「はじめてのベッドイン」ですっぴんをどう誤魔化す?40代女性の3大テク

「いつもメイクした顔しか見せていないから、どんなに暗がりでも“すっぴん”は見せたくない……」なんて、真剣な恋の予感がする初ベッドインを前にするほど、ちょっとした不安が頭をかすめるのも、美意識が高い40代女性には浮かびがちな本音です。

年齢は、ときに残酷。若い頃には気にならなかった“アラ”のせいで、せっかくの恋の予感がブルーな気分を呼ぶ場合も。恋心を抱いている相手にすっぴんを見せるのには抵抗を感じる女性も、やっぱり少なくないものです。

「暗がりだとしても、いきなりスッピンを見せて幻滅されるのは、やっぱり避けたいわ」と感じていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回はちょっとセクシーな話題から、“はじめてのベッドインで“すっぴん”を見せたくない40代女性のごまかしテク” をお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

テク1:下地でお肌の“アラ”をカバー

 

ベッドに入るのにファンデーションを塗りまくってしまえば、男性からは違和感を抱かれやすく「なんで寝るときにお化粧しているんだろう?」「肌にファンデーションがくっつきそうで、嫌だな」などとちょっとした疑問や不満を感じさせてしまうことも。

そこで便利なのが、下地づかいのテクニックです。昨今は、ちょうどいい具合に肌のアラを隠してくれるものが主流な上に、ファンデーションを塗った肌とは異なる、いい意味での“すっぴん感”が出しやすいのです。

この連載でも何度となくお伝えしていますが、今の下地って本当に優秀! 年齢による肌の色ムラやちょっとしたシミくらいなら下地のみでも十分にカバーしやすく、さらには“ほどよいツヤ感”まで加わるから、セクシーなシーンでの“寝化粧”にも重宝します。

シチュエーション的にはお肌のツヤを味方にしたい場面でもあるので、暗がりでも内側から輝いているような肌に見せられるよう、普段よりややパール感の強い下地を手にとってみてもセクシーです。

 

テク2:髪の毛は徹底的にツヤ出しを!

 

ボサボサorカサカサなど、“髪の毛が整っていない状態”だと、それだけで、全体が老けた印象の“すっぴん”に見えやすいのも否めません。他方、髪の毛が美しく整っていると、顔の“フレーム”に輝きが出ることから、ぱっと見の印象がアップするのは確かなお話。

「髪の長きは七難隠す」とはよく言ったもので、うるおいに満ちたつやつやの髪があれば、お肌のアラがごまかされるメリットも期待できるわけです。

40代ともなると、年齢によってうるおいが不足しがちだったり“うねり”が出てパサついたようにも見えやすくなっていたりで、“すっぴん髪”に自信がない女性も決して少なくありませんから、ここもベッドイン前の“ごまかし”を意識しておきたい部分です。

そんなお悩みがあっても、大丈夫! オイルスプレーとヘアミルクがあれば、“うるおい+ツヤ”のある健康的な髪にも見せやすく重宝します。オイルは塗りすぎるとベタつきを招くので、スプレーで表面にツヤを出すくらいがナチュラルな印象に。

また、シチュエーション的には“抜け感”のある髪がベストですので、入念なブローも忘れずツヤ髪を目指したい場面でもあります。

 

テク3:眉毛はラフな印象を狙いつつしっかり整える

 

多くの男性たちから“すっぴん”にまつわる本音を引き出すと、必ず出てくるのが「眉がないのは勘弁!」の声です。

若い頃に眉毛を抜きまくってしまっていると、メイクを落としたときに「麻呂眉」になっている女性も少なくないのが40代にありがちな実態でもあるだけに、ラフな仕上げを心がけつつも美しい眉に仕上げておくのが、“すっぴん美人”をキープするコツに。

眉だけはむしろ、普段のメイクと同じくらいしっかりとした仕上がりを目指したほうが、男性からの「ギョッ」を回避しやすいのは確かです。

ただし本当に“普段のメイクと同じ”で仕上げてしまうと、眉だけが悪目立ちする濃いめな仕上げにもなりやすいので、すっぴん肌との違和感がない濃さがマスト。普段のメイクよりも1トーン明るい色のブロウペンシルやパウダーを使うと、シチュエーションにふさわしく“形は整えつつもラフな印象”の眉が手に入りやすいです。

 

“はじめてのベッドイン”は、多くの女性にとって期待と不安が入り混じるシチュエーション。年齢を重ねた“すっぴん”のせいでテンションが下がってはつまらないので、ちょっとした手間を心がけつつ、自信をもって臨んでいきたい場面です。セクシーな予感がしているときに、よろしければぜひ参考になさってみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

ベースメイクは本当に年齢が出る!若見えする肌づくりの「3大べからず」って?

ベースの仕上がりは、メイクの中でも年齢が出やすい部分。工程を削ぎ落とした時短メイクを心がけていたとしても、若見えを狙う肌づくりには欠かせないポイントがあります。…

フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG

婚活を意識しているタイミングではなくとも、職場や取引先の異性から「ダメなオバサンっぽいなぁ」なんて思われるのは、できるだけ避けたいところ。男性から「これはなしだ…

CA流「必ず結果を出す」美ボディダイエット5つの秘策

様々なダイエットにトライしても、途中で挫折したり、リバウンドをくりかえす女性は結構多いのではないでしょうか?私も、今でこそ166センチ、48キロ代をキープしてい…

クラブママ直伝!40代50代の老化を早める「姿勢ブス」4つの習慣って?

軽やかなファッションにチェンジする春の到来ですが、体のラインが一目瞭然なだけに、「姿勢ブス」の女性を多く見かけます。ファッションやヘアメイクが決まっていても、姿…

男は気づいてる!40代女性の意外な3大「ニオイ」速攻消すコツって?

彼と深い仲になると、ちょっとした自分の「ニオイ」が気になってしまう40代女性も、少なくないのではないでしょうか。女性にも「加齢臭」はあると言われますし、やっぱり年…

モテる女ほど実践中…!? オトコに「いいじゃん!」と言わせる40代の美容努力3例

ここ最近のコラム『「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン』や『えっヒドイ…男が「理解できません…!」と感じている40代女性の美的努…

【動画】婚活でわかった「ほめられる香り」by編集長アサミ【婚活美容】

OTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活中。好評の連載「40代編集長の婚活記」は100話を超えました。さて、今回からときどき「婚活美容」についてお伝えしていきたいと思…

50代でも「モテまくる女」のごく当たり前な10の習慣って…?

内面が充実してくる一方で、容姿の衰えは否めない50代。当然ながら、男性からのお誘いや扱い、モテにも大きく影響しており――。モテを左右するのは、ひとえに「女を捨てな…

えっヒドイ…男が「理解できません…!」と感じている40代女性の美的努力Part2

男性目線だと、女性が思っているようないい効果が得られない美容努力もある実情は、こちらの記事『「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パタ…

保湿だけじゃ足りません…! 肌悩みが多い40代女性ほど「使っていないスキンケアコスメ」3選

「このところ、年齢よりも老けて見られることが増えた気がする」「40代になってから、どうもお肌の調子が慢性的に良くないかも」そんなお心当たりがあるならば、デイリーに使っているスキンケアコスメの見直しを図る…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでも…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事