40代になってもモテてる独女は私と何が違うか聞いてみた

40代ともなると、年齢とともに「オバ顔化」している自分の表情に、静かにため息をついている女性も少なくありません。

しかし私たちには、“メイク”という強い武器があるのも事実! どんなにスッピンが“オバ顔”になっていようと、メイクによって“若見え”や“みずみずしい表情”を手に入れられる時代に生きています。

「オバ顔でも、そうは感じさせないモテメイクって、どうやるのかしら?」と思っていた40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、オバ顔でも恋人が途切れない40代女性のメイクにまつわる特徴をお話します。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:やっぱり肌感は大事!「欠点カバーしつつ絶妙なナチュラル感」のある肌

 

女性の印象は肌の質感によっても左右されるので、40代モテを確実にしている女性たちのメイクは、やっぱり肌感が秀逸なのも特徴です。

カサカサ肌や“アラ見え”な肌とは言うまでもなく無縁で、シミやシワをしっかりカバーしつつも“ナチュラル”で触れたくなるような肌づくりが得意。粉浮きや白浮きもなく、“自然なのに作り込まれている肌”をメイクで上手に演出しています。

ナチュラルメイクを意識しても、下地にパウダーをはたくだけだと、どうしてもカサカサした質感になりカバー力にも欠けるので、40代のモテ肌には適度なツヤもマスト。

今年からは、今までのような“わかりやすいツヤ”よりも内側からうるおっているようなさりげなくみずみずしいツヤがトレンド入り。パウダーで仕上げている方は、メイクの最後に“ミスト化粧水”でうるおいを与えるひと手間を控えめに加えると、自然なツヤのあるモテ肌を目指せます。

 

2:大人の魅力がにじみ出る「スーッと伸びたまつ毛」

 

大人の女性には“色っぽい”雰囲気を求める男性も少なくないこともあって、40代モテを確実にしている女性たちのメイクでは、まつ毛が色っぽいのも特徴です。

「髪の長きは七難隠す」にも近いものがあり、“まつ毛”がスーッと長いだけで、目元まわりの“アラ”は確実にフォローできる傾向があります。

ボリュームがあればいいという類のお話ではなく、量よりも、どちらかというと“長さ”があるほうが色気を感じさせる目元に。マツエクの場合には、太さは0.1mm程度で控えめにしつつ、長さを11ないし最大でも12mmくらいにとどめて主張しているようなイメージです。マスカラで仕上げる場合も“ダマ”は言語道断で、ボリュームよりも長さを意識すると、色っぽい目元に仕上がります。

まつ毛の色気は「下品」に見えた時点でアウトなので、“豊かな自まつ毛”のような質感にこだわるのが、40代モテを極めるポイントでもあります。

 

3:絶対外せない若見えのポイント「豊かなリップ」

 

唇は、キスを連想させるパーツでもあるだけに「セクシー」を意識したメイクで注力しがちなポイントですが、40代モテを確実にしている女性たちのメイクを見ていると、とにかく唇の仕上げが「豊か」です。

決して“下品”には強調せず、上品なツヤ感やボリュームを演出しつつ、余裕のある仕上げ。言ってみれば、“ぷるん”とした自然なボリュームとみずみずしさのあるリップで、男性のみならず女性をも魅了しているイメージです。

年齢とともに、だんだんと唇が痩せてきてしまう女性も少なくありませんが、若見えには適度な唇のボリュームは必須。ベタつきの少ないグロスやみずみずしい塗り心地の口紅でオーバー気味に仕上げた絶妙な“ぷるるんリップ”を手に入れるのが、40代モテへの近道です。

昨今、口紅は毎年進化をしているので“塗るだけでぷるるん”を手に入れることも可能。「使い切っていないから」と口紅のアップデートを怠っていると、モテを逃してしまうことも!

 

「肌・まつ毛・唇」は、対面でよく目に入ってくるパーツだけに、ここに注力したメイクを心がけると、男性からの印象が格段に上がります。

仮にスッピンが“オバ顔”でも、メイクでみずみずしさを演出できれば、いくらでも若見えは狙えます。40代で恋人が途切れない女性のメイクをよく観察してみると、想像している以上に“うるおい感”を意識した共通項が見えてきました。よろしければ参考になさってみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱…

悪評がここから立つ…!? 後輩女性に不評な40代女性の「金遣い」3選

「彼女になる女性は、後輩女性からも慕われているような性格の人がいい」「結婚を考えたときには、世代を問わずに好かれる女性が好ましいよな」こんなふうに考える男性も少なくなく、“身近な年下女性”からどう思われ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事