ドクターも25kg減!「肉」でやせるキレイになる方法とは?

「今年こそやせたい」「今年こそキレイになりたい」。新しい年を迎えて、そう決意をした人も多いのではないでしょうか。やせたい、キレイになりたいと思う女性にいま一番オススメしたいのは、なんといっても「肉」です! その理由をご紹介しましょう。

 

40代、キレイな人は肉食多し!

肉を食べると太りやすいという説は、もはや過去の話。いまや、ダイエットしたいならむしろ肉を食べるほうがいいのだとか。

医師、料理研究家、美容やアパレルのプレス……etc. 40代になっても変わらぬ体型をキープしている人、40代でもツヤツヤな肌や髪をしている人の話を聞いてみると、積極的に肉を食べているという声が多く聞かれました。

美人は肉食、なんです。

 

ドクターに聞いた、肉でやせる理由

肉食でやせる、キレイになるのはどういった理由からなのでしょうか? ご自身も25kgの減量を成功させた大村クリニック院長の大村和規先生にお話を聞きました。

太る原因は、『糖質の摂りすぎ』にアリ! 糖質の多い食事をとると、血中のブドウ糖の濃度が高くなり『肥満ホルモン』と呼ばれるインスリンが分泌し、肝臓や筋肉にブドウ糖が取り込まれます。ブドウ糖が多すぎると血中に余ってしまい、脂肪として蓄積されるというわけなんです」(大村先生)

では、なぜ肉を食べてやせるのでしょうか?

「その点、肉の糖質はほぼゼロ! 主成分のたんぱく質は、体内でアミノ酸に分解されますが、糖質ではないので、 血糖値を上げません。また、アミノ酸は体の構成成分となる重要な栄養素なので、積極的にとることでやせやすい体をつくります」(大村先生)

 

肉を食べてやせるメカニズムとは

肉食で美人になる……肉を食べてやせるメカニズムをまとめると、このような形になります。

肉を中心にした糖質の少ない食事


血中のブドウ糖濃度が低い


「肥満ホルモン」インスリンが分泌されない

体内にブドウ糖が不足

脂肪を分解してエネルギー源にする

やせる!

 

25kg減量した、大村先生のやせるルール

大村先生が推奨する、肉と野菜を食べてキレイにやせる「大村式低糖質ダイエット」のルールを教えていただきました。

ルール1 カロリーは減らさない!

ルール2 1日3食食べる!

ルール3 赤身肉、青背の魚、葉物野菜を食べる!

ルール4 良質な油脂を摂る!

必要な栄養素をしっかり摂ることが、キレイにやせてリバウンドをしないダイエットなのです。欠食をなくしたり、バランスのいい栄養を摂るようになると自然と間食も抑えられるのだとか。

 

肉でキレイになりたい女性、必見!

肉を食べてキレイになりたいという方に、ぜひ読んでいただきたいのが『OTONA SALONE Vol.2 美人は肉食。』(2018年1月25日発売)です。

大村先生による「肉を食べると、なぜやせる?」では大村式ダイエット4つのルールの詳細や、やせる食材選びのコツをくわしく紹介しています。

また、料理研究家のSHIORIさんによる「肉のごちそうとテーブルギャザリング」や、野口真紀さんの「プチプライス肉で華やかさと健康を叶えるオイシイレシピ」など、楽しみながら食べてやせる肉レシピも多数掲載。

ちょっとマニアックな「美人をつくる肉の栄養辞典」は、知っているだけで美容や健康管理にも、話のネタにもなりますよ!

 

※目次をクリックで拡大

 

 

【ご購入はコチラ】

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

#128 彼の「本音」がわからない。ついに疑惑を確認する⁉【40代編集長の婚活記】

OTONA SALONE編集長・アサミは46歳・独身。恋人いない歴9年の恋愛ご無沙汰女子。44歳で婚活をスタートさせてからまもなく2年半になるけれど、ゴールはまだ遠い。現在、ジェントルさん(アーティスト・49歳・バツイチ…

#127 2回目デートで急接近⁉ そのとき独女が思ったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身の恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。婚活をスタートさせてからまもなく2年半になるが、いまだに恋人もできず。恋人いない歴は9年以上になる。2回目のデートとなったアーティストのジェント…

#126 どうなる?はじめての銀座・婚活デート【40代編集長の婚活記】

「今年こそ結婚する!」 新しい年を迎え、そんな決意をするかたもいらっしゃることでしょう。46歳・独身・恋人いない歴9年、婚活歴2年超えのOTONA SALONE編集長・アサミは、今年こそ結婚できるのか⁉進行中の婚活相…

2019年に「増やすこと・減らすこと」。平成最後の元旦に考える

新年あけましておめでとうございます。“40代女性の一番リアルなメディア”をかかげる「OTONA SALONE」編集長の浅見です。本年もオトナ女性の「リアル」を追求してまいります。ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。…

#125 私って何なの? 2回目デートでいだいた不安【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。人生初の婚活をスタートさせてから2年以上経つが、恋人さえできないまま月日は経過。仕事で知り合ったらしきジェントルさん(49歳・バツイチ・子持ち・ゲ…

何を着る? ホテルラウンジでデート。ドレスコードとNGコーデは?【オトナの婚活コーデ】

オトナの婚活では、デートの待ち合わせ場所がホテルのラウンジということがあります。ラグジュアリーなカフェバーで優雅にお茶デートです。「何を着てったらいいの?」と悩む女性に、婚活歴2年以上のOTONA SALONE編…

40代からは「品のある口元」が大事! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・リップメイク編】

「オトナの品格は口元にあらわれる」。そんな言葉を聞いたことがあります。確かに口元がルーズになっていると、ちょっと頼りない印象を受けますよね。40代、キャリアを積んで責任ある仕事をしているオトナ世代。口元…

#124 どうなの? デートの途中に仕事をはさむ男って【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、そう一筋縄ではいかない。46歳・独身・恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミは婚活すること2年以上。いまだに結婚のゴールは見えない(それより先に本ができた・苦笑)現在進行形なのは、49歳…

白髪とツヤ、ボリュームのお助け!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ヘアケア編】

40代になって髪のエイジングケアがとても大事なことを痛感しています。正直30代までは髪の悩みがほとんどなかったんですけど……。驚いたことに、40代になってツヤ、白髪、ボリューム、手触りなどに悩むようになりまし…

美人見えのカギは肌づくり! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事