【男の本音】目がいくのはスタイルより40代独女の髪の「アレ」だった!?

 

40代になると、外見の変化を避けられません。ボディラインの崩れや顔のたるみなど、日々ケアを怠らないという女性も多いでしょう。

ですが、実際に男性が目にしているのはもっと上……そう、「髪の毛」です。

いいなと思う女性がいても、「アレ」に気がつくとちょっと恋心が減退……なんてこともあるのが髪の毛。年齢の進みが出やすい割に自分では把握しにくい部分でもありますね。

男性が気になってしまう40代独女の髪についてお話します。

どうしても目に入る「白髪」

 

 

・「顔より先に髪の白髪に目が行くと、つい年齢を想像してしまう。自分も心配する部分なだけに……」(42歳/人事)

・「自分より背が低い女性と話していると、どうしても頭が視界に入る。白髪があると見ると悪いかなと思っても、避けられないのがツラい」(38歳/サービス)

・「化粧がバッチリでも、白髪で一気に老けた印象になる。女性って大変だなぁと正直思います」(40歳/営業)

 

★ まず、多く聞かれたのが「顔より先に目に入るのが白髪」という声。

女性と話すとき、男性の目線は下に向きがちです。綺麗な人だなと思っても、頭に白いものがチラホラするとそちらのほうが印象に残ってしまうのですね。

頭頂部などは、自分ではなかなか確認できません。ですが、男性にはよく目につく部分であり、気づかない間に「老けてるなぁ」と思われてしまうことも。

 

デリケートな部分だから触れられない!

 

 

・「アラフォーの女友達。この一年で白髪が増えたなーと思っても、やっぱり失礼だと思うから突っ込めない。女性って髪の毛の話題は気にするでしょ?」(40歳/配送)

・「会社のアラフォーの上司、仕事ができてスタイルもいいのに、白髪が多いせいでもっと年上に見える。ああいうのって誰か言わないもの?」(36歳/営業事務)

 

「白髪はデリケートな話題」と認識する男性が多いのもまた事実。

髪の毛は女性にとって大切なもの、というイメージがあるので、「白髪、染めたら?」なんてとてもじゃないけど気軽に口にできないのですね。でも、内心では「もったいないなぁ」と思うことも多いそう。

一方で、「自分では気にならないの?」という声も聞かれました。

・「『老けた』って言いながらケアしてないのが不思議……」(38歳/公務員)

のような意見は、耳が痛い女性もいるのかも!?

 

「若々しさを忘れて欲しくない!」のが本音

 

・「彼女にはいつもケアしてとお願いしています。俺だって散髪のたびに染めているし、やっぱりいつも若々しくいて欲しいから」(43歳/教員)

・「以前、ベッドに入ったときに照明の明かりで彼女の白髪が光っていて、ちょっと気になった。細かいかもしれないけど、雰囲気もアレのときは大事」(37歳/看護師)

 

★ そして、一番よく聞かれたのが「ケアを忘れないで欲しい!」というもの。

交際中の女性ならいつも一緒にいる分、余計に白髪は気になるもの。放置するのはそれだけ老けを実感させられることになるので、男性としてはあまり目にしたくないのが実感です。

また、「白髪を放っておける女性はちょっとズボラなのかなと思う」意見も多く、「ケアしていない=見た目を気にしない」と思われてしまうと、もったいないですよね。

小まめな手入れを欠かさない姿が、アラフォーになっても年齢を感じさせない秘訣でもあります。

 

 

厳しい意見もありますが、「白髪は誰だって出てくるものだし、仕方ない」と言う男性も多くいました。

「自分もあるし、人のこと言えないけどね」など、男性にとっても白髪は無関係ではない部分。ですが、それだけにいつも手入れを怠らない女性はプラスの印象を持つといえます。

若々しさを左右する要素にもなる髪の毛。スタイルと同じように、普段から気を配る姿勢を忘れたくないですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク