おでこのシワを解消!40代の表情ジワを解消する3つのケア

人の印象は「第一印象で9割が決まる」とは、ビジネスシーンでもよく聞く言葉。日ごろからオフィスで優しい言葉をかけているのに、ふと鏡を見ると「眉間に縦ジワ」が入っている、なんて人いませんか? 表情グセは日ごろからコツコツと直していかないと、気がついたらもっと深く深く刻まれてしまいます。今この瞬間から縦ジワ解消のセルフケアを始めましょう!

 

怖い怖い……放置すれば悪化する40代の縦ジワ

 

更年期障害かも?と思わせる身体の不調も抱えながら、毎日の仕事を笑顔でこなすって難しいですよね。春の暖かい陽気で頭がポヤ〜ンとし、自律神経は副交感神経が優位になる季節なのに、仕事はポヤ〜ンとできず、新しい環境での仕事はグッと力が入りがちになります。

新入社員や後輩たちは先輩のことをよく見ています。その人の放つ言葉や表情、仕草、態度など、信用してついていって良い先輩や上司なのかと。

目の奥が笑ってない……さっきの笑顔はどこへ?!

あー怖い怖い……笑顔がマイナスなイメージに。オフィスでパサパサに乾いた目、真っ赤に充血した目で、眉間に縦シワをよせているお局が、無言でパソコンに向かっている姿ほど怖いものはないですよね。

 

眉間にシワがある人は、もしかしてこんな状態?:

物理要因/疲れ目、ドライアイ、老眼。

マインド要因/力んで目に力を入れてしまうクセ、精神的不満、ストレス。

 

眉間のシワが与える印象:

不幸、不機嫌、不満。

黙っていると神経質なイメージが。話しかけづらく、一気にお局キャラのレッテルを貼られます。また、デートの際に「近寄りがたい」と誤解されることも。仕事の人間関係でも軋轢を生みがちです。

 

まずは、恋する瞳はウルウルと潤っているように、感受性を高め、目の周りの筋肉の緊張を取り除き、優しい表情を手にいれ、恋も仕事も潤滑に過ごしましょう。

人相学的にも、乾いた眼、眉間の縦シワは、凶相を意味しているそうです。パソコンに向かう時間が長い方などは、積極的にドライアイをケアしましょう。自分でできる簡単な方法なので、ぜひ取り入れて見てください。

 

まずは「疲れ目」を退治!簡単セルフケア3選

 

1・胸をはり、眼をギュッと強く閉じ、パッと開く

・目を強く閉じたまま、息を吸います。

・このとき、同時に胸をはります。

肩甲骨の位置が正され、自然に首や肩の力が抜け、眼の緊張もほぐれます。涙腺が刺激され、目が潤い、血行が良くなります。

 

2・手のひらと甲を揉んで、手のひらを目に当てる

・手のひら、手の甲をすりあわせ、手先がぽかぽかするまでよくもみます。

・温まった手のひらを目に当て、10秒数えます。

スマホやパソコンで疲れた手をほぐします。手のひらと甲を良く揉むことで手のコリが取れ、脳や視神経の緊張もほぐれます。両手をすり合わせ、眼に当てるとまぶたが手の温かみを感じてリラックス、毛細血管を刺激し、血流が良くなります。

 

3・意外に効く「片足立ち」

左足で立つと、眼と関係のある肝臓が充気し、眼に良い影響を及ぼします。右足で立つと、胃の働きに良い刺激が加わります。肩の力を抜いて行います。下腹部に自然と力が入り肛門がしまり姿勢正しくなります。足が疲れない程度で交互に行います。

 

効果:視力回復、老眼防止、眼精疲労解消、澄んだ瞳になる。

 

疲れ目を軽減して、眉間の縦シワを解消し、疲れた顔や表情、姿勢なども改善します。ウルウルした瞳で前向きな仕事のため、充実したプライベートのためにも、簡単セルフケア取り入れて見てはいかがでしょうか。

 

「安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます」

4月30日() 10:00-13:00

神奈川県 葉山「鐙摺(あぶずり)」

海を眺めながら「大人の呼吸法」春の花粉症編

基礎呼吸法3種+季節の呼吸法3種

詳細は、http://artyoga20180430.peatix.com

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

寝る前5分でその日の股関節づかれをスッキリ伸ばす!「上向きストレッチ」

寒くなってきたせいでしょうか。ヒザが痛い、腰が重い、股関節の動きがスムーズでないなど、下半身に違和感がありませんか?年をとっていけばいずれは歩行そのものに違和感が出てしまうものですが、だからこそ、ぜひ…

ダイエットはまず「ふくらはぎの筋肉づくり」から!やわらかく伸ばす10呼吸ストレッチ

太ももはスカートで隠せるとして、立っても座っても隠せないのがふくらはぎ……。最近はくるぶしを出すパンツも多いので、膝下から足首までスラリとしていると足全体が細く見えますよね。そこで今回は、引き締まった身…

「僧帽筋ストレッチ」で背中のオバサンくささを撃退。すっきりした後ろ姿に

僧帽筋って知ってますか? 背中の上部を覆ういちばん表側の筋肉です。この筋肉がたるんでいると、いきなり「見た目オバサン」になる要注意筋肉。思い当たる節があったら、夜の3分間ストレッチで痩せる僧帽筋に仕上…

ほうれい線は片目ウインクで消える?40代のたるみをあっさり解消する3つのエクササイズ

40代の友人たちに「体のたるみで気になるのはどこ?」とアンケートしたところ、挙がったのは「顔、二の腕、お腹」でした。いわく、バストやヒップのたるみも気になるけど、補正下着や服装でなんとか隠せます。でも、…

口臭が気になる人。いも、豆と、コレを食べるといいみたい!

自分が話し始めたら相手が口元に手を置いたり、距離をとられたりすること、ありますよね。「あれ?もしかして口臭かな?」と気づくきっかけになります。最近思い当たる節があるなら、もしかしたら夏の胃腸疲れかも。…

肌寒くなったら「白湯」でダイエット!代謝アップ、風邪も防ぐ飲み方は

秋の始まりには身体を内側から温める白湯でダイエット。40代にもなると痩せにくいのを実感します。身体の代謝を上げてダイエットにも一役買うのが朝の白湯。冷え性もなくなり風邪もひかなくなりましたよ。朝一番に冷…

40代のお疲れ、首や肩のコリがひどい……もうコリない肩甲骨になる!

首をコキッコキっと鳴らすのが癖になっていませんか?40代になり筋力の衰えを感じます。座りっぱなしの姿勢を支え続けている酷使しやすい肩甲骨まわりや背中のコリ。こまめに動かしてコリを溜めないように、その場で…

毎朝起きると疲れてる…そんな人、この「5つの夏疲れ習慣」をやってませんか?

夏の疲れがじわじわと出てくる今日このごろ。40代という年齢のせいにしたくもなるけれど、そもそも7月からの猛暑と8月の残暑、連続する台風と気温の乱高下、この天候のめまぐるしい変化に体は適応するだけでも精一杯…

塩レモンとツボ押しで、オトナの夏疲れをスッキリ養生!

盛夏を遊び尽くし冷たいグルメを楽しんだ身体もそろそろ胃腸がお疲れモードに感じる今日この頃。1年で最も体力や消化力が低下する夏の時期から食欲の秋へのシフトチェンジ。いつもの食事でお腹の不調を感じるような…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹? むっちりヒップ?いえいえ、実は違うんで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事