安室奈美恵さんの「ビューティ」軌跡を振り返るプロジェクト、始まる!

デビュー25周年の記念日である2018年9月16日を最後に引退する安室奈美恵さん。安室さんといえば、世の女性たちの憧れをつくってきた女性でもあります。

そんな安室さんが10代から、20年以上にわたって美のミューズとしてコラボレーションしてきたのが、コーセーのメイクアップブランドです。ヴィセ、ルミナス、エスプリーク、オレオドール。その軌跡を振り返り、感謝の気持ちを伝えるプロジェクトが2018年3月1日からスタートしました!

 

安室奈美恵さんのビューティヒストリー

プロジェクトの名は「NAMIE AMURO×KOSÉ ALL TIME BEST」

第一弾として3月1日より公開されたのが、『彼女と駆け抜けた時代』と題した WEB 限定スペシャルコンテンツです。安室さんファンはもちろんですが、ビューティに関心のあるすべての女性が必見の、見どころたっぷりの内容。

1997 年の「ヴィセ」から始まり、2000 年からの「ルミナス」、2011 年からの「エスプリーク」、2013年からの「オレオドール」と、安室さんの 10 代・20 代・30 代という各時代を彩ったメイクアップなどの美の歴史を、CMやポスターと一緒に見られるんです。

今では見られなくなっていた貴重な映像や写真が、全 23 タイプ! なんて豪華なんでしょう。

 

小麦肌に細眉、くっきり描いたリップライン!

WEBで公開されているなつかしい画像の一部を、美容編集者歴23年の編集長アサミの解説とともに、少しだけお見せします。

 < 1997 年 ヴィセ アムロ篇 >
キャッチコピー:ラインが決まる。茶肌が映える。

安室さんが初めてコーセーのメイクアップブランド「ヴィセ」のミューズとして起用された記念すべきポスター。「CAN YOU CELEBRATE?」がダブルミリオンを記録した 1997 年のことです。

現在の白肌時代ではなかなか見かけないブロンザーでブラウン肌に、安室さんメイクの象徴だった細い眉、ブルーのアイラインに、くっきりと縁どられたリップライン。ブラックミュージックのディーヴァを意識したメイクですね。彼女自身、ジャネット・ジャクソンに憧れていたので、その影響が大きいのではないでしょうか。

アムラーと呼ばれる、彼女のメイクを真似た女性が街に 溢れ社会現象となった時代です。

 

15人の安室奈美恵でリップスティック全色見せ

< 2000 年 ルミナス リムジン篇 >
キャッチコピー:お先にシャイン

ヴィセから「ルミナス」に舞台を移し、少し大人びた安室さんに。この年は、九州・沖縄サミットが行われ、そのイメージソングとなった「NEVER END」をリリース。 国民的アーティストとして活躍の舞台を広げていきました。

時代が少しずつ白肌傾向になっていき、3年前のヴィセとくらべると安室さんも格段に白肌! そしてリップもアイシャドウもパール感の強いシャイニーなものが人気でした。

このCMではリムジンバスに乗った「15 人の安室奈美恵」が、全15色の輝きのあるリップスティックをそれぞれ違うヘアやファッションと一緒に見せてくれています。意外な演技力というか、女優魂を発揮していますよ!

ヌーディ&シックで大人なメイクに


< 2011 年 エスプリーク メイクドラマティック デビュー篇/プロダクト篇>
キャッチコピー:MAKE DRAMATIC

30 代前半の女性を メインターゲットにした新メイクアップブランド 「エスプリーク」のミューズに安室さんが起用されたのが2011年。周りに流されず、 自分らしさを追求する彼女の生き方をしている安室さんが、ブランドが描く女性像を体現していました。

全体にあまり濃い色を使わず、ヌーディでシックな仕上がりのメイク。グッと大人っぽい印象です。いまは赤リップが人気ですが、この当時、2011年前後は断然、ベージュリップが人気でした。

安室さんのツヤっぽい唇、塗れたようなまぶた、ナチュラルな血色感が大人っぽくもあり、可愛くもあり。約10年ぶりにメイクアップブランドのミューズに起用され「やっぱり安室ちゃん可愛い」という声をよく聞いた記憶があります。

 

見ているだけで楽しい、映像や画像のアーカイブ

■ NAMIE AMURO×KOSÉ ALL TIME BEST サイト内 『彼女と駆け抜けた時代』
http://www.kose-amuronamie.jp/
■ 公開期間:2018 年 3 月 1 日(木) -12 月 31 日(月)

 

10 代から、20 年以上にわたりコーセーとコラボレートしてきた安室奈美恵さん。ファッションやトレンドが移り変わ
っても常に流行を生み出し、トップを走り続けてきた安室さんが出演したコーセーの全 23 種の CM やポスターを
一同にご覧いただけます。いつの時代も変わらず女性たちが追い求める“ビューティ”を、安室さんが駆け抜けて
きた時代とともに振り返ります。

 

見どころいっぱいの「NAMIE AMURO×KOSÉ ALL TIME BEST」。個人的には1999年のヴィセの一連のキャンペーンがなつかしすぎてたまりません。当時、某女子大生雑誌にいて、安室さんのポスターのまねっこメイクとか撮影していましたので。

さて、「NAMIE AMURO×KOSÉ ALL TIME BEST」では、今後も安室さんにまつわる様々なコンテンツ公開やプロジェクトからの発表も予定しているとか。ぜひ、チェックしてください!

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事