40代・50代が「実際やってる」更年期対策ってナニ?15の答え

一般に日本人女性の閉経は50歳前後と言われます。ですから、40代の私たちは、すでにプレ更年期から更年期の世代。

でも、実際、周囲の更年期の状況ってどうなのでしょう? なかなか正面から「あなたはまだ生理ある?」とは聞きにくいし、そもそも食事やお酒のシーンで話す話題でもないかも……ましてや会社でも。なので、「意外に周囲がどうなのかがわからない」のが更年期のリアルです。

そこで、真っ最中の人、卒業した人、準備に入っている人に「どんな対策をしているか」「していたか」「どうだったか」を聞いてみました。

 

最初に買ったもの・始めた対策は?

 

 

●かぶれにくいナプキンを探した

定期的に受けている婦人科検診で更年期だとわかってきた時期から、デリケートゾーンがかぶれやすくなった。もともとタンポンが苦手なのでナプキンしかないから、かぶれにくいものを探して選ぶようにしている。(44歳・未閉経)

 

●月経カップは意外に便利

海外で暮らしているときに便利そうなので試したら快適だったので月経カップを愛用している。そろそろ閉経なのでいらないかなと思っていたけど、毎月量が少なくても続いているので買い直すつもり。でも日本だと高すぎる!(50歳・未閉経)

 

●相性のいい鎮痛剤を探して常に持ち歩き

生理痛がひどいのでお気に入りの鎮痛剤は常備する。40代に入ってから、かなり頭痛や腰痛が頻繁に起こるので、用意しておかないと仕事にならない。生理痛が生理の時期じゃなくても起こっている感覚。(45歳・未閉経)

 

●生理痛が再発する場合もある。受診を

10代でなくなったはずの生理痛が急に起こるようになった(それも10代並みにつらい痛さで動けなくなる!)。眼精疲労かと思っていたけれど、生理の期間だけで起こるので生理痛だとしか思えない。医者に相談したら、普通に生理痛だといわれた。(48歳・未閉経)

 

●食事はイソフラボンを毎日意識

更年期は女性ホルモンが激減するそうなので、似た働きをするというイソフラボンが含まれている納豆を毎日食べている。効果は不明だけど、便秘になりにくくなったのでそれはそれでいいと思う。(40歳・未閉経)

 

●ブランケットを職場にも常備

更年期という診断を受けたくらいの年齢から疲れやすくなった気がする。すぐ楽な姿勢で休めるように肌触りのいいブランケットを自宅だけでなく職場にも用意した。職場でもひざかけになって便利。これで冷えも防げてのんびりできるから安心。(44歳・未閉経)

 

 

つらいメンタルの不調、どう乗り越える?

●イライラするからハーブティ

健康上の理由で更年期の年齢が来る前に閉経したので、悩まないで済むかなーと思ってたけれど、やはりイライラしやすい。あんまり怒りたくない。ハーブティーでゆっくりするようにしてる。紅茶もいい。(50歳・閉経38歳ごろ)

 

●メソメソするときは女友だちに電話

未来の不安があって当然。でも必要以上に悲観的になることが増えました。家族もわかってくれません。友人に電話で愚痴るのが今のところベストです。泣いても怒らないし。(49歳・未閉経)

 

●困ったら医療。ホルモン補充療法はすごい

更年期の時期は嫌になることが多くあった。さらにそれに振り回される自分も嫌で、振り回す周囲も嫌で仕方なかった。嫌になる現実だの自分の中のあれこれで、正直、全部放棄しやると思い続けていたけれど、友人に勧められて行ってみた婦人科での治療を受けたら、一気に楽になった。怖いより、女性ホルモンってすごいと思った。(57歳・閉経55歳ごろ)

 

●倦怠感がすごくてつらかった

疲れているわけじゃないけど、とにかくだるくてやる気が起こらない時期があった。無理にやる気を出すと、すごい反動が来るので家族に「また寝込んじゃうかも」と脅してた。全員大人なんだから自力で家事はできるとも脅した。それで嫌になるほどダラダラしたり、図書館で気になってた本を休憩しながら読み漁ってた。今考えると、家族が全員健康だったからできたのかも。(57歳・閉経55歳ごろ)

 

●不眠対策は答えが出ないまま

眠りが浅くなって、目覚めが気分悪い。寝酒を飲む気も起こらないけど、睡眠薬を飲むのも怖いし、そもそも医者に行くのが嫌。(44歳・未閉経)

 

こんなことも起きる!私の意外な更年期

 

 

●化粧品が突然肌に合わなくなる

急にリキッドファンデーションで肌荒れするようになって(リキッドもクッションもダメ!)パウダーファンデーションに切り替えました。更年期も肌が弱る?と思います。そうなると日焼け止めもパウダーにすべきかもしれないけど、新しく肌に合う日焼け止めを探すのが面倒です。(49歳・未閉経)

 

●スキンケアは「コスメ」では足りず「薬」へ

肌が若い頃より乾燥しやすい。しかも脱皮するのか?と言いたくなるほど、皮剥けがすぐに起こる。頭皮にも起こる。なので髪もボロボロになる。今は高級ブランドのものより、塗り薬か薬に近い色気がないけど保護効果抜群なものを使うようになった。お財布にも優しいから許せる。(48歳・未閉経)

 

●頭皮がボロボロに。プラセンタ治療と椿油

今まで体験したことがないほど、頭皮がボロボロになった。皮膚科で「更年期だから」と言われ、通院していた婦人科でプラセンタ治療を始めたら、頭皮のダメージもなくなった。今は椿油でケアしている。(50歳・未閉経)

 

●生理周期管理アプリが使えなくなる!

30代から生理周期管理アプリを利用してきたけれど、更年期近くから周期が乱れ始めた。目安としても役に立たなくなったので、毎日ナプキンを持ち歩くことで対処するしかなくなって面倒になった。(58歳・閉経55歳ごろ)

 

 

■あなたの更年期じたくは? こちらから、ぜひ2分で終わるアンケートにご意見をお寄せください!■

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

老けたくない40代は今すぐコレをやめて!5つの悪習慣

ご自分がついついやっている「老ける習慣」を考えてみたこと、ありますか? 意外と無意識にやってしまうもの、ついやってしまうものなどありますよね。さて、あなたはいく…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

40代女性の体は足裏で整える!老け防止にもなる足ツボが気持ちいい

40代になると30代の頃と比べて筋力が低下するため、体の老化を感じる年代に入ります。すでに実感している人も多いのでは? より意識的に運動をしないと、筋力が低下し全身…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹?…

職場の人間関係がストレスな40代に!「これでちょっと改善した」働く女性の5つの知恵

なんだかんだで、オフィスの最大の悩みは、お仕事そのものではなく「人間関係」! この悩みを避けるわけにいきません。そこで、働くリアルな40代に「オフィスの人間関係をいい具合に保つささやかな知恵」を聞いてみ…

いま40代が後悔しているのは?「30代までに挑戦と失敗をしておくべきこと」

40歳を『不惑』といったりしますね。しかし惑うこともありますし、30代までに挑戦し、仮に結果が失敗でも経験を積んでおけば良かったという後悔を持っている人は案外多いものです。むしろ、後悔と無縁の人のほうが少…

それ絶対ダメ!40代がいまだにやらかす「失敗ダイエット」5つの典型例

20代はやせていた人でも、40代になってからダイエットに取り組む必要が出ることは珍しくありません。また20代に多彩なダイエットを試した方の本気度もすごいです。でも20代のときと同じダイエットで失敗することが多…

40代ビジネスウーマンに聞いた!会社の「ストレスを上手に解消」する方法7選

普通に暮らしていてもストレスは溜まっていくもの。会社だってちょっとかみ合わせがずれればとってもストレスフルです。もうストレス生産所と呼びたいほどですよね。でも年齢を重ねるにつれて、降りかかるストレスに…

ダイエット疲れを吹き飛ばせ!やり直しに効く言葉は何?

大人は疲れと共存して生きるといっても過言ではないですね。その疲れの原因はアレコレあると思います。ダイエットも大人を疲れるものの1つです。今月のオトナの疲れ取り特集でも、ダイエットに疲れた大人の女性たち…

だから「実家へ帰省がイヤ」になる! リアル40代の叫び

お盆といえば帰省でしょうか。「実家に帰省したら、何をしますか?」というアンケートの回答が、実家に帰省したくない理由になってきてしまいました。そこであたらめて「実家が嫌な理由を教えてください」とアンケー…

夏の「電気代の節約」どうしてる? 40代女性のリアルを調査してみた

2018年は猛暑です。もう凄まじいものですよね。異常気象で日本の暑さが危険区な状態です。まさにエアコンが欠かせない夏ですが、電気代も気になりますよね。そこでどんな風に室内にも押し寄せている暑さに対抗しつつ…

40代のビール腹対策!みんなが太らない・二日酔いしないためにやっていることは?

夏はビアホールに行ったり、居酒屋の飲み放題も気分がアガりますよね。でも飲み放題でやらかすという失敗もあり得る問題です。それに二日酔いも怖い。そこで40代の読者にどうやって回避しているかをアンケートしてみ…

ラクに体重が落ちるとウワサの「粗食ダイエット」にライターがトライ、結果は!

1週間で体重を落とすとすると、やはり食事管理が欠かせません。つまり量とカロリーのコントロールですね。それにふさわしいのは「粗食ダイエット」!「そしょく」と言うと台湾のベジタリアンフード、「素食」が浮か…

ズボラ40代の結論! 紫外線過敏症の私がたどり着いた3つのガード術

こんにちは、不真面目なダイエット連載に定評のある藤井です。私のようにダイエットすら不真面目な人間が、美白なとどいうコツコツとした積み上げの必要なことを真面目に頑張れるとは思えないでしょう。でも、頑張ら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事