「不幸そうな老け顔」の人も今なら間に合う。幸福を呼ぶ3メイク

「40代で独身」とひと口に言っても、結婚せずに独身を謳歌してきた女性もいれば、いわゆる「バツあり」で、離婚を経て独身に戻った女性もいらっしゃいます。

日本ではもはや約3組に1組の夫婦が離婚している実態もあるので「バツあり」と言っても眉をひそめる人は少なくなっていますけれども、そこに“老け顔要素”が加わってしまうと、周囲の勝手な想像で「バツあり苦労顔オバサン」として同情の目を向けられやすいのも傾向です。

「ちょっとした疲れ顔のせいで『壮絶な離婚をしてそう』なんて思われるのは、絶対に避けたい」と感じていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、仮に「バツあり老け顔オバサン」でも、幸福顔に見せる時短メイクのコツをお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:お肌のうるおいだけは常に死守を

 

40代の肌は若い頃に比べて、乾きがちな傾向も。そして、しっかりメイクをしていてもお肌が乾燥していると、それだけで不規則な生活やストレスフルな過去を想像させる“ワケありな疲れ顔”にも見えやすいから、幸福感のある顔に見せるには“うるおい死守”が鉄則です。

乾きやすい肌には、メイクの上から使える保湿クリームが重宝。「私は、乾きやすいから」と、最初から保湿力の高いファンデを使ってしまうとベタつきやヨレを招いて、さらなる疲れ顔を招くこともあるので「乾いたかな」と感じたときの“対症療法”がベターです。

ミスト化粧水だと蒸発しやすく、すぐに再び乾いたようにも見えやすいので、クリームでツヤ感としっとり感を手に入れるほうが、自然なうるおいを長時間に渡って演出しやすいです。小さめサイズのクリームをポーチに忍ばせて、幸福顔を意識してみて。

 

2:目もとのインパクトは0でもダメだし100でも厳しい

 

このところずっとナチュラルメイクブームが続いているので、目元のメイクも「盛り過ぎずに盛る手法」が主流です。

そして40代の目もとは、やっぱり20代の頃に比べると“くすみ”や“くぼみ”など、疲れを感じさせる要素も多くなってくるから、年齢を重ねるほどに気を抜けないパーツ。逆に言えば、目もとにイキイキとみずみずしい勢いをもっていると、それだけで疲れ顔からは無縁にも見えやすいのは確か。

ナチュラルを貫こうとして、悪い意味でのスッピン風に仕上げてしまうと疲れ顔に見えやすいので、要注意。また、盛りすぎの目元は男に媚びているようにも見えるから、幸福感からは遠ざかります。

幸福感を演出する40代の目もとは、ツヤ感のハリ感を意識した仕上げがベストです。くすみやくぼみを目立たなくするには「膨張色」と呼ばれるベージュや淡いピンクなどの色みをのせると、手っ取り早く疲れ顔を回避しやすいテクになります。

0でもなく100でもない、ちょうどその中間くらいのインパクトが、“自然な幸福感”を出すさじ加減です。

 

3:40歳を過ぎたら口紅の“赤み”は侮れない

 

若い頃にはスッピンリップでも健康そうな顔に見えていても、40代になると、スッピンリップはイコールで疲れ顔に見えてしまう典型的な原因のひとつに。

幸福そうに見せるには、唇の“赤み”はマストです。しかしわざとらしい赤みを加えると、こちらも男に媚びているように見えかねないので、内側から発色しているような質感と印象が欠かせません。極端なお話、お肌や目もとがスッピンでも唇に赤みがあると、健康そうな顔に見えやすいから、休日メイクでも侮れないパーツです。

自然な発色で赤みを加えるなら、ティントタイプの口紅ほど便利なものはありません。最近では100円ショップでも優秀なティントリップが揃っているので、ぜひ手にとってみてください。

ティントアイテムには唇に塗ると発色が変わるものも多いので、やや強めのリップを塗るくらいが、40代の唇に自然な赤みを加えてくれる救世主になりやすいです。

 

周囲から「ワケありの老け顔」に見られると、テンションも下がりがち。そんな方こそメイクで幸福感を意識すると、印象はガラリと変わります。

今回ご紹介したテクニックを全て実践したとしても、かかる時間はそれぞれ2-3分。ちょっとしたパーツメイクを意識して「バツあり老け顔オバサン」なんて不名誉なイメージは瞬時に払拭して。

 

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

「ごめん…汚いオバサンにしか見えないかも」男が嫌悪感を抱く40代女性のメイク3例

メイクの仕上げ方によって「この人って、こんなタイプなんだろうな」を推測される要素になるのも実情。パッと見たときに「イケてないメイク」だと感じさせてしまえば、男性たちからは「汚いオバサンにしか見えないん…

若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選

きちんとメイクをしている女性でも「なんだか、オバサンくさい」「あの人って、生活感のあるオバサンにしか見えないよね」などとざんねんな印象を周囲に与えていることも、しばしば。せっかくメイクをするならば、40…

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事