もう、一生セックスしないのかも…。【40代、50代の性のリアル】#1

恋愛は、遠い世界の出来事

当時の写真を見せてもらった。細い身体はこんがりと焼け、無邪気な笑顔は思春期の屈託とは無縁に見える。思春期にさしかかると、友だち同士で少女漫画を貸し借りすることも増えてきた。主人公の恋愛にドキドキはしても、自分とは違う世界のことしか受け止められなかった。恋愛なんて自分とは関係ない。

 

中学に上がれば現実に男女交際するクラスメイトが出てくるが、ミナエさんはこれまでどおりスポーツに励み、男子生徒ともよく遊んでいた。彼らから“女の子”として扱われることはなかったという。

 

「私の恋愛観やセックスについての考え方って、思春期のころで止まっているのかな。好きな人ができたら、手をつなぎたいとは思います。男性と女性とのあいだで起きる接触で、それが一番キュンとするから。それ以上を求められても拒否はしないし経験もあるけど……私にとっては手をぎゅっとされるのが恋愛のクライマックスで、キスもそんなにしなくていい。すごく少女漫画的ですよね。いまどきの中高生のほうがもっとオトナかも」

 

自分の「キャラ」を裏切れない

それでも、大学生になって初めての彼氏ができた。初体験の相手も、その男性。したいわけではなかったが、「そういうものだ」という思いもあった。いざその場になると、日ごろの“快活なサバサバキャラ”を崩すことができず戸惑いを覚えた。

 

「こういうキャラを期待されているんだろうと感じると、そう振る舞ってしまうんです。これは、いまでも変わりません。20代のときつき合った彼も、風俗店に行ったことを平気で私に話してくるんですよ。彼氏彼女になる前からそういう話を聞いていて、私がそれに対して好奇心からアレコレ訊いたからだと思うんですが……でも、それも“ミナエはこういう話を面白がるキャラだ”と思われているのを感じたからなんですね。本音ではイヤだったけど、いえなかった。結局彼は『僕のことそんなに好きじゃないでしょ』といって去っていきました。そりゃそうですよね、彼の気持ちもわかります」

 

その後も性的な物事とは距離を置いてきたミナエさんだが、お話を聞いていても「セックスから逃げている」とは感じない。むしろ、その距離感を主体的に選んできたように見える。

 

男性の身体がどうしても…

「それは私がセックスを好きになれない理由が、痛い思いをしたからとか、これまでの恋人たちのテクニックがイマイチだったからとか、そういうところにはないからでしょうね。理由は、私の中にあります。あの……実は、男性の身体に興味が持てないんですよ」

 

それは、マッチョな男性が好きじゃないとか、太りすぎている肉体が受け付けないとか、そういうこと?

 

「いえ、なんていうかフォルムが好きじゃないんですよ。絵画や写真作品などを見ても女性の肉体は曲線的で美しいなって思うし、年齢関係なくすてきだと思う女性はたくさんいます。同性愛というわけではないんですが。男性の場合、ゴツゴツと骨ばってきたり体毛が濃くなったりすると、生理的にパスしたくなっちゃう。これもスカートめくりに起因しているんですかね、まだ子どもでしたけどあの乱暴さとかマッチョな感じとかに拒否感が出てしまって」

 

だから、男性の肉体をダイレクトに感じにくい「手をつなぐ」がミナエさんにとって心地いい性的接触の、上限になるのかもしれない。

 

性別を意識したくない

「少女漫画に出てくる男の子とか、舞台俳優とかは大好きです。彼らの世界はそこで完結していて、私はそこにいないから。ファンタジーなんですよ。少しでも生身の男性っぽさを感じると、気持ちが引いてしまいます。肉体面でも精神面でも男性性を感じたくないんです。それと同時に、男性に私のことを女性だと意識してほしくもない。仕事でもプライベートでもお互いに性別を意識しない距離感を保ちたいです」

 

美意識、という語が思い浮かぶ。ミナエさんのなかに美しい/美しくないを分けるラインのようなものがあり、美しくない側に判別されると受け入れられない。身勝手だと思われるかもしれないが、ミナエさんは男性に対して面と向かって拒絶を示すわけではない。男性性の封印を求めることもしないし、もとより封印できるものでないことも知っている。それを受容できない自分を熟知しているだけではないか。

 

一方、男性、女性ではなく“一個人”として接してもらうため、まずは自分からそれにふさわしい振る舞いを心がけてもいる。そうやって自分にとって居心地のいい状態を作り上げていっているのだろう。