40歳は「ダブル成人式」。本当の成人、W成人とは by編集長アサミ

「成人とは何歳からか?」、成人の日がくるたびに思い出すOTONA SALONE編集長の浅見です。というのは、中学3年生の国語の授業で、まさにこのタイトルで作文を書いたため。当時は15歳。いまは3倍の45歳……。成人式はもちろん、ダブル成人式の40歳もとうの昔に終えているいま、改めて「成人とは?」について考えてみた。

 

15歳で考えていた「成人」について

なぜ中学3年生のときにこのようなタイトルで作文を書いたのか。私は埼玉県出身なのだが、当時、県立高校の国語の試験内容のひとつに「作文」というのがあった。そのため、受験対策として国語の授業で時折、作文のテーマを与えられ、制限時間内に書くということがあったのだ。

このテーマを授業で書くことになったのは、まさに1月(あ、30年前か……)。そのとき15歳の私が書いた「成人とは何歳からか?」という作文は、このようなものだった。

 

「成人とは何歳からか?」

20歳を超えたからといって、誰もが成人とは限らない。何歳からかと問われると、17歳からかもしれないし、30歳を過ぎても成人ではないかもしれない。

社会的自立・経済的自立・精神的自立、この3つができて初めて「成人」だと私は思う。

 

社会的自立は、基本的な生活習慣を身につけていて、人間的にも職業的にも、一社会人として誰にも頼らずにいられること。

経済的自立は、文字通り、金銭面において自分一人の収入で生活できること。

精神的自立は、他人に流されず自分で考えて決断を下すことができたり、困難な状況下において誰かに依存せず乗り越えられたりすること。

この3つができて初めて、本当の意味で「成人」なのだと思う。

 

この3つの自立ができていれば年齢が何歳であろうと、たとえば17歳であっても成人と言えるし、逆にどれかが欠けていたら20歳を過ぎていても成人とはいえない。

いま私は15歳で普通に考えたら5年後に成人式を迎えるのだが、私は20歳で成人できていないと思う。それは、たぶんまだ学生でいるからだ。もし大学に入ったとしたら、大学2年生くらい。社会的自立や経済的自立はできていない。そして精神的自立もできているかどうかはわからない。

 

私が「成人」と言えるようになるには、早くても社会人になってからの22歳以降。もしかしたら30歳くらいなのかもしれない。でも、隣の席の友人は、16、17歳で成人といえる自立を確立しているかもしれない。

「成人とは何歳からか?」 その答えは人それぞれだ。成人の条件は「社会的自立・経済的自立・精神的自立」ができていれば、である。

 

学生は、成人or成人ではない?

15歳のころからなんとまぁ、可愛げのない、めんどくさい人間だったんだろう(苦笑)。しかし「成人とは何歳からか?」に対する考えは、いまも当時と変わっていない。経済的に親に依存している学生のうちは、やっぱり成人ではない(自分で学費や生活費を賄っていたら別だが)。もちろん、それに反論するご意見もあるとは思うが。

それなら私は20歳のとき成人式に出席したり振袖を着なかったのかというと……振袖を着て地元の市民会館に行った(苦笑)。前年の夏休みに「成人じゃないから成人式に行かないし振袖も着ない」と宣言したのだが、祖母に「死ぬ前に着物姿を見せてほしい」と涙ながらに懇願され、おばあちゃんっ子だった私はそれに根負けし……(苦笑)。

 

自分の中で「成人できた」と思った年齢

とはいえ、自分の中ではずっと「20歳は超えたけれど、本当の意味で成人ではない」という気持ちがあった。社会人になった22歳、社会的自立・経済的自立はいちおうできたけれども、まだ精神的自立ができていない気がしていた。

自分自身で「成人できたかな」とやっと思えるようになったのは、30歳だったと思う。それまでも、わりと他人に頼らないほうだったとは思うが、自分の中でブレない強いメンタルを確立できたのはこの頃だった。確か30歳のとき、着物一式を「成人した証」として自分で買った。

 

ダブル成人の条件・定義とは?

40歳のことを最近、「ダブル成人式」というらしい。理由は20歳の倍の年齢だから。

では、「成人とは?」について15歳の私が、社会的自立・経済的自立・精神的自立を条件としてあげたように、「ダブル成人とは?」に対する条件はなんなのだろうか。

社会的、経済的、精神的自立をしていても、私は成人として、オトナとして、何かまだ足りないものがあることに最近気づいた。

それは「誰かを支えること」「社会を支えること」だ。

 

 

誰かを、社会を支える=真の自立

「誰かを支える」というのは、家族や友達、恋人、仕事仲間など身近な人を支えることだろう。私は夫や子供がいるわけでもないし、両親も幸いなことに健康でいてくれる。子育てや介護、誰かのための家事ということをしていない(もちろん自分のために家事はやっているが)。

「社会を支えること」というのは、ひとことでいえば社会貢献だ。もちろん税金を納めるといった国民の義務を果たしたり、募金、環境を考えた生活も少しはやっているが、災害支援、貧困問題、経済的貢献、未来を考えた環境への取り組み……などについて、真剣に何か活動をしているかというと、そうではない。

誰かや社会を支えることができることこそ、「真の自立」かもしれない。たとえば一人で自立していても頼られたら倒れてしまうようでは、仮初めの自立。自分で立っていてなおかつ、頼られても立っていられるということが、本当の意味での自立ではないだろうか。

 

「ダブル成人とは何歳からか?」

私は40歳どころか45歳という年齢まで、突き詰めれば「自分のために」やってきた行動が多かったような気がする。自分のために中心で行動してきた同世代、もしくはそれ以上の世代のかたもいるかもしれない。

その一方で、40歳よりももっと若いうちに誰かを支えたり、社会を支えたりできているかたもいる。その人達は40歳を待たずしてダブル成人を迎えている。たとえば子育てをしている人は、すでに「子供のために」という行動をしている。

まだまだ私はダブル成人を満たしていないと反省すると同時に、これからは自分のためにだけではなく、誰かのために、社会のために行動していきたい。そう決意した。

誰かを支えてあげたいと思うし、何かがあって頼られても倒れない人間になりたい。

 

「ダブル成人とは何歳からか?」 その答えも成人と同様、人それぞれ、だ。ダブル成人の条件は「誰かを支えること・社会を支えること」ができていれば、である。

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

岩井志麻子 20代それとも40代!? 女性の性欲のピークはいつなのか

五十二歳になった今、己を振り返ってみれば。やっぱり性欲が盛んだったのは二十歳~四十歳あたりだったわ。それはずばり、妊娠と出産の適齢期だったからでしょう。適齢期と…

岩井志麻子 43歳で再婚した私が「40代の結婚」で大切だと思うこと

私の場合、最初の結婚は二十三歳、今も続く再婚は四十三歳のときだった。結婚というものは本当に人それぞれ、人の数だけ形はあると思うが、初婚のときはわりと何もかもが平…

「出会いがない」は言い訳。独身者が結婚しない、本当の理由

30代以上の男女が独身でいる理由の第1位は「適当な相手にめぐり会わないから」。国立社会保障・人口問題研究所が発表した第14回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調…

おひとりさまには理由がある? 40代独女の特徴「○○ない」性格

40代で未婚・独身という女性が、それほど珍しくはなくなってきている。国立社会保障・人口問題研究所の2015年の調査でも、女性の生涯未婚率が14.06%という過去最高の数字…

岩井志麻子 40歳を過ぎると「みんなセックスレス」問題について

子どもの頃、親に必ず怒られる言い方として、「みんな持ってるもん」「みんなやってるのに」というのがあった。「あれ買って~、みんな持ってるもん」そういうと親は決まっ…

岩井志麻子「結婚しない女」と「セックスレスの男」が、増えた理由を考える

別にテレビは分厚くてもいいし、日本男児は仮性包茎でいいし、日本女性は一重瞼でいいわけよ。電化製品を売る側が薄型がカッコいいと宣伝し、美容業界がムケてなきゃ男らし…

岩井志麻子「そろそろ閉経…」と思い始める40代女性に伝えたいこと

私自身が五十代も半ばとなり、閉経もした。少なくとも自然の状態、つまり医療行為をしない状態であれば絶対、妊娠はしない。当然、出産もない。50代になって思うこと子ども…

#106  やってわかった個室婚活のメリット、デメリット【40代編集長の婚活記】

ついに2年を超えた40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。あらゆる婚活にトライしてみるも、いまだ恋人すらできず。この夏、知人である独女の友に誘われて、参加したのは「個室婚活」。区切ら…

#105  どこまでアリ? 結婚相手との「年齢差」について【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活歴2年になるも、いまだゴールは見えず。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、出会いのありそうなバーへ繰り出す……。さまざまな婚…

#104  個室婚活で出会った「3人目の男」に思うこと【40代編集長の婚活記】

「40代の婚活は丸2年はみてほしいんです」──恋愛結婚カウンセラーの先生にそう言われたのは、2016年8月。連載【40代編集長の婚活記#1】のときのこと。あれから2年が経った。つまり、OTONA SALONE編集長・アサミ(46…

#103 40代未満、立ち入り禁止! ウワサの「個室婚活」レポ【40代編集長の婚活記】

20~30代とくらべ、40代の婚活はかなり困難を極めるらしい。OTONA SALONE編集長・アサミ、46歳。婚活を始めて1年11カ月。いまだに誰ともお付き合いすらできないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介などいくつ…

誰のファンだった?「たのきん」と「好みの男性」問題を考える

80年代の男性アイドル「たのきんトリオ」。40代、50代であれば知らない方はいないといっても過言はありません。男性アイドルの歴史において、爆発的な人気と新たな時代を切り開いたグループです。私、OTONA SALONE編…

#102 初めての「個室婚活」に行ってみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、かなり険しい道のりだという。婚活歴1年11カ月となるOTONA SALONE編集長・アサミ(46歳)は、まさにそれに直面していた。婚活パーティ、婚活アプリ、元カレとの再会、知人の紹介、出会いの多い場所へ…

【動画】婚活でわかった「ほめられる香り」by編集長アサミ【婚活美容】

OTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活中。好評の連載「40代編集長の婚活記」は100話を超えました。さて、今回からときどき「婚活美容」についてお伝えしていきたいと思います。近年、婚活リップが話題になるくら…

#101 ご無沙汰女が「恋を始める」には?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年を超えた40代独女。44歳にして婚活を始めてみるも、誰ともうまくいかないまま1年11カ月が経ったOTONA SALONE編集長アサミ。現在46歳。婚活パーティや婚活アプリ、元彼や友達との再会、知人からの紹介…

#100 彼氏いない歴9年「オトナの恋の始め方」って?【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活は、前途多難であり、抱腹絶倒でもある。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年11カ月に突入。そして連載もなんと100回に!偶然で再会したロンドンくんを「もしかして運命の…

私が「オバサン化」を感じたとき。コッソリ始めた対策とは

「うわ、私ってこんな風にシワが入るんだ!」衝撃でした……。われながらオバサン化しつつあることをまざまざと見せつけられたのは、ある一枚の写真。こんにちは、OTONA SALONE編集長のアサミです。その写真とは「撮り…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事