安室奈美恵さんの「ビューティ」軌跡を振り返るプロジェクト、始まる!

デビュー25周年の記念日である2018年9月16日を最後に引退する安室奈美恵さん。安室さんといえば、世の女性たちの憧れをつくってきた女性でもあります。

そんな安室さんが10代から、20年以上にわたって美のミューズとしてコラボレーションしてきたのが、コーセーのメイクアップブランドです。ヴィセ、ルミナス、エスプリーク、オレオドール。その軌跡を振り返り、感謝の気持ちを伝えるプロジェクトが2018年3月1日からスタートしました!

 

安室奈美恵さんのビューティヒストリー

プロジェクトの名は「NAMIE AMURO×KOSÉ ALL TIME BEST」

第一弾として3月1日より公開されたのが、『彼女と駆け抜けた時代』と題した WEB 限定スペシャルコンテンツです。安室さんファンはもちろんですが、ビューティに関心のあるすべての女性が必見の、見どころたっぷりの内容。

1997 年の「ヴィセ」から始まり、2000 年からの「ルミナス」、2011 年からの「エスプリーク」、2013年からの「オレオドール」と、安室さんの 10 代・20 代・30 代という各時代を彩ったメイクアップなどの美の歴史を、CMやポスターと一緒に見られるんです。

今では見られなくなっていた貴重な映像や写真が、全 23 タイプ! なんて豪華なんでしょう。

 

小麦肌に細眉、くっきり描いたリップライン!

WEBで公開されているなつかしい画像の一部を、美容編集者歴23年の編集長アサミの解説とともに、少しだけお見せします。

 < 1997 年 ヴィセ アムロ篇 >
キャッチコピー:ラインが決まる。茶肌が映える。

安室さんが初めてコーセーのメイクアップブランド「ヴィセ」のミューズとして起用された記念すべきポスター。「CAN YOU CELEBRATE?」がダブルミリオンを記録した 1997 年のことです。

現在の白肌時代ではなかなか見かけないブロンザーでブラウン肌に、安室さんメイクの象徴だった細い眉、ブルーのアイラインに、くっきりと縁どられたリップライン。ブラックミュージックのディーヴァを意識したメイクですね。彼女自身、ジャネット・ジャクソンに憧れていたので、その影響が大きいのではないでしょうか。

アムラーと呼ばれる、彼女のメイクを真似た女性が街に 溢れ社会現象となった時代です。

 

15人の安室奈美恵でリップスティック全色見せ

< 2000 年 ルミナス リムジン篇 >
キャッチコピー:お先にシャイン

ヴィセから「ルミナス」に舞台を移し、少し大人びた安室さんに。この年は、九州・沖縄サミットが行われ、そのイメージソングとなった「NEVER END」をリリース。 国民的アーティストとして活躍の舞台を広げていきました。

時代が少しずつ白肌傾向になっていき、3年前のヴィセとくらべると安室さんも格段に白肌! そしてリップもアイシャドウもパール感の強いシャイニーなものが人気でした。

このCMではリムジンバスに乗った「15 人の安室奈美恵」が、全15色の輝きのあるリップスティックをそれぞれ違うヘアやファッションと一緒に見せてくれています。意外な演技力というか、女優魂を発揮していますよ!

ヌーディ&シックで大人なメイクに


< 2011 年 エスプリーク メイクドラマティック デビュー篇/プロダクト篇>
キャッチコピー:MAKE DRAMATIC

30 代前半の女性を メインターゲットにした新メイクアップブランド 「エスプリーク」のミューズに安室さんが起用されたのが2011年。周りに流されず、 自分らしさを追求する彼女の生き方をしている安室さんが、ブランドが描く女性像を体現していました。

全体にあまり濃い色を使わず、ヌーディでシックな仕上がりのメイク。グッと大人っぽい印象です。いまは赤リップが人気ですが、この当時、2011年前後は断然、ベージュリップが人気でした。

安室さんのツヤっぽい唇、塗れたようなまぶた、ナチュラルな血色感が大人っぽくもあり、可愛くもあり。約10年ぶりにメイクアップブランドのミューズに起用され「やっぱり安室ちゃん可愛い」という声をよく聞いた記憶があります。

 

見ているだけで楽しい、映像や画像のアーカイブ

■ NAMIE AMURO×KOSÉ ALL TIME BEST サイト内 『彼女と駆け抜けた時代』
http://www.kose-amuronamie.jp/
■ 公開期間:2018 年 3 月 1 日(木) -12 月 31 日(月)

 

10 代から、20 年以上にわたりコーセーとコラボレートしてきた安室奈美恵さん。ファッションやトレンドが移り変わ
っても常に流行を生み出し、トップを走り続けてきた安室さんが出演したコーセーの全 23 種の CM やポスターを
一同にご覧いただけます。いつの時代も変わらず女性たちが追い求める“ビューティ”を、安室さんが駆け抜けて
きた時代とともに振り返ります。

 

見どころいっぱいの「NAMIE AMURO×KOSÉ ALL TIME BEST」。個人的には1999年のヴィセの一連のキャンペーンがなつかしすぎてたまりません。当時、某女子大生雑誌にいて、安室さんのポスターのまねっこメイクとか撮影していましたので。

さて、「NAMIE AMURO×KOSÉ ALL TIME BEST」では、今後も安室さんにまつわる様々なコンテンツ公開やプロジェクトからの発表も予定しているとか。ぜひ、チェックしてください!

 

 

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

目元がくすむ40代に「オレンジシャドウ」。おもしろいくらい若返るから!

目元のくすみが気になり始めるのは、ちょうどアラフォーくらいから。かくいう私は、20代や30代前半の頃の自分と比較すると、全体的にやや年齢特有の曇りが出ているのを痛感…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

知らぬ間に…「メイク下手」がついつい買いがちなダメアイテム10

「私、もしかしてメイク下手かも」なんて一抹の不安を抱いていらっしゃるなら、手元にあるグッズを見直すタイミングでもあるのかも。本当はいらないものや不便なものを手元…

おばさんくささを一瞬で撃退!? 「エイジングをフォローする」時短アイメイク

時短でメイクを完成させたくても、どこかおばさんっぽい仕上がりになってしまう……と、お嘆きな女性も増える40代。年齢に伴って、悲しいことに「メイクした顔のほうが劣化が…

これが正解。40代からの「ピンクリップ」の選び方、4つのルール【婚活リップにもオススメ】

前から使っていた口紅を塗ると顔がぼんやりして見える、疲れて見える、顔色が悪い……。そう思ったことはありませんか? 私、OTONA SALONE編集長・浅見は40代になってからと…

あのアイシャドウも…! 40代が使うと途端に「安っぽく見える」プチプラコスメ3大NG

プチプラコスメは、トレンドのメイクをコスパよく楽しめる便利な存在であるのは、間違いのないお話。最近では、大人世代が使えるリッチな使用感がウリのプチプラコスメも増…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

シンガポールの夜「出会いの予感」がする⁉ おすすめバー3選

シンガポールはNIGHTライフを楽しまナイト!というダジャレはさておき。オトナ女性のみなさま、旅先こそ夜はバーへ繰り出しましょう。旅の恥はかき捨て? おひとりさまバーも、意外と海外のほうがトライしやすいの…

#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートさせてから、はや3年。OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェントルさんという恋人ができたけれど…

写真映え抜群! シンガポールの「最新フォトスポット」4選 2019

新しい観光スポットが続々誕生しているシンガポール。絶景スポットはつねに進化しています。自然と人工、水や光を駆使した、最新&未来的で写真に撮りたくなるシンガポールの絶景スポット4選をご紹介します!【シン…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事