「はじめてのベッドイン」ですっぴんをどう誤魔化す?40代女性の3大テク

「いつもメイクした顔しか見せていないから、どんなに暗がりでも“すっぴん”は見せたくない……」なんて、真剣な恋の予感がする初ベッドインを前にするほど、ちょっとした不安が頭をかすめるのも、美意識が高い40代女性には浮かびがちな本音です。

年齢は、ときに残酷。若い頃には気にならなかった“アラ”のせいで、せっかくの恋の予感がブルーな気分を呼ぶ場合も。恋心を抱いている相手にすっぴんを見せるのには抵抗を感じる女性も、やっぱり少なくないものです。

「暗がりだとしても、いきなりスッピンを見せて幻滅されるのは、やっぱり避けたいわ」と感じていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回はちょっとセクシーな話題から、“はじめてのベッドインで“すっぴん”を見せたくない40代女性のごまかしテク” をお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

テク1:下地でお肌の“アラ”をカバー

 

ベッドに入るのにファンデーションを塗りまくってしまえば、男性からは違和感を抱かれやすく「なんで寝るときにお化粧しているんだろう?」「肌にファンデーションがくっつきそうで、嫌だな」などとちょっとした疑問や不満を感じさせてしまうことも。

そこで便利なのが、下地づかいのテクニックです。昨今は、ちょうどいい具合に肌のアラを隠してくれるものが主流な上に、ファンデーションを塗った肌とは異なる、いい意味での“すっぴん感”が出しやすいのです。

この連載でも何度となくお伝えしていますが、今の下地って本当に優秀! 年齢による肌の色ムラやちょっとしたシミくらいなら下地のみでも十分にカバーしやすく、さらには“ほどよいツヤ感”まで加わるから、セクシーなシーンでの“寝化粧”にも重宝します。

シチュエーション的にはお肌のツヤを味方にしたい場面でもあるので、暗がりでも内側から輝いているような肌に見せられるよう、普段よりややパール感の強い下地を手にとってみてもセクシーです。

 

テク2:髪の毛は徹底的にツヤ出しを!

 

ボサボサorカサカサなど、“髪の毛が整っていない状態”だと、それだけで、全体が老けた印象の“すっぴん”に見えやすいのも否めません。他方、髪の毛が美しく整っていると、顔の“フレーム”に輝きが出ることから、ぱっと見の印象がアップするのは確かなお話。

「髪の長きは七難隠す」とはよく言ったもので、うるおいに満ちたつやつやの髪があれば、お肌のアラがごまかされるメリットも期待できるわけです。

40代ともなると、年齢によってうるおいが不足しがちだったり“うねり”が出てパサついたようにも見えやすくなっていたりで、“すっぴん髪”に自信がない女性も決して少なくありませんから、ここもベッドイン前の“ごまかし”を意識しておきたい部分です。

そんなお悩みがあっても、大丈夫! オイルスプレーとヘアミルクがあれば、“うるおい+ツヤ”のある健康的な髪にも見せやすく重宝します。オイルは塗りすぎるとベタつきを招くので、スプレーで表面にツヤを出すくらいがナチュラルな印象に。

また、シチュエーション的には“抜け感”のある髪がベストですので、入念なブローも忘れずツヤ髪を目指したい場面でもあります。

 

テク3:眉毛はラフな印象を狙いつつしっかり整える

 

多くの男性たちから“すっぴん”にまつわる本音を引き出すと、必ず出てくるのが「眉がないのは勘弁!」の声です。

若い頃に眉毛を抜きまくってしまっていると、メイクを落としたときに「麻呂眉」になっている女性も少なくないのが40代にありがちな実態でもあるだけに、ラフな仕上げを心がけつつも美しい眉に仕上げておくのが、“すっぴん美人”をキープするコツに。

眉だけはむしろ、普段のメイクと同じくらいしっかりとした仕上がりを目指したほうが、男性からの「ギョッ」を回避しやすいのは確かです。

ただし本当に“普段のメイクと同じ”で仕上げてしまうと、眉だけが悪目立ちする濃いめな仕上げにもなりやすいので、すっぴん肌との違和感がない濃さがマスト。普段のメイクよりも1トーン明るい色のブロウペンシルやパウダーを使うと、シチュエーションにふさわしく“形は整えつつもラフな印象”の眉が手に入りやすいです。

 

“はじめてのベッドイン”は、多くの女性にとって期待と不安が入り混じるシチュエーション。年齢を重ねた“すっぴん”のせいでテンションが下がってはつまらないので、ちょっとした手間を心がけつつ、自信をもって臨んでいきたい場面です。セクシーな予感がしているときに、よろしければぜひ参考になさってみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

ベースメイクは本当に年齢が出る!若見えする肌づくりの「3大べからず」って?

ベースの仕上がりは、メイクの中でも年齢が出やすい部分。工程を削ぎ落とした時短メイクを心がけていたとしても、若見えを狙う肌づくりには欠かせないポイントがあります。…

なんでもいいわけじゃない! 「3歳老け見え」を招く残念なチークの選び方3大ワナ

薄づきを意識してメイクをしていても、周囲から「あの人、厚化粧のオバサンって感じ!」などと思われてしまったら、すごく残念。他方、ナチュラルメイクブームが継続中だけに、デイリーメイクは「できる限り薄め」を…

男は辛辣! 20代なら可愛くとも40代だと「即座にオバ見え」な女性のNG3しぐさ

ちょっとした“しぐさ”のせいで、男性に「この女性は、かなりオバサンっぽいなぁ……」と思わせてしまうのは、婚活を意識している40代女性ほど避けたいもの。しかし時として、世間が40代女性に対して抱く感想は辛辣で、…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事