キツさ払拭!「いい具合に賢い女ぽい40代メイク」のコツ3つ

知性を演出しようと思っていただけなのに、周りからは「キツそうな女性」なんて思われていたら、すごく残念です。

しかし知的なメイクを意識したばかりに、クールなイメージが強すぎてしまい、キツい性格の持ち主に見えてしまう女性も少なくないのが実情でもあります。

「知的にしたいけど、キツい印象だけは避けたい」がポリシーな40代女性のみなさま、春本番の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

実際私も、知的に見せたいつもりのメイクで「キツそう」「怖そう」などのイメージを抱かれてしまい、失敗したメイクの経験は多々。

そこで今回は、40代女性がキツさを出さずに、知性だけを引き出すメイクのコツをお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:ベースメイクは「抜け感」を忘れない

 

隙がないベースメイクは、スーツにも似合うだけの知性を演出しやすい反面、パーフェクトすぎて近寄りがたいイメージからの「キツそうな人」というイメージを醸し出しやすい傾向にあります。

具体的には、パーフェクトなシェーディングとハイライトで完璧な凹凸感を出している肌よりも、「少し力は抜いているけれど、ちゃんとお化粧している」くらいのほうが、女性らしい知性を演出しやすいのが実態。

そのためには、肌の「抜け感」がマストです。ファンデーションを塗るときには、そこまで強い凹凸感は意識せず、できるだけ均一かつ薄めに伸ばしてみてください。クッションファンデーションやBBクリームなど、そのまま塗っても薄づきにしやすいアイテムを選ぶと「お化粧しすぎた感」からのキツさを時短でも回避しやすいです。

 

2:目もとは「タレ目仕上げ」を徹底する

 

アイシャドウの塗り方やアイラインの描き方によって、目の印象はかなり変わります。そして知性を出そうとすると、どうしても目もとはキリッと仕上げたくなりますが、そこが最大の「キツ見え」落とし穴だったりもするから、気をつけなくてはなりません。

ズバリ、クールなメイクを意識している日の目もとは「タレ目」一択が安心。アイシャドウの色やアイラインの色が少しくらい強めでも、“タレ目見え”さえ意識しておけば、「あの人、キツい性格っぽい」なイメージはかなり払拭できます。

ここで改めて“タレ目見え”メイクをおさらいすると、アイシャドウは目尻側が濃くなるようなグラデーションで塗り、ブラウンやブラックのアイラインで目尻を落とすように目尻側を太めに描きながら、下向きのラインで仕上げます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事