もう、一生セックスしないのかも…。【40代、50代の性のリアル】#1

したい・したくない、する・しないーーセックスについての選択や可能性はいつだってこう単純に分けられるものではなく、幅広いグラデーションがあり、その日そのときの気分でも変わるもの、相手あってのことなので、自分のひとりの思いだけではどうしようもできないことも、多々ある。

 

それは年齢や、これまでの人生経験値にも大きく影響される。40代を迎えた女性たちの、性の現在地はどこにあるのか。そしてこれからどこへ向かうのか。

 

OTONA SALONEサローネは、「幸せの尺度は、それぞれ違う。大切なのは『自分』が心地いいかどうか。他人や世間から、どう思われるかじゃない」と謳うメディアです。セックスすればきれいになるとか、しないと女として終わるとか、そんな言説はどうでもいい。したいしたくないを自分で見極め、するもしないも自分で決められるヒントを探るための【40代、50代の性のリアル】、スタートします。

 

セックスがなくても、困らない

「もう、私は一生セックスしないのかもしれない。最後にセックスしたの、いつだっけ?」

 

--44歳、未婚のミナエさん。同じく独身の女友だちとの食事中に、そんな話になった。そのときは酔いも手伝いはっきり思い出せなかったけど、帰り道に指折り数えたところほぼ10年。3234歳のあいだ交際していた恋人としたのが最後だった。

 

「私はおつき合いしている人以外とはしないので、彼と別れて以降はまったく。40歳を迎えたころから、漠然と『私はこの先も結婚しないし彼氏も作らないだろうな』と思っていて、だとしたら今後、セックスすることはもうないのかもしれない。そう思いながらふり返ってみたら、最後から10年も経っていました。少し驚きましたが、していない状態が日常になっているので、特に困ったことも思うところもないんですよね」

 

セックスが好きだったことは、これまでに一度もなかった。年齢なりに男性と交際経験があり彼らとはベッドを共にしてきたけれど、いつもどこか冷めていた、とミナエさんは話す。セックスに夢中になる、快感に身を委ねるということがまるでわからなかった。

 

幼少期の体験が影響?

「一般的にセックスってすてきなことだとされていますよね。でも、私にはあまりそう思えないんです。最中に、自分が天井から見下ろしているような気分になることがあって、そしたらベッドの上でふたりそろっておかしな体勢で絡み合っている。美しくない! って思っちゃうんですよ。なんて滑稽なんだろうって。だから相手には悪いですが、早く終わらないかな、とばかり考えていました」

 

こう聞くと、とても消極的な女性をイメージされるかもしれない。しかしミナエさんの第一印象は、都会的で洗練された、働く女性。話しにくいと思われる内容も言いよどむことなく、率直な言葉で伝えてくれる。「周囲の人からはサバサバしたキャラだと思われている」と教えてくれた。

 

「小さいころから女の子に見られたくなかったんですよ。幼稚園に入ってすぐ、男の子2人からスカートめくりをされて、それが心からイヤだった。幼いながら一生懸命考えて出した結論が、スカートを履かなければいいんだってこと。小学校ではもちろん、中高に通っているときも制服以外ではほとんどスカートを履きませんでしたね。家でも学校でも、いわゆる“女の子らしい”といわれることは極力避けていて、家庭科の実習はいつもふざけてごまかしていました。ずっとショートヘアで、小学校高学年になっても毎日外で遊んで真っ黒に日焼けしていたから、よく男の子に間違われましたよ」

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事