東京砂漠に疲れ果てた私がおすすめする、箱根の大人な楽しみ方3つ

神奈川県生まれ神奈川県育ちなこともあり、子供の頃から箱根に行く機会が多かった私。

親の運転する車の後ろで、いつも車に酔って気持ち悪くなりながら行くドライブ。それは、当時住んでいた横浜から箱根の芦ノ湖や仙石原へ出かけ、おにぎり食べて帰ってくるような日帰り旅行でした。小学校、中学校通じて「♪はっこねのやまは〜てんかのけん!」と箱根八里をやたらと歌わされ学校行事でも出かけた気がする。それでも箱根の温泉に行くようになったのは、20歳過ぎてからだった。仲の良い友達やボーイフレンドと、一泊二日の温泉旅館をきゃあきゃあ言いながら楽しんだ時代。親や親戚以外と温泉旅館に泊まるという行為自体が目新しく、旅館の浴衣や羽織を着るのも嬉しいし、朝ご飯食べて部屋に戻ると布団がなくなってるのもおかしくて笑えた、そんな時代。

 

そして時は流れ、ただいま40歳。箱根とは長い付き合いの私だけれども、その縁がぐっと深まった気がしている今日この頃。

まず、ちゃんと疲れているので、ちゃんと温泉が身にしみる。 ちゃんと疲れているので、ちゃんと山々の緑や湖の静けさに心が安らぐ。

 

あれは去年の梅雨時期。フリーランス女一匹の私は、この東京砂漠で本格的に疲れていました。取り急ぎ、山や湖を見ないと死ぬかもと思って、よろよろと箱根湯本に降り立った私に箱根は優しかった。力強かった。緑と湖と温泉。そして火山。この中に身を置きゆるゆる過ごしていたら、本当にピンピンに元気が出たのである。

 

私はちょっと感動すらして、箱根に感謝しました。それからというもの、私は足繁く箱根に通うようになります。

 

大人になってからの箱根は、20代の頃と楽しみ方や選ぶ宿のチョイスが大きく変わっていることに気がつきましたのでここに上げてみますね。

 

★その1 昔ながらの旅館に泊まらない

★その2 連泊をする

★その3 歩く

 

「昔ながらの旅館に泊まらない」
こうなったのにはいくつか理由があります。

部屋出しの食事があまり好きではないことに気づいた(ご飯は寝る場所じゃない所で食べたい、そしてたいてい量も多すぎる気がする)、仲居さんシステムがどうしてもリラックスできないことに気づいた、朝ごはんの後に布団なくなるのが嫌なことに気づいた、などなどなど。40歳、ようやく自分の本音に気がつく年頃なのでしょうか。そのため私は必ず、ホテル、もしくはそれに準ずるくらい客をほったらかしにしてくれる宿に泊まるようになりました。できることなら明日の朝ご飯の時間も決めたくない私なので、それができる宿はかなり気楽に自由に過ごすことができます。

 

「連泊をする」
箱根に連泊。これはもう、特に都会に疲れている人には絶対のおすすめです。特になにをするでもなく、山の天気を眺めて、昨日は晴れたけど今日は雨だとか、昨日と山の色が違うやなんて、ただ景色を見るのが良いのです。そして何より、朝に夕に湯に浸かる「湯治」としての温泉を味わうための連泊です。これを始めた頃、自分でもまさかと思いましたが、最近の私は箱根行くならば、もう3泊します。ま、PC持って行って、仕事も少々しちゃうんですけれどね。3泊となれば人は台湾に行ったり沖縄に行ったりしますが、箱根3泊はゆったり度が違います。一度ぜひ。

 

「歩く」
これも、ドライブイエーイ、レンタカーイエーイな若い頃はなかった感覚なのですが、大人になりましたらば自然の中をただ歩きたくなりました。でも本格的な登山は大変そうだし散歩の延長くらいが良いなあ。そう思った時に、箱根には言わずもがなの、あの旧街道があるのです。やる気があるなら、かつての出女たちに思いを馳せつつ関所を抜けて三島宿や沼津宿へ下ることのできる、歴史の染み込んだあの道。箱根は交通網も発達しているので、好きなスタート地点までバスで行けば良いし、途中で疲れたなら国道に出てバスを待てば良いので、気分屋かつへなちょこ体力の私にはぴったりです。実は、これを書いている今日も箱根帰りなのですが、昨日は芦ノ湖の南、元箱根から箱根湯本のちょっと手前の宿まで9.3kmほど旧街道の石畳を歩きました(登りは体力的に超無理と判断し、下り)。下りの山道を休憩を入れながらで3時間ちょっとなんですけれど、脚ガクガクになりながら目的地まで歩き切るって、ただそれだけですごい達成感がありますね。そう、今や、仕事での達成感って、自分でハードル上げてるからか、余程のことがないとなかなか味わえない。だからたまにはシンプルに達成感を味わって、手放しで自分を褒めるのが大層気持ちいいのです。大盤振る舞いで自分を褒めた後は、ガクガクの足を癒す温泉が宿で待っているというのも、また別の大きな幸せ。

 

まとめると、好みがより明確になり(わがままになり?)、疲れてて、健康志向。ミドルエイジ万歳な感じですね。昔から中高年はなぜハイキングが好きなのかと思っていましたが、俄然先輩方に共感できるようになってきました。そんなわたくし、箱根に通ううちに箱根の絵を描くようにもなりました。今年の夏には、箱根でそれらの絵を集めイラスト展を開くことにしましたよ。これを口実に、まだまだ通うことになりそうです。

 

次回は、いいあい的箱根のおすすめスポット&おすすめ土産をお送りしま〜す。お楽しみに!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

おひとりさま。初めて「一人で海外旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3

おひとりさまで海外旅行へ行ってみたいけど、なんだか心配……というかたも少なくないでしょう。勝手に「おひとりさまを楽しむ部」を推進しているOTONA SALONE編集長のアサミ…

ソウル旅行のおすすめの「占い」! ズバズバ当たる「四柱」「巫女」

はじめまして、オトナトラベルライターの長谷川華です。国内も海外も行き尽したアラフォーのみなさまに、ちょっと変わったディープめ旅行をご案内していきます! さて、今…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

伝説の漢方パックが台湾にある!「玉容散」を求めて生元薬行へ 

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

文化系名古屋男子が控えめにオススメする、名古屋観光スポット6

突然ですが、年内に名古屋に立ち寄る予定はありますか? 名古屋発・国内最大規模の読書会「猫町倶楽部」の山本尚史さん(36才・独身・猫好き)に、文化系名古屋男子オスス…

女の指先に歴史あり。懐かしきかなアセトンとトルエンのかおり。

日常生活で目に入ってくる自分のからだパーツ、ダントツの一位、手。指先。他の部位は鏡をわざわざ覗かないと見えませんが、手だけは目に入る。故にそこが整っているとそれだけでなんとなく気分が良いものですね。み…

「ストール大好き人間」の私にぼんやり訪れた気づき2つ

すっかり春ですね。巻いてますか? 私は巻いてます。スプリングコートだけでは肌寒く感じる日に。強くなってきた紫外線対策に。ファッションに春らしい色を差し込みたい時に。ということで今回はストールの話をして…

40歳からのおしゃれ論「なに着ていいかわかんなくなる」の話

20代後半、36~37歳、40超えたところ。 タイミングは人それぞれだけれど、年齢の角を曲がるとき、女はこう漏らすことがある。 「なに着ていいかわかんなくなるときあるよね」。進みゆく時間の中、すべての瞬間で確固…

地味にブーム来たる。バックトゥーザブローチ!つけてる?ブローチ。

ブローチ。リングやピアス、ネックレスなどアクセサリーの種類はたくさんあるけれども、ブローチってとりわけ懐かしい響き。子ども時代のお出かけの時、ジャンパースカートやワンピースの胸元に母親につけてもらった…

パワスポ、異世界、美味しいもの。いいあい的「箱根のおすすめスポット&お土産」4つ

みなさまこんにちは。隙あらば旅。イラストレーターいいあいです。今日は、東京砂漠に疲れた私が箱根に通うようになってから、改めて、これは皆様におすすめしたいと思ったスポットとお土産をご紹介しますね。ひとつ…

40歳からのおしゃれ論 理想のコートとまだ出会えていない件

みなさんこんにちは! 日に日に寒くなってきましたね。そんなわけで今日はコートの話です。私のパートナーは、かなり寒がりかつアウトドア志向なので、真冬になると南極観測隊が着るような宇宙に行く人が着るような…

40歳からのおしゃれ論 インドの代官山でショップ店員に教わった。

みなさまこんにちは。先月に続き、今月もインドに行ってきたいいあいです。自分でも2ヶ月連続でインドに行くとは驚きですが、インドのお隣ネパールで友人の結婚式があり、帰りにインドのデリーに寄ったのです。今、…

40歳からのおしゃれ論 そりゃ「あの人痛い」って思われたくはないですけれども。

服の「痛い」「痛くない」の話って良くあります。20年以上、女性誌とその周辺でお仕事をさせていただいているので、かなりの頻度で耳に入ってくるトピックです。このアイテムはIN!でもこっちはもうOUT!というあれ…

40歳からのおしゃれ論 布好きイラストレーターいいあいが「手仕事の聖地」インドへ赴いた・お買い物編

みなさまこんにちは〜。今回の40歳からのおしゃれ論は前回に続き、手仕事聖地インドの「お買い物編」をお送りします。私の中で、心ときめく美しいものを自分の稼いだお金で買うって、人生の中でかなり上位の喜びです…

40歳からのおしゃれ論。布好きイラストレーターいいあいが手仕事の聖地インドへ赴いた

みなさまこんにちは。突然ですが、好きな人ができたら、なるべくその人の近くにいたいですよね。その人のことならなんでも知りたいし、なんなら触れてもみたい。そんな想いが募ってしまって、私は先日インドの端っこ…

LIFESTYLEに関する最新記事