不眠歴30年の私がたどりついた「寝ることに固執しない」4つの睡眠法

こんにちは、普段はゆっるゆるなダイエット連載を継続している藤井環です。実は私は30年間ずーっと不眠で悩み続け、15年間以上も専門医の治療を受けてきました。不眠のプロと呼んでもいい私の不眠とのつきあい方、少し参考になるかもしれません。

「必要以上に悩まず、前向きに不眠とつきあっていくこと」。これもいい形でストレスを緩和する、そして自分に優しい不眠との向き合い方になるのではないでしょうか。

 

現在たどり着いている私なりのユルめな「4つの不眠対策」

どうも、プロフェッショナル不眠人間の藤井です。

「これ以上の睡眠薬は処方できないから入院する?」と言われたレベルまで行きましたが、入院が嫌過ぎて現在に至ります。今は飲んでませんけどね。

 

約30年不眠に悩まされ、あれこれ対処をしてきました。そんな中から「アラ、いいですね」となったのはこの4つです。

 

1・眠れないとき、できることが思い浮かんだらすぐ始める。無理に寝ない。

2・自分だけで解決しようとせず、つらいなら専門医の手を借りる。

3・眠れない理由を考えない。

4・1週間に1回、いつ寝てもいい日を作る。

 

他にも「本気で寝たけりゃ寝酒はやめろ」とかもあったんですが、それは個人の判断にお任せします。4つ全部試すこともないです。試せそうな1つだけでも結構楽になるんじゃないかなーということで、4つに絞りました。

 

モノは試し感覚で実行してみてください。

 

ちなみに現在は普通に寝てます。この記事を書き終えたら寝ようと思ってます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

HEALTHに関する最新記事