【九星フラワー占い】5月の九紫火星の運気は「宇宙から指令あり」

会社なら新入社員や異動してきた人、学校なら1年生、新しい顔が加わった環境は、楽しさはあっても、どこか落ち着かない雰囲気です。そんな4月が過ぎ、休暇で頭と心が整理されるゴールデンウィークも終盤の5日、5月が本格的に始まります。リセットされた体と心を待ち受けているのは? 9つの生れ星別に占います。

※九紫火星の生まれ年は1964年、1973年、1982年、1991年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

意外な人まで見方になって、追い風が吹く

周囲からの応援が追い風となります。意外な人まで見方をしてくれるので、驚くかもしれません。当然、あなたはとてもうれしくなるでしょう。ただし、忘れないでください。あなたは九紫火星という火の性質を持って生まれた女性です。風にあおられた火は勢いを増して、大きく燃え広がります。多くの人に伝えるべきこと、行うべきことや注意すべきこと、こういった知識や良い影響が広がるのなら、いつかあなたには天からのご褒美が与えられるでしょう。けれども、自分勝手な考えや怒りなども大いに伝染しやすく、意外な場所にまでその影響が届いてしまいます。

つまり評判を落としてしまう可能性もあるので、どうか有頂天にはならないでください。

まずは思い上がっていないか、その点をチェックしてほしいと思います。

天からの大切なお役目を果たすとき

まずは周囲の人、家族の幸せからでもいいですし、もっと広くたくさんの人のことを考えるなら、全員の幸せは無理でも最大公約数の幸せを考えて、言葉を発してください。できれば、目先のことではなく、未来につながることを意識できると理想的です。

「話が大きすぎてプレッシャー!」と思うかもしれませんが、今月、いえ今年の九紫火星は世の中の中心にあって、支えとなるお役目がめぐっています。家族、属している組織、会社、社会全体、「このまま放っておいてはいけない」と感じたことがあれば、まずは信頼できる人に話してみてください。「政治家でもないし、自分には力がないし」と思っているかもしれませんが、改めて自分がどういう人間なのか、ハッと気が付いてしまう、ということが起きるかもしれません。

5月の恋愛運と金運は?

恋愛運は、人に「こういう人とこういう未来を築いたい」と口にしていると、そのようなご縁を引き寄せることができるかもしれません。ポイントは、結婚でもいいですし、長く恋人として付き合うのでもいいですが、明るい将来を描くことです。復活愛もあるかも。

金運ですが、まだ行ったことがお金という形になるのは先のことです。必要経費が出ていくかもしれませんが、一時的なことなので、あまり心配しずぎないことが大切です。

5月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ミントグリーンとアイボリー。あなたの中の情熱を表面的にはさわやかに見せてくれるこの色合いが、アクシデントを防いでくれます。

ラッキーパーソンは、筆まめで丁寧なメールを送ってくれる女性と、鋭い指摘をする年下の男性。「やりすぎ? 言いすぎ?」と思ったら、彼らに聞いてみると、いいアドバイスがうけられるでしょう。

ラッキーフードは、たらこスパゲティ。刻んだ青じそがのっていたら最高です。闘争本能が抑えられ、女子らしさを取り戻せるでしょう。

紫陽花の花が象徴する九紫火星の魅力とは

九紫火星は火の性質を持つ星。真夏の太陽のように情熱的ですが、燃え尽きると途端に冷淡になるのも特徴的です。東洋の暦では6月は真夏にあてはまり、この時期に咲き、「移り気」という花言葉を持つ紫陽花は、九紫を象徴する花の1つです。移り気と言うと印象が悪いかもしれませんが、誰よりも研究熱心で美的センスがあり、何かに集中しては極め、また次の物を研究し、時に新しい流行を作る力があったりします。華やかで負けず嫌い、目力のある美人が多い星です。

 

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク