。

社会的、経済的、精神的自立をしていても、私は成人として、オトナとして、何かまだ足りないものがあることに最近気づいた。

それは「誰かを支えること」「社会を支えること」だ。

 

 

誰かを、社会を支える=真の自立

「誰かを支える」というのは、家族や友達、恋人、仕事仲間など身近な人を支えることだろう。私は夫や子供がいるわけでもないし、両親も幸いなことに健康でいてくれる。子育てや介護、誰かのための家事ということをしていない(もちろん自分のために家事はやっているが)。

「社会を支えること」というのは、ひとことでいえば社会貢献だ。もちろん税金を納めるといった国民の義務を果たしたり、募金、環境を考えた生活も少しはやっているが、災害支援、貧困問題、経済的貢献、未来を考えた環境への取り組み……などについて、真剣に何か活動をしているかというと、そうではない。

誰かや社会を支えることができることこそ、「真の自立」かもしれない。たとえば一人で自立していても頼られたら倒れてしまうようでは、仮初めの自立。自分で立っていてなおかつ、頼られても立っていられるということが、本当の意味での自立ではないだろうか。

 

「ダブル成人とは何歳からか?」

私は40歳どころか45歳という年齢まで、突き詰めれば「自分のために」やってきた行動が多かったような気がする。自分のために中心で行動してきた同世代、もしくはそれ以上の世代のかたもいるかもしれない。

その一方で、40歳よりももっと若いうちに誰かを支えたり、社会を支えたりできているかたもいる。その人達は40歳を待たずしてダブル成人を迎えている。たとえば子育てをしている人は、すでに「子供のために」という行動をしている。

まだまだ私はダブル成人を満たしていないと反省すると同時に、これからは自分のためにだけではなく、誰かのために、社会のために行動していきたい。そう決意した。

誰かを支えてあげたいと思うし、何かがあって頼られても倒れない人間になりたい。

 

「ダブル成人とは何歳からか?」 その答えも成人と同様、人それぞれ、だ。ダブル成人の条件は「誰かを支えること・社会を支えること」ができていれば、である。

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

“考える婚活””オトコの行動を読む婚活”を提唱している私ですが、婚活の最終的な決め手は縁だと思っています。本人同士がいくら頑張っても、縁がなければダメなのです。縁イ…

佐藤琢磨の行方は?『5時に夢中!』内藤が仕組んだ衝撃の略奪婚

今日は“勝つ不倫”について考えてみたいと思います。“勝つ不倫”とはズバリ略奪のことです。“勝つ不倫”ができるオンナとは……“勝つ不倫”を成し遂げるために、必要なものが2つ…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事